基本情報

出現条件ストーリーをクリア後、自動でイベント
行き方ボロンガ村砂浜の左端
階層99F昼夜昼のみ
持ち込み不可能仲間連れ込み不可能
アイテム全て未識別
通常店・二択屋・高級店モンスターハウス通常・特殊/突発あり
敵初期配置数?敵自然発生ターン30
気配発生ターン1500クロンの風初回1700/4回目2000
クリアマーク笑顔のジャガーとカミナクリアボーナス40,000,000
クリア特典ジャガーの盾(蔵や倉庫に無いときのみ)
識別武器松明腕輪巻物食べ物
呪判定前登場しない呪判定前未識別未識別未識別未識別未識別識別済識別済識別済

昼のみ99F・仲間/持ち込み不可の、シリーズ恒例のもっと不思議ダンジョン。
ストーリー終了後、すぐに潜れるようになる。マップ左端、砂浜から挑戦ができる。

非常に多くの種類のアイテムが登場し、殆どのアイテムが未識別状態で出現する。
序盤からでも強力な武器、防具、腕輪が落ちてはいるが、モンスターも厳しいテーブルが設定されており、多くの風来人を苦しめる。

効率のいいアイテム識別、危険なモンスターが出る階層に備えての準備等
純粋に風来人の腕を問われるダンジョンで、難度は高めにもかかわらず人気の高いダンジョン。
フロアに留まり稼ぐ場合は1700ターン目に最初の風が吹き、2000ターン経つと4回目の風に飛ばされるので注意しよう。

下準備(白紙の巻物・蔵の壺)

白紙に書き込めるように有用な巻物を登録してから挑む事を強く推奨する。
魔物部屋、全滅、ねだやし、水がれ、迷子の5つは特に利用価値が高い。
蔵を一杯にしておき蔵の壺と底抜けの壺を見分けやすくしておく方法がある。
ただし蔵の壺は店売り、深層床落ち、デビルドロップ、壁の中限定のためあまり必要性は高くない。

