真如苑 (関連用語・比較説明、行事予定等)


真如苑接心(せっしん)

真如苑接心とは  (公式的解説)


仏性を磨く助けをするのが、真如苑独自の接心修行です。
接心修行は、瞑想行のひとつで、これを通して、一人ひとりのなかにある仏性を意識し、それを覆い隠すものを知って、仏性を磨きだす指針をつかんでいきます。

形としては座禅に似ていますが、一定の仏道修行を行った先達により指導を受けながら、自らの心の姿を認識する有相(うそう)の行から始まって、日常の社会生活自体を無相(むそう)の修行の場とするものであることから、ふつうの社会生活を営む在家の信徒であっても、仏を求める菩提心を持つかぎりは、出家者と同じように仏道を歩むことができると考えています。

 

接心とは  (WEB的解説)

接心の解説について

接心修行は、神仏と人間の霊的な内容で、こうしたネットで説明することになじまないことがらです。
外部者や批判者からの多くの説明や解釈が出ていますが、信者からの説明や批判への反論は稀です。

このPediaでは、できるだけ詳しく説明しようとはしますが、消極的なスタンスであることをご理解のうえ読み取ってください。

接心修行(せっしん)とは

接心修行とは 
接心修行とは? (占いではなく修行です)
リブライとは

接心の種類


向上接心   (真如苑の基本修行となる接心)
向上相談接心 (自身の精進に関する相談事の接心)
相談接心?   (現世の悩み事・相談事の接心)
特別接心?   (込み入った大きな相談事の接心)
鑑定接心?   (特別相談+病筮鈔(びょうぜいしょう)の接心)
形式
向上接心と向上相談接心はご宝前に接心者の輪をつくって祈り、霊言をいただく。
相談、特別、鑑定接心は、個人的な内容のためそれぞれ個室でいただく。

その他の分類

家族接心
同室接心

有相接心?
無相接心?

苑内接心

初信者接心 接心修行


接心のいただき方?

初信者が接心をいただける条件


接心とは  (一般的解説) 辞典・ウィキペディア

Wikipedia

接心(せっしん)とは、攝(摂)心とも書き、散乱する心を一つに摂むることをいう。心によく気をつけること。 摂心不乱(せっしんふらん)などともいう。遺教経には「常当摂心在心」とある。

禅宗においては、坐禅を修して、精神を一つの対象に集中させ散乱させないことである。禅宗では後々、特に一定の期間、昼夜を問わず絶え間なく坐禅をする修行をいうようになった。

なお、伝統仏教の流れを汲みつつ新宗教の一つともいわれる真如苑では、霊能者から与えられた「ご霊言」をもって日常生活の態度や信心のあり方を瞑想思惟することを「有相接心(うそうせっしん)」、またその与えられたご霊言を思惟して日常生活や社会生活で体現することを「無相接心(むそう)」と呼称している

真如苑Wikipedia::接心と霊能

接心とは - はてなキーワード

仏性を磨く助けをする真如苑独自の接心修行です。

接心修行は、瞑想行のひとつで、これを通して、一人ひとりのなかにある仏性を意識し、それを覆い隠すものを知って、仏性を磨きだす指針をつかんでいきます。メディテーションの一種。

形としては座禅に似ていますが、一定の仏道修行を行った先達により指導を受けながら、自らの心の姿を認識する有相(うそう)の行から始まって、日常の社会生活自体を無相(むそう)の修行の場とするものであることから、ふつうの社会生活を営む在家の信徒であっても、仏を求める菩提心を持つかぎりは、出家者と同じように仏道を歩むことができると考えています。

接心とは - はてなキーワード



参考リンク

接心修行
真如苑霊言
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

images


メンバーのみ編集できます