自由に編集してください。世界線の説明です。

国名

タタールスタン連合王国

建国

1917年11月7日(タタール国王布告)

標語

国王陛下万歳

国旗

重要

1917年に建国された中央アジアに存在する民主主義国家である。

地理

カザフスタン ウズベキスタン キルギス トルクメニスタン タジキスタン チベット
中央アジア 乾燥帯 温帯 亜寒帯 砂漠気候 ステップ気候 地中海性気候 亜寒帯気候
首都 サマルカンド

歴史

かつてアジアではチンギス・カンが建国したモンゴル帝国などの遊牧民の国が栄えていた。しかし、中国やロシアの攻撃により衰退し滅亡してしまった。そして時代は20世紀、中国で辛亥革命が勃発した。それをチャンスとしたチンギス・カンの子孫タタール・カンがモンゴルに遊牧民の国家を作ろうとしたが失敗、中央アジアに亡命した。そんな中ロシア革命が勃発、中央アジアが混乱する中タタール・カンはカザフスタン、ウズベキスタン、キルギスで1917年11月7日遊牧民国家の独立を宣言した。そして独立戦争に勝利しタタール・ハン国を建国をした。同じく中央アジアのトルクメニスタン、タジキスタンも遊牧民国家への参加を表明し、併合した。今タタール・ハン国のハン、タタール・カンの元、国際中道連盟を設立し同じく中道のロシアも加盟した。そんな中ファシズム&帝政vs中道の世界大戦が勃発した。当初は不利かと思われていたが民主が参戦、見事勝利した。講和会議でウイグル、チベットを獲得した。近代化の為にハンは民主化を宣言、国民投票で立憲君主制に移行しタタールスタン連合王国となった。

文化

文明開化により欧米文化が人気である。そして伝統文化とも共存している。

政治

イギリスを参考にした議会制民主主義を採用している。国家の元首はタタール国王であり、政治的権限を持たない。貴族院と庶民院で構成され貴族院は貴族から、庶民院は小選挙区制で選ばれ議会が首相を任命する。

軍事

基本的には首相が司令官の国防軍が防衛する。しかし儀礼用の国王直轄の組織に国王近衛兵が存在する。徴兵制度は存在しない。

民族

大半がタタール人であるが、ロシア人や中国人も一定数存在する。チベットは、チベット人が大多数である。

宗教

半数以上が遊牧民の伝統宗教であるが、イスラム教徒も多く存在する。チベット地域にはチベット仏教徒も存在する。信教の自由を認めており宗教紛争は発生していない。

司法

最高裁判所、高等裁判所、地方裁判所が存在し、公正な裁判が行われる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

どなたでも編集できます