アイテムの識別と運用についての考察

  • 概要
    • 必ず識別済みなのは水がめ・油壺・バナナ・矢・石・白紙の巻物のみ。
      それ以外は未識別なので、識別のノウハウは必須となる。
      とはいえ様々な方法があり、一概にどうすれば最適とは言い難い。我流でうまくいくならそれで全く問題ない。
    • 基本的に呪われた装備やマイナスアイテムは出にくい。序盤は必要以上に警戒しなくてもよい。
      • 中盤以降はマイナスアイテムを警戒すべき。出現したアイテム全てを無理に識別する必要はない。
    • (31-40F)のンバマ・(61-80F)のンバルーンと道具封印状態を警戒して
      一手のミスも許されないようなピンチの時は信頼できるアイテムを使用すべき。
    • 未識別だが効果は分かるというアイテムは余裕のある普段の立ち回りで使用する。
      • 信頼できるアイテムはここぞという時まで温存する傾向でいくとよい。
    • 識別の巻物・壺の使用優先順位を目安としてつけるなら
      • [識別の巻物:壺>腕輪>巻物≧草]
      • [識別の壺:腕輪>巻物≧草]
    • 当たり前だがアイテムの価値や識別の難易度、合成の進み具合によってはアイテムの種類によらず優先順位は変動するだろう。
    • 識別が大体終わっているなら、杖の使用回数や復活の草・背中の壺の道具封印の有無を調べるといいだろう。
  • 名前の付け方
    • 価格を付けるのが王道。同じ価格帯は番号も兼ねて数字を変えたりマークをつけたりするとよい。
      同じ価格帯のアイテムはあえて全て「水がれの巻物」などと合成が期待できるアイテム名を強引に書き込むのも悪くない。
      「水がれの巻物1」「水がれの巻物2」などとすればダブったときも分かりやすい。
      面倒なら一文字、二文字の略称で構わない。
      「魔物部屋の巻物」「バナナの巻物」「四二鉢?」など最悪の事態を示唆する名前をつけるのも一つの手。
  • 武器、盾、腕輪の識別
    • 序盤は呪われるリスクは無視して装備して確認し、余計な印が付かない装備で強化値が高ければ合成用に持っていく。
      • 呪われた場合は装備外しの罠や、「どれを?」と聞いてくる選択式の巻物を使おう。
      • 天地の恵みの巻物・困ったときの巻物・メッキの巻物・バナナの巻物は解呪手段としてどれか1つは常備する。
      • おはらいの巻物はノロージョ種・たたりの罠の不意打ちに備えて温存したい。
      • 中盤以降は解呪手段が無いなら無暗に装備して識別するのは避けた方がいい。
    • 動かずの盾は(60-62F)のドレッドラビに備えて確保しよう。
      • すぐに使う必要が無ければ保存の壺以外の壺で保管してもよい。62Fを越えたら捨ててもよい。
    • トカゲの盾は(82-87F)のアークドラゴンの対策としてサブ盾として育てよう。炎半減印より強力になる。
      • メイン盾の炎半減印もトカゲの盾が出なかった場合の保険としてドラゴン草で付けておきたい。
    • 爆発隠の盾も合成出来なかったらオヤジ戦車種に対抗してサブ盾にしてもいい。
    • 腕輪はすぐ分かって有用なのは[ちから・回復・しあわせ・気配察知・道具感知・透視・壁抜け・遠投]といったところ。
      ちから・しあわせは中盤以降は性能不足なので売ってよい。
      状態異常防止系の腕輪は識別しにくく、罠などを利用して識別してもいいが店まで保留でよい。かさばるなら売ってよい。
      重要な腕輪はすぐ分かるタイプであり、腕輪に識別の巻物や壺を使うのは後回しでもよい。
    • [買値5000/売値1750]の腕輪がいわゆる「三種の神器」の可能性があり、有用なのでチェックしておこう。
      • 店で購入する前に装備する場合は、高飛び、壁抜けは部屋から出れば泥棒になる。壁抜けは角攻撃から識別しよう。
      • 爆発の腕輪ならアイテムが吹き飛ぶ。注意しよう。
    • [買値2000/売値700]の腕輪もちから・遠投・ヘタ投げの識別しやすい3種だけなので有用。
      • 遠投は特に有用で、深層に現れるシャインバード・みだれ大根対策に使える。
        モンスターハウスなどの複数の敵を並べてギタンを投げれば一網打尽に出来る。高額・祝福ギタンを1〜2個常備しておこう。
        もちろん矢でも十分に強い。着けっぱなしはやめておこう。壺を割るとき、マゼルンで合成するときに悲劇が起きる。
      • ヘタ投げの腕輪は敵をデロデロの罠にかけて地雷などで焼けば食糧調達できる。モンスターハウスや39Fでやりやすい。
  • 草の識別
    • マゼルンで合成したいので出来るだけ飲み識別はせず、店に持ち込みたい。
      ダブった草と、アイテムがいっぱいのときは飲み識別してよい。
      マイナスアイテムの可能性を考慮して敵・罠・店・壁抜けに注意して飲むこと。
    • 薬草・いやし草・復活の草は値段で確定する。値段一覧表を見てみよう。
      復活の草は識別の壺やおはらいの壺に入れて道具封印状態を確認、解除しておくとよい。
      確定していない草でも候補を絞り、マゼルンで博打的に合成してみよう。
    • [買値100/売値35]の草は高飛び草による浮遊特効印、毒消し草によるドレイン特効印が期待できる。
      • 店では飲まないように。高飛び草の場合は泥棒になる。
      • マゼルンゾーンはおばけ大根や毒サソリがいるので毒消し草を合成するときは後回しにするべきか一考する。
    • [買値300/売値105]の草はめぐすり草による一つ目特効印、混乱草、目つぶし草による状態異常印が期待できる。
      • この価格帯は飲んでも害は少ない。めぐすり草はモンスターハウスに備えて常備してもよい。
    • [買値500/売値175]の草はドラゴン草によるドラゴン特効印、睡眠草による睡眠印が期待できる。
      • 店では飲まないように。狂戦士の種の場合は店主に殴りかかりゲームオーバーとなる。壁抜けの腕輪による圧死も注意する。
    • 高級店や二択屋の草はかなり危険なので飲まない方がよい。
  • 巻物の識別
    • マゼルンで合成したいので出来るだけ読み識別はせず、店に持ち込みたい。
      ダブった巻物と、アイテムがいっぱいのときは読み識別してよい。
      マイナスアイテムの可能性を考慮してフロア探索後の階段上で読むこと。
      魔物部屋を読んでアイテムを稼ぎたい場合は部屋の入口で読む。
      イカキングの墨吹きはわざと食らってから倒し、「どれを?」と聞いてくる選択式の巻物を判別しよう。
    • あかりの巻物・識別の巻物は値段で確定する。脱出の巻物は出現しない。値段一覧表を見てみよう。
      あかりの巻物は深層に向けていくつかストックしておきたい。
      確定していない巻物でも候補を絞り、マゼルンで博打的に合成してみよう。
    • [買値500/売値175]の巻物は全て選択式の巻物で、ありったけ使用すれば解呪が期待できる。
      • 壺増大や吸い出しに賭けて壺に読む手もある。バナナの巻物には注意。出現率は低いが壺は有用なものが多いので慎重に。
    • [買値800/売値280]の巻物は水がれの巻物による水棲特効印が期待できる。
      • この価格帯はマイナスアイテムが多いので読み識別するときは注意する。
      • ワナ消しの巻物はモンスターハウスに備えて常備してもよい。
    • [買値1000/売値350]の巻物は混乱、バクスイ、困ったとき、真空斬り、オーラ消しが期待できる。
      • ピンチを脱する可能性が高いが、魔物部屋と敵加速の巻物もあるので注意。魔物部屋はアイテム補充に使用してもよい。
      • 真空斬りとオーラ消しの巻物は祝福されていないと持っていくべきか微妙なところ。昼夜の巻物は出現しない。
    • [買値3000/売値1050]の巻物は迷子の巻物による無気力印が期待できる。
      • 迷子の巻物は出にくいが印は発動率が高く強力。聖域もあるがシレン4ではかなり弱体化した感がある。
    • 高級店や二択屋の巻物はねだやし・全滅の2種類のみで強力なので、識別して使用したい。
    • 白紙の巻物はねだやしを書き込んで使用したい。
      よく候補に挙がるのは(60-62F)のドレッドラビと(90-95F)のみだれ大根。
      ドレッドラビを動かずの盾で対策出来そうなら、直後の階層で現れる(63-65F)のねむり大根をねだやし、みだれ大根を封じる。
      動かずの盾が出なかった場合はまずドレッドラビをねだやし、90Fまでに再入手できるように祈る。
      出なかった場合はみだれ大根を気配察知と遠投を駆使して全力で狙撃する羽目になる。
      ねだやしの巻物は投げて使うものだが、遠投の腕輪を装着しなくても必ず遠投になり、投げた後は無くなってしまう。
      ねだやしの巻物は外れることもある。
      ねだやしたいモンスターは、かなしばりの杖などで直線上に2体以上並べて投げること。
    • 序盤で白紙を拾ったなら、魔物部屋の巻物でアイテム稼ぎをするとよい。序盤の敵なら危険も少ない。
      • 合成材料を多く入手するチャンスで、ダブったアイテムは識別できる。
      • 罠も豊富なので、矢稼ぎはもちろん、装備外しやデロデロの罠も利用できる。
      • モンスターのレベルアップに使えるアイテムや、毒矢・毒草を入手すれば経験値稼ぎやバナライズにも移行しやすい。
      • なるべく広い部屋の方が多くのアイテム、罠が出現してよい。
      • 4F以降は特殊ハウス出現の危険もあるが、冒険には危険がつきものである。
        序盤ならば力尽きてもそう惜しくはないはずなので挑戦する価値はある。
    • 危険を冒したくないなら、水がれの巻物や迷子の巻物を書き込んで合成するのも良い手。
      ドレッドラビ、眠り大根、みだれ大根は60F以降と後半に出現するので
      それまでに動かずの盾、高級店や二択屋のねだやし、ねだやし用の白紙を入手できる可能性は高い。
    • 無難にいくなら温存するといいだろう。(9-11F)のおばけ大根をねだやすと動かずの盾が出なかった場合に困る。
    • 合成できるのは水がれと迷子の巻物だけだがどちらも強力であり
      危機回避アイテムも多いので、優先的に識別の巻物・壺を使用する価値がある。
  • 壺の識別
    • 無くなっても構わない未識別アイテムを入れると効率がよい。
      名前だけ分かっている札・薬草・マイナスアイテムなどが候補になる。
      アイテムがいっぱいで入れられそうな適当なアイテムが無い場合、石や矢を入れてみる。
      その場で判明するのは、[保存・変化・換金・識別・手封じ・底抜け]といったところ。
      (蔵の壺は店売り、壁の中、デビルドロップ。床落ちは深層のみ)
      出来れば手封じの可能性を考慮してフロア探索後の階段上が望ましい。
      保存の壺が足りない場合は、無害な壺をバナナを守るのに使ったり、持ち切れないアイテムを詰めたりするのも良い手。
      すぐ使う必要のないアイテムや合成材料などを入れておくといいだろう。
    • 容量2の壺は石や矢を入れてみる。
      • 呪われたらたたりの壺。アイテムが消えたら底抜けの壺。変化が無ければおはらいの壺。
        底抜けの壺は泥棒に使えるのでとっておきたい。たたりは利用できることもあるがほぼ要らない。
        強化、弱化、祝福の壺もあるが二択屋、高級店、青く光る床などでしか手に入らない。
    • 押すタイプの壺は背中、トド、魔物の壺の3つのみ。
      押して識別するときは通路や階段上で押すなど魔物の壺の被害を最小限に留めること。
      背中の壺は(31-40F)のンバマ・(61-80F)のンバルーンと道具封印状態を警戒して
      もったいなくても一度押しておいた方がよい。
      背中の壺は回数0でも捨てるのは一考しよう。壺増大の巻物が出れば一度だけだが押せる。
      トドの壺は底抜けの壺ほどの性能はないので、泥棒用に温存せず割ってアイテムを回収してもよい。
    • 分からない壺は店に持ち込むまで保留するか、識別の巻物を使用する。
      食料に余裕があるならバナナを入れてみるのも悪くない。
      チョコの壺が判明すれば拾い識別状態を狙うことができ、一気に識別が進む可能性がある。
      識別の巻物を使用する価値がある。ラッキー効果で持ち物全てが識別されることもあるので
      出来るだけ未識別アイテムを壺から出すなどして多く所持している状態で読むのが望ましい。
    • 分からない壺の同種が2個拾えたら思い切って投げ割りで四二鉢、割れないでないか確定させておくのも手。
    • 合成の壺は値段で確定する。値段一覧表を見てみよう。
      以下に述べるのは店での価格による識別についてだが、容量により価格が前後することに留意してほしい。
    • [買値690/売値241]の壺は保存、識別が期待できる。
      • ただの壺と四二鉢の判別はつかない。シレン4の仕様だと投げ割っても名前が判明しないので
        「四二鉢?」などと示唆する名前をつけて、投げた結果は覚えておくしかない。(シレン5では投げ割りでも名前が判明するのだが)
    • [買値1150/売値402]の壺は変化、換金、チョコが期待できる。
      • この価格帯は手封じの壺を警戒してその場での識別は避け、フロア探索後の階段上で識別しよう。
        手封じの壺でもフロア探索後ならバナナを守ったり持ち切れないアイテムを詰めたりできる。
      • 割れない壺もあり、変化・換金と相まって大概は壺に入れたアイテムが無くなってしまうものとして識別する。
        吸い出しの巻物があれば中のアイテムは救済できるが諦めて変化の壺や識別の壺にでも使った方が有意義ではある。
      • チョコの壺が識別しにくい上にマイナスアイテムが多いので識別の巻物を使用したいところ。
      • 既に変化、換金、チョコの壺が識別出来ているならスルーしていい。
      • 水がめ、油壷は「イッカァァァーーーーーーン!!」と叫びながら投げ割るとよい。
        マイナスの壺にも劣る出来の悪さでは怒りも爆発するというもの。ガイバラ先生もご立腹だろう。
    • [買値1840/売値644]の壺はおはらいの壺が期待できる。
      • たたりの壺の可能性もあるので石、矢を入れて呪われたか変化しないかで見極める。
      • 祝福の壺は高級店や二択屋、青く光る床などでしか手に入らない。
    • [買値2875/売値1006]の壺は底抜けが期待できる。
      • この価格帯は投げ割って確認する。蔵の壺はほぼ店売り限定で、いずれにせよアイテムを入れても消滅するだけで意味がない。
        底抜けの場合は落とし穴が出来るので確実に泥棒できる。序盤ならば資金不足で購入できなくても一か八か投げ割ってみる価値はある。
  • 杖・札の識別
    • どちらも使用して識別するのが一番だろう。
      加速の杖・札、幸せの杖、オオイカリの札などを警戒して安全な敵と状況を選び使用してみよう。
      名前だけ判明している札や回数0の杖などは未識別の壺に入れやすい部類のアイテムだ。
      加速系やかなしばりの杖は合成できるので一考しよう。
      回数0の杖でも投げれば効果がある。札と同じく遠投すれば強力。
      杖は、変化がない場合は魔法弾のダメージで判別する。
      ダメージも無い場合は不幸の杖・痛み分けの杖・ただの杖・転ばぬ先の杖を疑う。
      特にただの杖と転ばぬ先の杖は価格も同じで転び石が無い限り判別できない。
      転ばぬ先の杖は壺を失わないためにも有用なので、識別の巻物・壺を使用したいところ。
    • 札はどんどん使って構わないが、空振りの札はフカッティー種のフロア送りを利用するのに使えるので温存しておきたい。
    • 雷光・痛み分け・鈍足・魔道・封印は使い捨てるつもりでどんどん使ってよい。雷光・痛み分けに至っては要らないくらい。
    • 不幸はすいだすゾウ種に使えるので1本は温存したい。
    • 吹き飛ばし・場所がえ・飛びつき・かなしばり・一時しのぎ・身代わりは強力なので持てるだけ持っていきたい。
      • 回数を増やす合成も行っておこう。
    • トンネルの杖は色々と有用。飛びつきの杖や場所がえの杖と組み合わせて泥棒や、石と組み合わせて二択屋の必勝に使える。
      • 危険なマップが出現した場合の対策にもなる。特に深層で出現するとかなり困るのであかりの巻物とセットで確保しておきたい。
      • 極稀に「死のマグカップ」と呼ばれる階段部屋に通路が繋がってない状態のマップが生成されることもあり、その対策にもなる。
      • 同じ理由でつるはし・マトックも使えるがトンネルの杖がたくさん集まったら捨ててよい。
  • 食料
    • 完熟バナナ2〜3個は常備しておきたい。
    • 完熟バナナの回復量に合わせて最大満腹度120%は目指しておきたい。
    • 回復量の少ない焼きバナナやチョコバナナは食料の余裕をみて作りたい。
    • チョコバナナは同じ階で複数食べることで拾い識別状態を狙える。狙うときはHPを満タンにしてHP回復効果は現れないようにしたい。
    • バナナの皮はデビル狩りに使えるが、やるつもりが無ければアイテム欄の場所を取るのでどんどん使うべき。
  • 合成について(マゼルン種について)
    • マゼルン種はアイテムを飲み込まない状態異常に気を付けよう。
      • [飲み込む:身代わり・ やりすごし・混乱・ゾワゾワ・狂戦士・目つぶし・無気力状態]
      • [飲み込まない:睡眠・封印・かなしばり・バナナの皮のスリップ状態]
      • 余談だが64のシレン2では睡眠状態のマゼルンでも飲み込んでくれたので古参の風来人を惑わせた一因だと思う。
      • バナナの皮でスリップさせると中身を落とすが、再びアイテムを飲み込むことはできない。
      • レベルアップ、ダウン、昼夜転換しても飲み込ませたアイテムは消えない。(全滅の巻物は消滅)
    • マゼルン種に未識別アイテムを飲み込ませると合成に成功した場合は識別される。
      • 未識別アイテムを先に入れてから装備品を入れないと識別されない。(シレン5では順序関係なく識別される)
    • 呪い、道具封印状態のアイテムでも合成され、印が付く。
      • 最後に入れたアイテムの状態を引き継ぐ。通常、祝福状態のものを入れれば解呪も可能。(シレン5では投げ入れた順序によらない)
      • 杖でも同じことが言える。未識別の杖を先に入れて最後に通常、祝福状態の杖を入れるとよい。
    • 1つでも空き印が無いと草などの異種合成は出来ない。合成出来なかったアイテムは倒した時に床に落ちる。
    • 既に付いている印と同じ印がつくアイテムでも合成できる。同じ印は2つ以上付かない。
      • 例えばドラゴン草が合成されている装備に再びドラゴン草を合成することが可能で、解呪したい場合に使える。
    • 印がいっぱいの装備でも同種なら合成可能。余計な印を入れずに強化値だけ引き継げる。ただし以下の例に気を付ける。
      • [合成失敗例]あと1つで印がいっぱいになる剣と、ドラゴン草を先にマゼルン種に飲み込ませた。
        まだ容量があったので、印は付けたくないが強化値が高い使い捨ての剣を後から飲み込ませて倒した。
        [結果]使い捨ての印がついてしまった。ドラゴン草は合成されずに吐き出された。
      • マゼルン種は投げ入れた順序によらず、飲み込んだアイテムの印の優先順位の高いものを先に合成し
        優先順位が低いものは後から合成され、印数が足りなければ省かれる。
      • [合成成功例]あと1つで印がいっぱいになる剣と、ドラゴン草をマゼルン種に飲み込ませた時点で倒して中身を取り出した。
        取り出した印がいっぱいの剣と強化値が高い使い捨ての剣を別のマゼルン種に飲み込ませて倒した。
        [結果]使い捨ての印をつけずに強化値を引き継ぐことができた。
      • この場合マゼルン種を2匹狩る必要がある。余った容量を使うのは避けた方がいい。
        杖同士を合成しようとしてかなしばりの杖が剣に合成されてしまうなど事故が起きやすい。
      • [剣→草→盾→草]のような順で投げても、剣に2つの草が合成される。やはり手間が掛かっても数匹に分けて合成した方が無難。
    • 店の商品は合成できない。合成の壺に入れてしまったら、泥棒や購入で値札を外し、中を覗いて整理ボタンを押せば合成される。
      • マゼルン種に飲み込ませると値札が外れて合成されるが、購入扱いで代金の支払いは請求される。

