真如ペディア - 向上相談接心

接心TOP

向上相談接心(こうじょう そうだん せっしん)

contens

向上相談接心とは  (公式的解説)


接心の種類は、5種類あり、「向上接心」が基本となる。この接心ののち、用件に応じて他の個別接心をいただく。

霊能鏡に映し出された心の状態、かかわる先祖、諸霊の様子などをとおして精進の方向がさし示されます。
日常生活に祈りを保つ「無相接心」の根本となります。いわば、そのときその人に最も大切な、み仏さまからのアドバイスが与えられます。

 

向上相談接心とは  (WEB的解説)


向上相談接心は、2つに分けられる。

初信者接心 (しょしんしゃ)


初信者接心3回目までの人の接心で、導き親等が後ろに付いていて接心状況を見て、初信者に後からアドバイス等を行います。
3回目までは、いわば修練・練習の意味合いも強く、4回目からはまったくの一人で接心を受けることになります。

菩提向上接心 (ぼだいこうじょう)


自分の個人的なテーマ内容ではなく、精進のあり方、ご奉仕のあり方、所属への教化などを質問して受け、自身の菩提を高める接心修行です。
個人的な課題は相談接心以上での接心となり、プライバシー関係から個室での接心となります。


向上相談接心とは  (一般的解説) 辞典・ウィキペディア



参考リンク

参考検索(向上相談接心)