装備品考察

過去作はどうたぬきや鉄甲の盾など、能力なしで数値が高いベースが王道だったが
今作では特殊能力を持つ装備も育てるほど能力が強力になるため共鳴が狙えない場合はメインとして通用する。

基本的には「三種の神器」併用を前提に腕輪共鳴効果を狙って武器や盾を選択していくのがよい。
また「爆発隠の盾+爆発の腕輪」「火の刃+気配察知の腕輪」など相性のよい組み合わせで思い切った戦法も取ることもできる。
キーポイントは当然マゼルンゾーンでの異種合成機会の活用。武器や盾の合成上限と相談してベース決めること。
武器の成長によって合成の上限は伸びるので、稼げるときにしっかり稼ぐ。
武器や盾の種類によって成長速度/印数の伸びが異なることに注意。

過去作のもっと不思議は「盾ゲー」と言われることが多かったものの
今作ではダメージを受けないよう戦う事が求められるため剣の重要度がかなり上がっている。
共鳴の中では腕輪2つの共鳴効果が非常に強力であるため積極的に狙っていきたい。
中盤に共鳴装備が見つかったら育てよう。
成長していないうちに乗り換えようとすると印数減少により合成効果が消滅してしまうこともある。
印が継承される順位はアイテムの説明欄で上のものが優先され、最後に書いてある印は消えやすい。
ベース
  • 朱剛石の刃
    • 序盤に現実的に拾える武器の中では最高峰の強さを持つ朱剛石セット。
      2つ揃えて共鳴で腕輪2つにできれば考えうる中では最強。
      しかし、揃えにくい事や成長が遅い事、育てないと印が少なくLv3でHP+10がつくため中盤は印不足に陥る事が難点。
      印が足りない時は適当な武器にとりあえず付与しておいて後で合成の壺で束ねるなど工夫が望ましい。
      朱剛石の盾のは印の数は問題がないのだが、剣の印数は3と極端に少ないので乗り換えるには向かないセットと言える。
  • 隕石の刃
    • 隕石セット。基礎値・共鳴・成長速度・印数・入手しやすさ全てにおいて最もバランスが優れている。
      特に印数が2ずつ増えるため序盤のマゼルンゾーン・マゼモンゾーンで積極的に合成を活用できる。
      Lv3の隕石の剣の時点で6個有用な印を付与できればHP+10を追加せずに済む。まぁLv5になった時点で付いちゃうのだが。
      ベースの選択に悩むようならとりあえずこれを選べば間違いない。
  • どうたぬき獣の牙
    • 朱剛石・隕石セットほどではないがこれも勝負になるレベル。これらも共鳴できれば腕輪2つ。
      どうたぬきセットは武器の方が攻撃力・印数が上で、獣セットは盾の方が上となっている。
      獣の牙はLv4まで印数が3-5個しかないが、どうたぬきは初期形態から5もありLv2から6になる。
      基本値、成長性ともに優秀などうたぬき&ばん族セットは、朱剛石や隕石セットに次いで有用な選択肢と成り得る。
  • カタナ・銅の刃・ヤシの棒
    • 共鳴腕輪2つ系の下位武器。さすがに火力が気になってくる。
      カタナはギリギリ使えるレベルの攻撃力だが、LV8になるまで印数がずっと4しかないという致命的な欠点がある。
      共鳴する盾と神腕輪が揃っているというのでもなければ、上位武器を入手して乗り換えたい。
      敵は強くなるほど武具成長値も高いため、序盤の成長アドバンテージもすぐひっくり返せる。
  • 火の刃
    • 上位の腕輪2つ共鳴武器並みにベースとして実用は高く、成長すると炎弾のダメージが上がるため
      気配察知の腕輪と合わせると狙撃できて非常に楽である。
      ただし成長は朱剛石よりも遅く、炎弾で倒してしまうと装備に熟練度が入らないので、うまくダメージ調整しないと鍛えづらい。
      使い込まないと実用的なダメージに達しないので終盤に拾っても活用は難しい。
      また、金縛り印とフラッシュバード種には相性が悪い事も覚えておこう。
      丁寧に使えば最強武器と言ってもいいのだが、DS版では炎エフェクトが遅いためワナチェックが苦痛になる等(精神的な)デメリットも大きい。PSP版では改善されている。
  • おねむガラガラ
    • 素の攻撃力は低いものの、レベルが上がると面白いように睡眠が決まる。
      金縛りなどと違い、決まると6ターン完全停止の効果は大きい。
      ただし、 Lv8にしても印数が全部にならない 点に注意。
      加えて、成長も非常に遅く、印数の伸びも悪いため印が圧迫しがち。
      付加印により印は5個までしか付与できないため、メインに使うなら合成するものは厳選すること。
  • 混乱の手斧
    • Lv3で印7と大幅に伸びる。威力はカタナ並みだが混乱頻度が上がる分、こちらのほうが遥かにマシ。
      また成長がかなり早い部類の武器で、印数多く入れる印で悩む必要はなくなる。
      状態異常系武器としてみるとおねむガラガラより武器性能がちょっと高く、Lv8で印数全部になるのが利点。
      混乱状態は至近距離だと攻撃される可能性がある、混乱したモンスターが敵を倒してレベルアップすることがある、といったデメリットも多いが、
      3方向印や壁抜けと組み合わせたり、常に通路で戦うクセをつけておけばある程度デメリットを軽減することもできる。
      ちなみに、真っ暗棒は混乱の手斧と比較して印数と基本値が低い上に、成長速度も遥かに遅い。ベースにするかどうかは考えもの。
  • 水斬りの剣
    • 印数・成長に優れ、対応範囲も圧倒的に広く基本値もそこそこと、特効系の中でも特にベース向きの武器。
      きっちり鍛えれば強敵ギャザーもスパスパ斬れる。
  • トカゲ斬りの刃
    • 特効系武器の中でも基礎値が高く、成長効果もそこそこ役立つのでベースにしてもそれなり。
      高レベルまで育てるとドラゴン系はカモになる。炎耐性を付ければアークドラゴンも怖くない。
      ただし成長は朱剛石並に遅い。
  • 一ツ目殺し
    • 印数が多く、基礎値もそれなり。こちらもベースでもそれなりに戦える。実は成長速度もかなり早い。
      育て上げるとゲイズ系やタフなアイアンヘッド系を一撃で倒せるのはありがたい。
  • ドレイン斬り
    • 育てば状態異常の天敵であるすいだすゾウ系をほぼ一撃で倒せるため、状態異常系の印をゾウを気にせず大量に付けられる。
      共鳴できないことがネックだが、印数が多いのでそちらでカバー。
      地味に硬いサソリ種やポリゴン相手にも有用。
  • カブラの刀
    • 使ってみると、やはり基礎値が高いというのは強い、と思い知らされる。が、まあ、それだけなので、腕輪2個共鳴が揃ったならさっさと乗り換えたほうが良い。
武器印
  • 水棲特効
    • 水斬りの剣系、水がれの巻物など合成で付く、必須クラスの印。
      今作は水棲系が多く、特にギャザーに抜群なのが大きい。
      と言うより、この印か壁抜けの腕輪が無いとギャザー系と戦う度にボロボロになるので
      マゼルンゾーン(12-14F)で白紙の巻物があるなら水がれを書き込んででも入れる候補になる。
      ギャザー以外にも水棲種は危険な能力持ちが多く常に活躍してくれる。
  • 連続攻撃
    • 特殊合成印。加速の札、加速の杖、すばやさ草どれか2種(重複NG)と武器を一度に合成することで付く。優先度中程度の印。
      2回攻撃は強力だが発動率が低い。状態異常印やため攻撃との相性はよい。
      合成材料を二つも持ち歩かなければならないのでアイテム欄を圧迫する。
      すばやさ草はともかく、加速系は役に立たない。序盤は持ち物に余裕が無ければ捨ててもよい。
      序盤登場のマゼルンでは合成できないという理由もあり、中盤以降に集めるとよい。
      マゼルンでも幸せの杖などでレベルアップさせて合成する方法はあるがあまり苦労に見合わないと思われる。
  • 会心の一撃
    • 戦神の斧系を合成することでのみ付く、優先度が高い印。
      会心の発生確率はかなり高く、一撃で倒せることも珍しくない。
      エリガンなどの特効が効かない高火力ノーマルモンスターにも効果がある点も大きい。
  • 浮遊特効
    • 空の刃系、高飛び草を合成することで付く。浮遊系は水棲系と並び7種類と多く優先度高めの印。
      マゼルンゾーンを抜けたあとは浮遊系の敵が多いので序盤から役に立つ。
      シャインバード(91-99F)対策に有用。
      浮遊特効が無い場合は遠投ギタン・札投げや札の範囲に巻き込む、杖や巻物を使うなどで対処することになる。
      同階層にギタンマムルやゲンナマゲイズが居るので高額ギタンは手に入るが、特効印があった方が安心だろう。
      ギャドン種やヒーポフ種はドラゴン特効でも可である。
  • 状態異常系
    • 武器攻撃で発動した場合、ギャザーにも状態異常の効果がある。
      睡眠・無気力が強力で優先度が高い。他の印はどれも大差はなく、無いよりは良いがかえって厄介な事態を引き起こすことも。
    • 状態異常印は確率を上げるために、最低でも2種類は欲しい。
    • 特効印が効く相手は一撃で切り伏せ、効かない相手は状態異常印にカバーしてもらう形が理想的なので
      特効印を省いてまで大量につけるのはすいだすゾウ種が怖くなるのも相まっておすすめしない。
    • 以下は合成に使用するアイテムを羅列したものである。
      • 睡眠:おねむガラガラ、睡眠草
      • 無気力:迷子の巻物
      • かなしばり:しびれ刀、かなしばりの杖
      • 目つぶし:真っ暗棒、目つぶし草
      • 混乱:混乱の手斧、混乱草
      • 封印:封印棒、封印の杖
  • 正面3方向
    • かまいたち系を合成することで付く、優先度が高い印。
      角を利用して2回先制攻撃が可能。壁抜けの腕輪が無い場合はどの印よりも優先される。
      部屋の入口で戦ったりすると何らかの特技を食らう可能性がある上に部屋内のモンスターが全員集まってくるので
      意図的におびき寄せたいとき以外は通路の角を利用すること。
      アイアンヘッド種やバリズドン種の雷攻撃が角を抜けてくる点は忘れがちで注意が必要。
      基本的に囲まれれば危ない為、正面3体にまで当たる効果を当てにするべきではない。
      活用できる機会は少ないものの壁抜けの腕輪と併用することで鉄扉やヤリ扉を閉めたまま斜め攻撃で一方的に敵を殴る事ができる。
  • ため攻撃
    • 光の刃系を合成することで付く。優先度低めの印。
      攻撃回数と範囲が増える壁抜けの腕輪、正面3方向印、連続攻撃印と相性が良い。
      必中になるタイミングが生まれることで、アイテムを節約できる場面も生まれるので地味に大きい。
  • 一ツ目特効
    • 一ツ目殺し系、めぐすり草を合成することで付く、優先度中程度の印。
      ゲイズ種は一撃。ばくだんウニ種も水棲+一つ目で一撃。
      ばくだんウニ種は特効一つだと爆発することもあり
      石・矢・素手で削るのが煩わしくなってつい、という事故を起こさないためにも一撃で切り伏せたい。
      壁抜け戦法やかまいたちが通用しないアイアンヘッド種に大ダメージを与えられるのも嬉しい。
      マゼモンゾーンあたりで入れられると次の階層が楽になる。
  • ドレイン特効
    • ドレイン斬り系、毒消し草を合成することで付く。浮遊、水棲に比べて範囲は狭め。優先度中程度の印。
      ドレインで狙えるモンスターはHPこそ低いものの厄介なのが多く
      状態異常印で埋めている場合すいだすゾウ種が脅威となるため入れる価値はある。
      すいだすゾウ種は石や矢で削って一撃で切り伏せるか、不幸の杖で弱らせてから殴るといいだろう。
      マゼルンゾーンでは手前の階層のお化け大根と同階層の毒サソリがうっとおしく、毒消し草を合成するのは一考する必要がある。
      マゼモンゾーンあたりで入れられると、次の階層のとりこむゾウ・鬼サソリに対抗できて探索が楽になる。
  • ドラゴン特効
    • トカゲ斬りの刃系、ドラゴン草を合成することで付く。優先度中程度の印。
      強敵かつアイテムドロップ率の高いドラゴンを狩れるのは十分なメリット。
      攻撃力がかなり高く、距離を置きづらいピョンダイル種を水棲+ドラゴン特効で一撃で倒せるのも大きい。
      浮遊特効が無い場合ギャドン種、ヒーポフ種に効果があるのでお勧め。
      マゼルンゾーンで入れておけば21F〜のドラゴン相手に有利に戦うことができるが
      印に余裕がなければ50F〜のスカイドラゴンに備えてマゼゴンゾーン(47-49F)まで待っても良い。
  • 爆発特効
    • 三日月刀系、爆弾石を合成することで付く。優先度低めの印。
      ほぼオヤジ戦車種の専用なので入れるのは後半で良い。
      ばくだんウニ種は特効一つだと爆発させてしまう場合がある。
      そのため水棲と一ツ目が揃わず、かつ印の空きが余っていたら入れると少し楽になるかもしれない。
      終盤のゴウジョウ、イッテツ戦車は難敵なのでマゼゴンゾーン辺りで印に空きがあれば入れるとよい。
  • サビよけ
    • メッキの巻物を読む、くすんだ金の剣系を合成すること付く、優先度が低い印。
      サビのワナやミドロ種の特技が怖くなくなるが、武器印は埋まりがちなので空きがあればつけておく程度で。
      オドロの印消し対策には使えないことに注意。
印の有用性の順位
  • マゼルンゾーン
水棲特効>正面3方向(壁抜け無)>連続攻撃=睡眠>会心の一撃>無気力=かなしばり=浮遊特効=ドレイン特効>その他特効>正面3方向(壁抜け有)>ため攻撃>サビよけ>その他
マゼルンゾーンにはサソリが出現し、すぐ後にポリゴンも出るため、順番としては最初にドレイン特効を入れると近辺での戦いが少し楽になる。ただし、(状態異常武器以外で)印数の少ない武器を使っている時は一考が必要。状態異常武器ならどの道ゾウ対策でドレイン特効は必須になるので入れてしまっていい。
水棲特効を入れることでギャザー戦が楽になるのもあるが、ウニの爆発を抑える意味も大きい。近辺にいる大根やサソリに力を下げられている場合、水棲特効を入れると逆にウニを爆発させてしまうようになるので、もし印が多い武器なら一ツ目か爆発特効も入れてしまおう。
朱剛石メイン等でマゼルンゾーンまでに武器の印の空きが4しか無い場合は、水棲特効、浮遊特効、(かなしばり・睡眠・無気力・目つぶしor混乱からどれか2つ)が現実的かつ理想的
今作は武具の強化値の影響がさほど大きくないのでサビ避け印は別に無くても良い。
良印が無い場合はあえてあるもの全部狙わず印を少し空けておくのもいいだろう。
  • マゼモンゾーン
正面3方向(壁抜け無し時)>状態異常、最低でも2種>連続攻撃>会心の一撃>浮遊特効>その他特効>ため攻撃>サビよけ>その他
この階層では攻撃力の高く処理しにくいエリガンが登場するので
壁抜けの腕輪が無い場合は正面3方向は必ず入れておきたい、無い場合は戦闘は避けたほうが良い。
理想の形は 水棲特効+会心の一撃+睡眠+かなしばり+浮遊特効+ドレイン特効+無気力or目つぶしor混乱+正面3方向(壁抜け次第)
連続攻撃が付けられる場合は、目つぶしか混乱を外そう。
以降に出現する象はさほど強くないので遠距離で削ってから一撃で切り伏せること。

過去作通りに攻略の要。今作は剣が全体的に強いが、盾の重要性が落ちているわけではない。
とはいえ、旧作と異なりダメージ計算は単純な減算式ではなく(敵の攻撃力*乱数)-(盾の強さ*約0.6)
回復速度の減少と敵の高火力化も相まり深部ほど防御の重要性が落ちていくため、旧作ほど盾の基本値を過信するのは禁物。
ベース
  • 朱剛石の盾
    • 朱剛石セット。共鳴できずとも基礎値が高いのがウリ。+20以上にできれば安定する。
      腕輪共鳴装備があれば乗り換えを視野に入れてもよいが、中途半端な共鳴効果に頼るよりは高レベルのこいつの方が強かったりする。
      基礎値が高いため序盤に拾えるとそれだけで鉄の矢集め効率がよくなるのはありがたい。
      また盾LvがMAXになると炎半減とついばみ守りが自動で付加される能力もある。
      付けるのが難しくない印だが、もしも付ける事が出来なかった場合は非常に助かるだろう。
  • 隕石の盾
    • 隕石セット。基礎値・共鳴・成長速度・印数・入手しやすさ全てにおいてバランスが優れている。
      朱剛石セットとの基礎値の差は微小なためオススメ。迷ったらこれ。
  • ばん族の盾・獣の盾
    • 朱剛石・隕石よりは一段階下がるが十分使える。
      共鳴できるなら他のベースからこれらに乗り換えもあり(特にどうたぬきの場合)。よく考えよう。
  • 鉄の盾・銅の盾・ヤシの盾
    • 共鳴腕輪2つ系の下位盾。
      共鳴できたとしても早めに成長、強化値を稼がないとジリ貧になりやすい
      上位の盾を拾えるまでの繋ぎとして使うべきか。
      ちなみにヤシの盾はLV8でハラモチ印が付く。成長は早いのでハラモチの盾が出ないなら中盤の稼ぎ時に育成も一興。
  • トカゲの盾
    • アークドラゴンフロアを切り抜けるのが楽になる盾。
      コツコツ育てていけば50階〜くらいにはメイン盾がレベル8になるので、余裕があればサブ盾として育てておくと便利。
      深層では敵の成長値が高いので、レベル4くらいまでならすぐに成長する。
  • 見切りの盾
    • 回避率が大きく上昇する。印として使うのが基本。
      DS版には、アイテム解説では成長により回避率が上がるとされていたが、実際には回避率は上がらないバグがあったため、ベースにする意味は無かった。PSP版では修正されているため、ベースも有りか?ただし成長速度は遅い。
  • 爆発隠の盾
    • 主な用途は印だが、成長すると爆発でのダメージが減る為、ベースにするのも一興の盾。
      6くらいまで上げると爆発のワナでもかなりダメージを抑えることが出来るため、地雷を利用して、爆風でどんどんモンスターを消滅させることが可能。
      対処が難しいオヤジ戦車種が低火力の雑魚へ転落する様は快感・・・かもしれない。
      ベースにして成長させることが必須になるが、爆発の腕輪との相性もいい。
      等速の敵相手なら爆発を利用することで僅かなHP消費しかせずに始末出来るようになる。
      ただし、シレンの移動→爆発判定→敵の移動という順序で処理される。
      追われたまま通路の角や部屋の入口を通過する瞬間に爆発出来なければ意味が無いので、頼り切るのは危険。

盾印
武器と違い、盾印は余りがちなので枠を使い切らなければ厳選せずに付与してOK。
  • 動かず
    • 60-62Fのドレッドラビが対策必須レベルで凶悪なので重要。壁抜けの腕輪とも相性がいい。
      ただしデメリットも大きく、自分の足以外の移動法は全て無効にされるため
      高飛び、飛びつき・場所変え等の危険回避手段がとっさに取れなくなるのが非常に危険。
      それに対して動かずが必要なフロアは60-62Fと非常に限定的なので、メイン盾に合成はせずにサブ盾として持っておく方が柔軟に動ける。
      この印の大半は動かずの盾で得る事になると思うが、動かずの防御力は低いので別の盾に合成しておくのも手の一つ。
      60-62F専用の「使い捨ての盾+動かず印」やアークドラゴンフロア兼用の「トカゲの盾+動かず印」がわりとおすすめ。
      ただ上記の60-62Fはラビ以外のモンスターも非常に凶悪で真正面から戦う事は少なく、無理をしてまで合成する必要は無いと思われる。
  • 爆発半減
    • オヤジ戦車系やウニ、地雷からのダメージを半減する。
      今作では大地雷を踏むと即チキンレースが始まってしまう仕様なので絶対に入れるべき。
      40F以降は爆発のワナが明らかに増える。これを入れていないと、どんなに順調でも事故で即死ぬ可能性が付きまとう。
      終盤のイッテツ戦車もかなりの強敵なため、この印は是非入れておきたい。
      爆発隠の盾のほか、爆弾石を異種合成することでも付ける事が出来る。
      爆弾石は店にしかないので見つけたら必ず買っておこう。
  • 炎半減
    • ドラゴン・ピーポフの炎や、マグマ・爆弾石等の炎系ダメージを軽減する。
      ドラゴン種対策には勿論の事、バナナを燃やす時の危険性が下がるのは大きい。
      ドラゴン草は簡単に手に入るのでぜひ付けよう。
      ただし、アークドラゴン対策としては半減だけではやや力不足なため
      トカゲの盾を入手時は印にしてしまうかサブ盾にするかよく考える事。
  • ハラモチ
    • 入れておけばよほど運や立ち回りが悪くない限り餓死はなくなる。
      フロアに留まり稼ぐ場合も圧倒的に有利であり、回復の腕輪も積極的に活用していく事も出来る重要印の一つ。
  • 避けアップ
    • 4は回復が遅いため基本的に攻撃を受けないようにするべきではあるが
      どうしてもガチンコしなくてはいけない場合に、相手を問わず効果が得られる。
      めぐすり草2個異種合成で付与できるので中盤以降にぜひ付けたい。
      10Fまではめぐすり草をワナ探しに活用した方が良いのでマゼルンゾーンでは無理に狙わなくてよい。
  • 催眠無効
    • 僕らのトラウマ「ずっと俺のターン」を防いでくれる夢の能力。
      特に深層のゲンナマゲイズの部屋催眠はアイテムを浪費しがちのためこれがあると非常に助かる。
      が、なかなか落ちていないので見かけたら必ず合成すること。
  • 魔法ダメージ
    • ガラ魔導士の魔法は直線のみで対処しやすい部類とはいえ
      黄色オーラなどの可能性や、深層の魔道士の魔法は致命的なためこれを無効化出来るのは心強い。
      こちらも稀少なため入手したら優先度は高め。
  • ついばみ守り
    • 上位ギャドン種がただの雑魚へ降格となる。カウンターやメッキ等よりは役立つが、ギャドン種上位はかなりの深層で出現する上、
      レベル4のギャンドロンに至っては出現すらしない。なくてもそこまでは困らないといったところ。
  • サビよけ
    • メッキ、金の盾で入れることが可能。だが、盾の成長でもつく物もあるので、急が無くても大丈夫ではある。
      重要印を優先した方がいい場合が多いので、メッキを即使うのは控えよう。
  • カウンター
    • 相手の攻撃を出来るだけ食らわないのが今回のセオリーだが、ガチンコでいくしかない場合はこの印が役に立ったりする。
      ギタンマムルもカウンターで一撃で葬ることが可能だが、重傷を受けるので石投げに頼ったほうがよい。
      バナライズの邪魔になるので早過ぎる合成は控えること。
  • 最大HPアップ系、基本値+系
    • 特効や状態異常ですぐ印が埋まる剣に比べると、盾の印は余り易いのでこれらを入れるのもアリ。
      ただし重要度の高い盾を引いた時にちゃんとメイン盾へ合成出来るように、空きは作っておこう。
  • HP1
    • 超不幸を異種合成することにより入れることが可能。被ダメを受けた際に相手のHPを1にするある意味最強のカウンター効果。
      発動すればほぼ確実に二発以内で敵を沈められる。
      …のだがウニ系に発動すると即座に爆発するため爆発半減と併用が望ましく、そもそも超不幸自体がレアなのでお目にする機会は少ないと思われる。

三種の神器


以下の腕輪は浜辺の魔洞における 三種の神器 と言っていいだろう。これらを店で見つけたら何としてでも手に入れたい。
2つ以上を入手出来た場合、剣と盾は腕輪2個装備の共鳴効果が得られるものに変えたい。
気配察知の腕輪と合わせることで他2つの使い勝手が飛躍的に高まるので装備の強さをいくらか落としてでも価値が有る。
店で売値5000の腕輪を見つけた場合、気配察知・道具感知・回復・壁抜けは買わずに識別できる。
壁抜けは角攻撃から識別できる。
  • 気配察知の腕輪・透視の腕輪
    • 低層でも二択屋で透視の腕輪が出ることがあるので、惜しまずお金は使うべし。
  • 壁抜けの腕輪
    • 気配察知と組み合わせてほぼ無傷で切り抜けられる。単体でも通路斜め移動・角抜け攻撃が強力。
      また、つるはしかマトック、トンネルで壁端を掘れば、こちらから一方的に攻撃できる安全地帯も作成可能。
      アイアンヘッド系や飛び道具系以外は、無傷でやり合えるようになるのでかなり楽に。
      正面3方向印でも多少は代用は可能だが、通路の角を移動することで敵との距離を取り一方的に殴れる違いは大きく響いてくる。
[図解]
1、曲がり角を斜めに抜ける事で2歩必要な所を1歩で抜けれる → 敵から逃げる際に距離を稼げる
 ■■■■    ■■■■ 
 ===■    =シ=■ 
 ■■シ■    ■■敵■ 
 ■■敵■    ■■=■ 
2、曲がり角を斜めに攻撃することで反撃を受けずに攻撃できる 
 ■■■■    ■■■■ 
 =シ=■    =シ敵■ 
 ■■敵■    ■■=■ 
 ■■=■    ■■=■

有用な腕輪
  • 道具感知の腕輪
    • 上記三つほどではないが、ダンジョン内の徘徊を大幅に削減できる(≒事故が減る)ので結構有用。
      壁に埋まっているアイテムも感知できるのでつるはしやマトックがあるとなお有用。トンネルの杖は二択屋で使うのでほどほどに。
  • 鑑定師の腕輪
    • 激レアながら序盤の有効性は言うに及ばず
      終盤もアイテムの呪い・道具封印の確認や杖の使用回数を調べることができる為、終始役に立つ。
      二択屋や変化の壺から手に入る。
  • 毒消しの腕輪
    • サソリ系と大根系の脅威を和らげる事が出来る。
      特にみだれ大根をねだやせない場合は、これが唯一の対応アイテムなので大事にしよう。
      (狂戦士化後の毒草による鈍足化を阻止出来る為生存率がまるで違う)
       
      おばけ大根を利用する事で満腹度の補給と毒草確保が出来るのも地味にポイント
      序盤で識別出来ることは余り無いが、手に入れば活用したい。
      今作のイカリ状態は攻撃力が上がるだけで特技の使用率は変わらないので注意。
      特技頻度アップには水がめが必要。
  • 睡眠よけの腕輪
    • 睡眠はアイテムが使えないため即死があり得るのでとても有用。これ無しでねむり大根のいるフロアを闊歩するのは厳しい。
      ねだやす場合でもこれか壁抜けの腕輪のどちらかがないと危険。
      腕輪2個共鳴であれば片方は常用しても良いくらいなので大事にしよう。
  • 遠投の腕輪
    • 気配察知との相性が非常に良い。
      みだれ大根への対策にも使えるので、白紙(ねだやし)が確保できなければ、こちらを確保するのもあり。
      遠投状態だとフラッシュバード系の投擲アイテムを燃やされる効果を無視して貫通HITする為
      深層で悩まされがちなイッテツ戦車+シャインバードのコンビにもとても有効。拾ったら大切にしておきたい。
       
      ただし、マゼルンゾーンでは外すのを忘れずに。と言うか、マゼルンゾーンでは最初から付けるな。事故が起きてから泣くのでは遅すぎる。
  • ヘタ投げの腕輪
    • 投擲を確実に外す特性を利用して敵をワナに掛ける事が出来る腕輪。
      中でも デロデロのワナを発見→くさったバナナを量産し食糧確保→バナナの皮でデビル狩り、が特に有効。
      ただしワナにも分布があり、序盤はとても稼げるが30階を超えたあたりからデロデロのワナが出にくくなってくる。
      とはいえ、深層でもワナ利用は敵への安全な対処として役立つのでなかなか有用。
      また、バナナの皮を投擲することで、皮を置くターンを消費せずに敵をスリップさせることもできる。
  • 水グモの腕輪
    • 中洲のアイテムを回収できる他、水路ワープによる緊急回避、水路での安全な足踏み回復など汎用性に富む腕輪。
      ただ毎階必ず水路があるわけではないので利用機会はやや限定的。また、壺に入れてない巻物やバナナは濡れたり腐ったりするので注意。
  • しあわせの腕輪
    • 低層ではレベルアップによるHP上昇→回復速度鈍化により矢稼ぎの邪魔となり(クロスカート毒矢打ち込みでの鉄矢稼ぎの意味でも)
      深層での1歩1経験では恩恵が薄過ぎるのだが、3500ギタンと売却価格が全アイテムから見ても上位の売値でギタン稼ぎには有効かも
      矢稼ぎをしないorできないのであれば、序盤の敵の確定数に地味に影響するためレベリング手段として有用
  • ワナの腕輪
    • 10Fまでにめぐすり草と共に入手・識別できれば毒矢を大量にゲットできる。
      有効活用できる確率は低いが覚えておくといいだろう。
      なお、イカキングに目潰しされるとよく見え状態が解除されるので要注意。

その他のアイテム考察

浜辺では容量2の壺はたたり・おはらい・蔵・底抜け(高級店/二択屋では祝福・強化・弱化も)の壺である。
中盤以降手封じの壺を引くと即死コースなので他と同様敵のいない「階段の上」で。手封じ状態はアイテムが拾えず使うこともできない。
なお、手封じの壺と言えども階段前でアイテムを入れたり、装備外しの罠やすいだすゾウ系を利用することで、使いにくいながらもアイテム入れとしては活用可能。

浜辺では、蔵の壺は壁の中か店、デビルドロップでしか入手出来ない。(床落ちは深層のみ)
普通に床に落ちていてアイテムを入れて消えた場合は底抜けの壺である。
逆に、店で底抜けの壺は売っていない。
従って、浜辺の場合は蔵が一杯になっていなくとも壁の中からでなければ入手経路によって蔵の壺か底抜けの壺か判別が可能。
  • 合成の壺
    • およそ15フロア毎にマゼルン種が出る魔洞では重要度が幾分か低い。
      単なるアイテム入れや杖を束ねるのに使ってしまって問題ない。
      なお、共鳴セットが揃っていない時は乗換補助のため容量を2残しておくと良い。
  • 底抜けの壺
    • 割る事で、割った付近に落とし穴が生成されるので、それに落ちる事で利用する。
      敵に囲まれた場合の緊急回避、危険なフロアを速攻で通過する、確実に成功する泥棒等が主な使い方になる。
      ただし99Fでは使えないので注意する事。
       
      弱点として、河童に投げられたアイテムをコレで受け止めると受け止めたアイテムがそのまま消滅する事と
      催眠耐性が無い場合ゲイズ系にコレにアイテムを入れられる場合があり、同じくアイテムが消滅してしまう事に注意。
      装備や重要なアイテムを入れられると目も当てられないので、その場合は早めに破棄するなど注意しておくこと。

巻物

基本的にフロアを一通り探索した後、周りに敵がいない「階段の上」で読んで識別する。
もしくは、多少のリスクはあるが、魔物部屋を打開するために通路の入り口で読むというのも手。
序盤であればイカに目潰ししてもらい選択式の巻物かどうか見極めておいてもいい。
識別の巻物の特殊効果に全部識別もあるので、1〜3Fは未識別のまま進み一辺に識別ができるとラッキー。

今回、アイテム1つを選択して使う巻物が多いので惑わされやすい。
天、地の恵みかと思ってメイン装備に使ったらバナナの巻物だったりしたらもう泣くしかないので注意。

お勧めの巻物
  • 白紙の巻物
    • 今までに読んだことがある巻物に替えられる最強の巻物。読んだ履歴が埋まっていればあらゆる場面に対応できる。
      ねだやし、全滅、魔物部屋、水がれなど様々な用途に使える。
      白紙の巻物に書き込んで読んでおくと、未識別の同効果の巻物が識別されるのも大きいので
      序盤で引けたときは魔物部屋の巻物にして読んでおくと色々とお得。
  • ねだやしの巻物
    • 二択屋などで稀に手に入るが、白紙から生成する場合がほとんどだろう。
      特に90Fから95Fに出現するみだれ大根(狂戦士の種投げ)への唯一の安全な対応策がこれ。
       
      ご存知のとおり今作は投擲命中率が低いため、投げたのにねだやせず泣きを見た風来人も多い。
      遠投のため、後ろにいた別のモンスターをねだやしてしまった等も良く聞く話。
      少しでもねだやす確率を上げるために、ダンジョンの隅でねだやす対象のモンスターを
      かなしばりの杖などで一直線上に複数匹並べ、後ろに別の種がいないのを確認してから巻物を投げるようにしよう。
  • 水がれの巻物
    • 本来の使い方よりも、マゼルン種利用の異種合成で武器に水棲特効の印をつけられることが重要になる。
      今作は水棲系(特にギャザー種)が厄介なので、この印をつけられるかどうかで明暗が分かれると言っても過言ではない。
  • 迷子の巻物
    • 睡眠には劣るものの無気力印は強い。
      白紙の巻物を使って生成する程ではないが、素で拾えたら合成素材として保管しよう。
      売値3000の巻物は聖域とコレしかないので識別しやすいのも利点。
  • 魔物部屋の巻物
    • 序盤から中盤にかけてアイテム補充用として活用。
      使用する部屋が広いと、より沢山のアイテムを拾えるが広すぎるとワナチェックが辛い。そこそこの大きさで妥協した方が無難。
      10F以前であれば矢も稼げるため石が無いときは長方形の部屋が望ましい。
      ただし4F以降は特殊ハウスが発生する可能性も頭に入れておく事。
  • バクスイの巻物
    • 部屋内のモンスターをバクスイ状態にする。
      周りを囲まれる状況になったときに効果を発揮する(召喚ワナやドレッドラビ)。1枚あるとよい。
      ただしバクスイから目覚めた敵は、倍速状態になってしまうマイナス効果もあり。
      あまりに敵が多いや広すぎる部屋だと処理しきれずピンチになる事もあるため、リスクを考えながら使いたい。
  • 混乱の巻物
    • 部屋内のモンスターを混乱状態にする。
      バクスイとは逆に特に大部屋モンスターハウスで効果を発揮する。
      ただし余り密集しているところで使うと敵がLアップする危険性が増すので注意。
      敵を倒すために使うのはバクスイ、逃げるために使うのは混乱という風に使い分けると良い。
  • ゾワゾワの巻物
    • シレン周辺の隣接しているモンスターをゾワゾワ状態にする。
      効果時間が長いこともあり、対召喚スイッチには最高の対策アイテムだが、使用時は後ろの敵を殴らせない用に注意する事。
      敵をわざとLvアップさせたい場合にも使えなくもないので良く考えよう。

矢・石

敵の攻撃力が高く、厄介な能力が多い今作において、近づかれずに倒すのは重要。
序盤で矢のワナやボウヤカートから矢を集めておくと非常に安定する。
序盤から中盤にかけては木の矢、石、後半は鉄の矢、デブータの石が落ちていることが多い。

デブータの石は固定ダメージ20とひま投げなので便利。ギタンマムル対策にもなる。
気配察知との相性は言うまでも無く、斜めを向いて投げる事で飛距離を伸ばすテクニックもある。
中盤以降はできるだけ集めておくこと。

トンネルの杖等と併用により 「応用テクニック 二択屋で荒稼ぎ」が狙えるのもポイント。
今作では腕輪の重要度が高いためここで「三種の神器」やねだやしの巻物を狙えるのは大きい。

爆弾石は異種合成で爆発特効・爆発半減を付ける事ができ、ワンタッチでバナナも焼ける優れもの。
店売りのみなので売っていたらぜひ買っておこう。ただし軌道が3マス先固定なので、マゼルン合成の際には少しコツがいる。

振ると魔法弾が発射され、当たったものに効果を発揮する杖。
命中及び効果発動が100%の為、緊急回避のためには必須。
注意したいのが白文字状態で無い限り、杖の種類自体が解っていても一度は振っておかなければ封印かどうかがわからない事。
そのため「勿体無くても一度試し撃ちをしておく」ことを強く推奨。緊急時に発動しないと泣ける。
逆に言えば判明していれば最も信頼できるアイテム種である。

杖は、敵に振ればだいたい識別できる。
振るときは必ず最低でも一歩以上離れて、水路空域に居ない敵に。
注意する点は以下の通り。
=|BOX|
鈍足効果発生          → 鈍足、魔導
魔法弾が当たったが何も起きない → 不幸(Lv1の相手に対して)、ただ、転ばず、痛み分け、吹き飛ばし(壁HITなし)
2ダメージを与えた       → ワナ消し(4ダメージは祝福)
吹き飛んで、5ダメージ     → 吹き飛ばし(壁HITあり)
10ダメージを与えた      → トンネル(20ダメージは祝福)
誘導して25ダメージを与えた  → 雷光
壁が出来たor何も起きない    → 土塊 (足元にワナ・アイテムがあった場合はなにも起きない)
||=
上記以外の杖は使えばすぐに判明する。

低層で幸せの杖を拾った場合、バナナ変化作成によるバナライズや、マゼルンを上位種して連続攻撃印/見切り印を狙う
めまわし大根/ねむり大根作成による草入手(状態防御腕輪やチョコバナナの効果がある場合に限るが)
デスヘッド/ドドズドン/しまぐいデビル作成による武器成長/レベルアップに使うといいだろう。

お勧めの杖
  • 飛びつきの杖
    • 魔法弾が当たったところまで移動してくれる杖。
      召喚のワナや開幕から強敵だらけ、大部屋モンハウなど緊急脱出に非常に便利。
      中洲へ水棲・浮遊モンスターを誘導して飛びつくことでアイテムを入手したり
      多少運は絡むが空域や水グモを装備せずに水路の上に乗るように飛びつくと、着地後の高飛びで強引に移動も可能。
       
      他にも移動時間短縮、泥棒に利用など、ポテンシャルの高さは超一級。
      ただし動かずの印を持っていると効果が無い事と、杖自体を投げても効果が無い事に注意。
  • 場所替えの杖
    • 魔法弾が当たったモンスターと場所を入れ替える杖。
      気配察知と相性がよく、また大部屋モンスターハウス時の立ち回りに便利。
      浮き島へ水棲・浮遊モンスターを誘導して場所換えすることでアイテムを入手できる。
      また、杖本体を投げる事によって同じ効果が得られるので、遠投の腕輪と組み合わせて使うことで更に用途の幅が広がる。
       
      ただし例によって動かずの印を持ってると効果が無いので注意。
      飛びつきの杖か、こちらかどちらかを携帯していないと手詰まりになるケースは多々ある。
  • 身代わりの杖
    • 魔法弾が当たったモンスターを身代わり状態にする杖。
      今作での身代わりは敵の視界内にいないとシレンへの狙いを逸らさない。
      しかし足止めとしては依然優秀で、特に大部屋では威力を発揮する。
      身代わり時は混乱(封印)効果も兼ねる為、攻撃的に使う事も可能で、
      封印の代用や、8分の1で攻撃を喰らう可能性はあるがパワーモンスター処理にも使える。
      当然ではあるが敵のレベルアップには十分注意すること。強引に敵のレベル上げにも使う場合は別。
  • かなしばりの杖
    • 魔法弾があたったモンスターを金縛り状態にする杖。
      部屋の入り口を閉鎖することで敵の追尾を振り切ったり、その部屋でHP回復ができたり使い勝手がいい。
      またマゼルンを利用して武器にかなしばり印をつけられる。合成するつもりなら回数0にしても良い。
      シャインバードに注意が必要だがイッテツ戦車を確実に1ターンで処理できる唯一の杖でもある。
  • 一時しのぎの杖
    • モンスターの処理用としては名前通りの微妙な効果なのだが、
      気配察知の腕輪と合わせることで階段の位置を判別するのに使うことが出来る。マップをよく見ておく事。
      また場所換えの杖と相性が良い事も覚えておくと便利である。
      凶悪な敵が出現するフロアでの即降りに便利なので、終盤までにある程度の数を集めておきたい。
  • トンネルの杖
    • 魔法弾を壁に当てるとHITした時点から直線10マスを掘る杖。斜めは無効。
      二択屋必勝、掘った壁の中でやりすごしたり、移動時間の短縮や
      泥棒時の脱出経路の開拓、壁の中のアイテム発掘と使用用途は豊富。
  • 封印の杖
    • 魔法弾が当たったモンスターを封印状態にする杖。特殊能力を封じ、オーラ消す。
      ちなみにギタンマムルの通常攻撃1ダメージ化も封印できる。
      危険な特技持ちには積極的に使っていきたいため、常に1、2本もっておきたい。
  • 鈍足の杖
    • 魔法弾が当たったモンスターの速度を1段階下げる杖。
      鈍足状態にすれば直接攻撃のみのモンスターは無傷で倒せるようになる。
      倍速モンスターには鈍足にするまで数回振る必要があるのが玉にキズ。

札は緊急回避に向かないので、外れてもいいように余裕を持って投げるようにしておく。
加速やイカリやオオイカリの札があるので後半未識別の札を使うときには注意。
遠投の腕輪と組み合わせると非常に強力なのも特徴。

お勧めの札
  • ゾワゾワの札
    • 札を投げて当たったモンスターとその周囲にゾワゾワの効果をあたえる。
      攻撃を後ろに向けて行うようになるので、安全にモンスターを倒すことができる。
      またゾワゾワ状態では特技を使わない。遠距離技を使う敵の処理にも便利な万能札。
      同士討ちで敵のレベルを強引に上げさせる等のトリッキーな使い方も出来る。
  • 睡眠の札
    • 札を投げて当たったモンスターとその周囲に睡眠の効果をあたえる。
      他の状態異常に比べて少し効果時間が短いが、それでも6ターン行動不可というのは強力。
      武器が弱かったり3方向印がない場合は、6ターン以内に敵を処理しきれないことも多い。
      また倍速モンスターでは僅か3ターンで効果が切れてしまうので注意しよう。
      複数相手にする時は、鈍足の札を続けて投げて効果時間を延長したりも。
  • 鈍足の札
    • 札を投げて当たったモンスターとその周囲を行動速度を1段階下げる。
      効果が永続なのが強み。鈍足状態にすれば直接攻撃のみのモンスターは安全に倒せるようになる。
      特技を使う敵も遠距離タイプでなければヒットアンドアウェイで倒すことができる。
      ただ倍速・倍速2回攻撃、黄色オーラ持ちには2,3回当てないと鈍足に出来ないため緊急には不向き。
      計画的に使ってしまう方が賢い。
  • 空振りの札
    • 札を投げて当たったモンスターとその周囲に空振りの効果をあたえる。効果時間も長めで脳筋系のモンスターには特に有効。
      空振り状態は、特技は普通に使ってくるので注意すること。
      ただ、逆にそれを利用して、フワッティー種や、バナナ変化の特技を受けたいときに使うことも出来る。
  • 混乱の札
    • 札を投げて当たったモンスターとその周囲に混乱の効果をあたえる。
      例によって同士討ちや、混乱中でも殴られる可能性はあるものの
      行動不能型としては、状態変化内では最も長い効果時間のため逃げるのにかなり有効。
      本作の混乱は全く当てにならないため戦闘用の札と思ってはいけない。
      だが、もう1つの札を併用する事で、相手から全く攻撃を喰らわずに済む方法がある(意外と知られていない)
      それは影縫いの札である。これと併用すると何故か、攻撃を喰らわずに済む。狙って行うものでは無いが知っておくだけで行動範囲が広がる。
      面白い使い方として、序盤で通路にあなぐらマムルを三匹程度誘い込み、混乱の札を投げるとかなりの高確率で洞窟マムルを作ることができる。(それぐらい同士討ち率が高い)
  • 影縫いの札
    • 札を投げて当たったモンスターとその周囲に影縫いの効果をあたえる。
      足止め10ターン程度、敵の特技や攻撃無力化する効果なしと一見使えない札に思えるが、
      逃げの一手や隣接系モンスターの処理(矢や角抜けなどで)に重宝する。
      後、意外と知られていないが、敵が目つぶし・混乱・身代わり状態で影縫いの札を併用すれば、攻撃を喰らわずに済む(効果が切れる前に限る)。 狙って行うものでは無いが知っておくだけで行動範囲が大きく広がる。
  • 封印の札
    • 札を投げて当たったモンスターとその周囲に封印の効果をあたえる。
      効果は永続だが封印したい相手が遠距離型だといまひとつ感が残る。
      しかしうまく巻き込んで当てる事が出来れば軸をあわさずに封印できるというのが利点。
  • 加速の札
    • マイナスアイテムだが、強力印である連続攻撃印をつける為の材料となる。
      余裕があるのならば、加速の杖・加速の札は捨てずに持っておきたい。

合成素材として重要なため、識別の壺や店が出れば店価格で絞り込み、可能な限り無駄にしないようにしたい。
が、店が出ないからといって、持ち続けても他のアイテムをおいて行く羽目になり手持ち無沙汰になりかねない。
所持と相談し食識別も思い切っておこなっていこう。
ただし2択屋で出る草だけは絶対に食識別しない事。最悪の事態になる可能性大。

売値105・35は武器に、売値175は盾→武器の順で未識別のままマゼルンに食わせて良い。
アイテムが持ち切れない・同種が2個ある場合のみHPが満タンの・周りに敵がいないときに飲んで識別する。
狂戦士が未識別の場合は、店のあるフロアでは飲み識別しないように。店主を殴りに行ってしまう。
また、壁抜けの腕輪を必ず外してから飲むこと。狂戦士になった場合、問答無用で壁の中に入っていくため非常に危険。

めぐすり草はMH対策、ワナ利用、一ツ目特効などに使えるが、盾の避けアップ印にもなることは忘れやすい。
9F〜11Fで出るお化け大根がドロップする草は毒草なので識別しやすく引っかかることはあまりないだろう。

稼ぎテクニック

今作は12〜14Fのマゼルンゾーンを抜けるまでに有効な印、装備を揃えないと20F以降が非常に辛い。
序盤でしっかりと稼いでおくと非常に安定するので、可能な限り面倒でも稼いでおこう。
4F以前に白紙の巻物を入手できたときは魔物部屋の巻物に変えて一気に稼ぐと稼ぎモードに移行しやすい。

矢稼ぎ(木の矢・鉄の矢・毒矢)

バナライズ

雑草畑

ひとくいデビル狩り(デビル種狩り)

デスヘッド&ドドズドン狩り

二択屋で荒稼ぎ


階層別攻略

1-5F

多少面倒だが、アイテム欄に余裕があるうちはギタンは全て足元交換で手持ちにしておくほうがお得。
所持金が0の時に困ったときの巻物を読むとお金がもらえる。
あなぐらマムルに振った杖が幸せの杖だった時にギタン投げで倒すためにも使える。
12-14Fのマゼルンゾーンでの合成素材を集めるために拾った草や巻物はできる限り店で値段識別しておきたい。

6-10F

畠荒らし、タベラレルー、フレフレハムポン、おばけ大根など、特殊能力が強力なモンスターがこのあたりから出現する。
畠荒らしが出る6〜7Fでは矢稼ぎなどで部屋に留まらずに一旦フロアのアイテムを全て回収しよう。

11-15F

ばくだんウニが登場。バナナが腐っていたり、軒並み青かったりしたならば、危険度は高めだが爆発を利用して焼いてもらうのもあり。
攻撃してダメージが30弱程度だと2撃で爆発してしまうのでこのような場合は石や素手でダメージを調整する。
火力が高い+厄介な特殊攻撃を放つヤンぴーも出てくる。
ウニ爆発でHPを1にされ、視界外のヤンぴーにブッこまれて死亡はよくある話なので見渡すことを怠らないように。
ここまで来ると回復速度も遅くなっている確率が高いので重傷は避けたい。
12-14Fでマゼルンが登場する。重要な合成チャンス。
武器に水棲特効、印に余裕があれば浮遊特効や状態異常印を数個つけておくとこの先の戦いが楽になる。
マゼルン種は、睡眠・封印・かなしばり・バナナの皮のスリップ状態では投げたアイテムを飲み込まないので注意。
身代わり・ 混乱・ゾワゾワ・狂戦士・無気力状態は飲み込む。極力、正常な状態で合成するに越したことはないが。
シレン4では[異種合成素材→装備]の順でないと識別されないので注意。(シレン5では順番関係なく識別されるが)
また大根に続き、毒サソリが出る。背中の壺があれば構わないが
所持していない場合は、毒消し草はここを抜けるまで取っておく方がいいだろう。
14Fからはギャドンが出現する。13Fの階段を降りる前に保存の壺に杖を詰め込んで迎え撃ちたい。

16-19F

ホノオポフで焼きバナナ作成可能。バリズドンの攻撃は絶対に食らわないように動こう。
まわるポリゴンの最大値下げはうっとおしいが、致命的ではない。
バリズドンにしあわせの杖を振って、ドドズドンまでレベルアップさせて稼ぐ事も可能。成長の種と併用出来れば完璧。

20-26F

序盤の難関である。
20Fからギャザー、オヤジ戦車、21Fからドラゴン登場。
ギャザーはほぼ直接攻撃しか対処手段がない難敵。基本的には自己強化・回復系道具で正面から殴りあうしかない。
対策は水棲特効印である。パワーアップ草やすばやさ草も有効。
直接攻撃しかしてこないので、壁抜けの腕輪・回復の腕輪などがあれば楽。
武器攻撃ならば、会心や睡眠などの状態異常も効果がでる。
ギャザーに効かない道具を他のモンスターとの戦いで使い、HPは極力減らさないようにしたい。
オーラ持ちだったりしたら高飛び・飛びつき・場所がえなどで逃げるのも手。はさみうちには気を付ける。
他の敵をかなしばりや鈍足などでバリケードにして足止めするのもいい。
ドラゴンは火力・耐久力共に高い。正攻法では戦わずアイテムで対処すること。
通路なら距離を置けば炎を吐かれないので投擲物を使用できる。バナナの皮も有効。かさばるのでどんどん使おう。
ギャザーのみならず同時出現モンスターの火力が一気に上がる。そしてそれをガンバレハムポンが支援するというフロア。
ドラゴンとギャザーが特に厳しく、倒す度に長時間の足踏み回復や回復アイテムのお世話になってるようなら
間違いなくジリ貧なので即降り気味に27Fまで行ってしまうべき。
(25F-27F)までマゼモンが登場する。
27Fからドラゴンとギャザーが居なくなるが、代わりにエリガンが26Fから登場する。
合成次第ではドラゴンとギャザーの方が楽なので、マゼモン目当てに長居するフロアは考えておきたい。
気配察知・壁抜けの腕輪などがあり、敵との戦闘が楽なら、22-24Fでみどりトドが出るので狩ってアイテムを集めるのもいい。
壁抜けの腕輪を装備している場合は21-24Fに登場する親衛ヤンぴーに注意。
部屋でぶっこみをされた場合、壁に埋もれて最悪戻ってこれなくなる。部屋内で敵を確認したらまず見渡す事。

26-30F

テーブルがグレアバード、ガラ中流魔道士などに入れ替わる。前層よりは楽だが気は抜けない。
エリガンの攻撃力が脅威。だが、矢やアイテムが効くのでドラゴンやギャザーよりは対処しやすい。
またウニ系も出現するので、爆印が無い場合は素手や石でダメージを調整しながら戦うか封印か金縛り。
バナナ変化に保存の壺をバナナにされるときつい。逆に捨てアイテムを持って食糧補給をしてもよい。

30〜

スーパーゲイズ(〜31F)、ガンコ戦車、チェインヘッド、とりこむゾウ、鬼サソリが強敵。
特にモンハウなどでとりこむゾウが出ると緊急回避アイテムが効かずに惨事になることあり。
ガンコ戦車は爆発半減印を入れていない場合、アイテムを惜しまないほうがよい。
36階から39階にかけて脳筋モンスターが減り、多少は楽になる。
ゴロズドンの攻撃でHP半分以上持っていかれる可能性があるので、通路では移動に注意を。
31階から40階にかけてンバマが発生するようになるので、所持アイテムとこの階層で入手したアイテムは区別するように。
37〜38Fはホラーラビとクダカレルー重複フロア。ドレッドラビが誕生すると対策がないと確実に詰むので即降りを推奨。

39F

スチームロイドとカエンポフが共存。
デロデロの湯を作らせて投石や弓矢のミスからくさったバナナを量産して焼けば、最大満腹度を稼ぐことが可能。
食糧難気味の時はドレッドやヤンぴーのいないこのフロアが稼ぐチャンス。

40F-46F

パワー系ユニット多し。41Fからキラーギャザーも出現。基本的にはダメージを受けないように戦う。
オーラ持ちだったりしたら高飛び・飛びつき・場所がえなどで逃げるのも手。はさみうちには気を付ける。
他の敵をかなしばりや鈍足などでバリケードにして足止めするのもいい。
42Fからオドロも出現。出会い頭に印をはがされると泣ける。
殴り合いは避けたいところだが、この後の合成ゾーンのために合成材料や強化値のある装備を集めておきたい。
44Fぐらいから出現するカタナバチの即死級の特技に注意、防御30ぐらいの盾で100を軽く超えるダメージを受ける。
石や矢で削り、一撃で切り伏せること。
高級店がちらほら出現するようになる。
二択部屋と違い、道具感知の腕輪でもアイテムが3つ並んでいるのがわかる。
まともにやっても買える値段ではないので、トンネル+飛びつきで盗むほうが妥当だろう。
すばやさ、トンネル、飛びつき、場所がえ、などは常に持っておくと良い。

47F-49F

(47-49F)にかけてマゼゴンが出現する。
(46-50F)のおにぎりアナグマとハラモチの盾or印があればかなり粘れる。
この辺りまででメイン盾に催眠無効・魔法変換印をつけておきたい。
動かずの盾は合成はせず、サブとして単体で持っていよう。後述のドレッドラビゾーンを抜けたら捨ててしまってもいい。
階数的には折り返し地点まで来たのでそろそろ深層に向けて有用なアイテムを集めていこう。もちろん、もっと早くから準備してもよい。
ねだやし用の白紙や動かずの盾は重要。トカゲの盾は合成せずに(82-87F)のアークドラゴン対策に十分に育てておきたい。
爆発隠の盾は、(65-67F)ゴウジョウ・(94-99F)イッテツ対策に多少育てるか合成するかしておきたい。
魔法変換が無ければオーラ消しの巻物を(54-57F)ガラ上流魔道士(75-77F) ガラ貴族魔道士対策に持っておきたい。
ここまで来るとどのモンスターがオーラを持ってもきついが、特にガラ魔導士種が倍速オーラだと何もできずにやられる可能性が高いためだ。
あかりの巻物・身代わり・飛びつき・場所がえ・高飛び・トンネルの杖も出来るだけ確保しよう。深層で逃走するのに使用する。
杖は同種を合成してまとめておき、アイテム欄を空けていこう。
いやし草・困ったとき・背中の壺といった回復アイテムを貯め込んでいきたい。弟切草や焼きバナナは早めに使ってよい。
バナナの罠が出るので、めぐすり草・ワナ消しの巻物による罠対策も重要になってくる。
開幕モンスターハウスや、アークドラゴン出現階層で使用したい。
遠投の腕輪を見かけたら確保。モンスターハウスや、シャインバード・みだれ大根対策に使える。
睡眠よけの腕輪は(63-65F)のねむり大根に有効。
毒消しの腕輪はねむり大根・みだれ大根の対策になる。
ねむり大根・みだれ大根はシレンが状態異常になったら毒草を投げて鈍足にしてくるがそれを防ぎ、生存確率が上がる。

50F-53F

(50-53F)のタイガーウホーンが(51-53F)のノロージョの母を投げつける油断できない階層。
それ以外は比較的平和な階層。アイテムを回収しておきたい。

54F-58F

即降り推奨階層。
(54-57F)のガラ上流魔道士に注意。部屋にモンスターがいるのがわかったら必ず見渡すこと。
狂戦士の効果が出てしまった場合はエリガガンなどのパワーモンスターがおり、死が見える。
魔法変換が無ければ即降り推奨。倍速オーラでも来れば対処する間もなくやられることも。
あればオーラ消しの巻物を読んでおくといいだろう。
51Fから全国の風来人を泣かせたバナナのワナがついに登場。
どんなにいい装備が揃っていても踏めば終了の可能性大。階段を目前に踏むと目も当てられない。注意しよう。
(56-58F)に物荒らし、(57-59F)にたまらんガッパが徘徊している。
59階まで即降り推奨。アイテムはまともに拾えない。物荒らしは雑草を飛ばして壺を割ってくるので注意。
高攻撃力で壁抜けがあっても対処しづらいギガヘッドや、広範囲から投石してくるデブートンも辛い。
ギガヘッドは壁の中で攻撃するのが良い。

59F

次の階から(60-62F)のドレッドラビが出現する。動かずの盾を装備してから階段を降りること。
(59-61F)にハイパーゲイズ。ややゲイズの盾の催眠無効が無いと詰む可能性がある。接近を許さず、慎重に対処すること。
この階もまだカッパがうっとおしいので即降りでいい。

60F〜

(60~62F)にかけてドレッドラビが出現する。
ドレッドラビはあらゆるアイテムを駆使する事。動かずの盾が無ければねだやしも考慮すること。
投擲ゆえにミスが多いので金縛りの杖で2体以上直線に並べて投げつけたいが、ドレッドラビの場合は中々難しい。
混乱・バクスイ・困ったときの巻物あたりを使えばチャンスがある。
(63-65F)ねむり大根
(65-67F)ゴウジョウ戦車
(66-71F)ギャンドラー
それぞれの対応アイテムは以下。
・ねむり大根/睡眠よけの腕輪(毒消しの腕輪)
・ゴウジョウ戦車/爆発隠の盾
・ギャンドラー/ややギャドンの盾
ねむり大根は壁の中までは投擲できないが、極力、遠距離で対処した方が無難。
白紙の巻物があるならねむり大根をねだやせば(90-95F)のみだれ大根も消えていなくなる。
投擲ゆえにミスが多いので金縛りの杖で2体以上直線に並べて投げつけよう。
睡眠よけの腕輪があるのなら無害化できるばかりか眠り草を投げてもらう事で満腹度回復が可能。
ギャンドラーは壺を吸い込んで回数を0にし、中身を消滅させるという凶悪な能力。壁から攻撃するか、アイテムを使おう。
(61-80F)にかけてンバルーンが出現する。
ンバマ同様、拾ったアイテムはちゃんと区別すること。
また、ンバルーンはたまにンドゥバの能力を持っていることがあり、拾おうとした瞬間即座に攻撃してくることがある。
攻撃力も高いので、極力HPが少ない状態でアイテムを拾ったり使用したりしないように心がけること。
(62-64F)ではツインクルバードが出現。浮遊特効がない場合は2匹以上沸いた際に延々回復されてしまい打撃で敵を倒すのが困難になる。
投擲は効かないので杖を使うか、遠投ギタン投げや札の効果範囲に巻き込むなどして対処しよう。
(65-67F)にアイアントド (68-70F)にマゼドンが出現。狩ってアイテムを補給したり合成をしておこう。
これ以降マゼルン系は物欲ハウス以外で出ないので異種合成のラストチャンス。

70F-

69Fから出現するダイトウバチの混乱刺しに警戒。盾の強化値によっては悪い冗談のようなダメージを食らう。
(72-80F)までヘルギャザーが登場し続ける。対応手段は限られるため、装備に自信が無いなら早め早めに進んだ方がいいだろう。
オーラ持ちだったりしたら高飛び・飛びつき・場所がえなどで逃げるのも手。
他の敵をかなしばりや鈍足などでバリケードにして足止めするのもいい。はさみうちには気を付けよう。
(75-77F)から出るガラ貴族魔道士は要注意。バナナ化と鈍足を重ねがけされると詰むので全力で対処する。
魔法変換が無ければ即降り推奨。倍速オーラでも来れば対処する間もなくやられることも。
あればオーラ消しの巻物を読んでおくといいだろう。
他にもアイテムを2つ呪うノロージョの婆、印をはがすチドロ、壺の中身を消すギャンドラー
強力固定ダメ特攻の総長ヤンぴーと危険な相手が多い。
部屋内では見渡すを使い、相手に応じて行動を変えて行こう。
ガラ貴族魔道士、総長ヤンぴー以外に遠距離から攻撃してくる相手は居ないので落ち着いて行動する事を前提にすれば
フロアをじっくり探索する最後のチャンス。
82F以降は遠距離攻撃に悩まされるので回復の腕輪だけでは苦しい。
背中の壺やいやし草があれば大切にとっておこう。

82F-

ここからは全力でゴールまで即降り一直線で。
アークドラゴン・デブーゴン・おてあげガッパといった、広範囲遠距離攻撃持ちの多い危険すぎる階層。
この階層ではまともに戦うより身代わり・飛びつき・場所がえ・高飛び・トンネルなどを駆使して全力で逃げる方がいい。
(82-84F)におてあげガッパ (82-87F)にアークドラゴン (86-89F)にデブーゴンが出現。
アークドラゴンが出現する。
成長したトカゲの盾があるか、炎半減印に加えて十分な回復アイテムが確保できているのであれば切り抜けられる。
回復アイテムが少なかったり、対策が不十分である場合や、同フロアに倍速オーラのアークや複数アークが
居れば相当厳しいことになる。
あかりの巻物や一時しのぎの杖を使って階段を見つけて即降りしてもよい。最悪の場合ねだやしてしまってもいい。
バナナのワナを踏むとアークドラゴンの炎で即死する。
めぐすり草、ワナ消しの巻物、ワナチェックで極力バナナのワナを踏まないようにしたい。
おてあげガッパが遠慮なくアイテムを投げてくる為、保存の壺に空きを作って受け止める可能性は作っておく事。
封印や狂戦士、祝福ギタンが当ると目も当てられない。
(81-83F) のシハン。 遠距離軍団に紛れて目立たないが十分に危険な手合い。装備を弾かれてロストの危険もある。注意しよう。
(88-93F)のギタンマムルは硬いがHPが低いのでデブータの石等の固定ダメージ攻撃で楽に倒せる。
石が無い場合、ギタン投げや吹き飛ばし・トンネルの杖が効く。
倒すと絶対に落とす2000ギタンは可能な限り壺に詰め、90F以降の厄介な相手に備えたい。
87Fはバナナ元締とアークとの即死コンボ地帯、さらに86F-87Fはデブーゴンとアークとの固定ダメージ重複地帯。
階段を見つけたら躊躇わず進む事。足踏み回復をする余裕などない。
ちなみに、デブーゴン、アークともに射程内に身代わりがあれば特技を使用してこない。身代わりは惜しまず使っていこう。

90F-

気配察知+一時しのぎの杖で階段を探してどんどん進もう。厄介なマップだったらトンネルの杖やあかりの巻物を使おう。
この階層ではまともに戦うより身代わり・飛びつき・場所がえ・高飛び・トンネルなどを駆使して全力で逃げる方がいい。
(90-95F)にみだれ大根 (93-99F)に大物荒らし (94-99F)にイッテツ戦車 (95-99F)にゲンナマゲイズ
シレン4を代表する最高に嫌らしいモンスター達が勢揃いでお出迎え。
特にみだれ大根は気配察知を持っていても対応できない可能性があるので、ここから一気に致死率が高まる。
三種の腕輪が揃っていても、みだれ大根の狂戦士→毒草コンボや、
部屋に入った瞬間に遠くに居たゲンナマの催眠等で何も出来ずに死ぬ危険性は常に付きまとう。
壁の中にいてもお構いなしに砲撃してくるイッテツ戦車が登場すると、壁の中から様子を見ることすら困難になる。
イッテツが居ない時に壁の中から殴ればいいと思っても、攻撃した瞬間シャインバードが飛んできて敵を回復する。
さらに、90F以降から開幕大部屋モンスターハウスの出現率が前階層に比べてはね上がる。
運が悪いと2、3回連続で来ることも。一瞬たりとも気を抜いてはいけない。
今までに手に入れた飛びつきや身代わりといった緊急脱出用のアイテムをフル活用して即降りしよう。ゴールはもうすぐそこだ。
ギタンマムルの落とす2000ギタンやゲンナマゲイズの落とす5000ギタンは、出来るだけ保存の壺に詰めておこう。
投げ当てれば敵は簡単に始末できる。シャインバードにも遠投ならば通用する。(もちろん投擲命中率が低いことには注意すること)
この階層では敵を一撃で倒せないとたいていシャインバードが回復に飛んでくる。遠投や札の効果範囲に巻き込むなどして対処しよう。
みだれ大根の草投げは射程が5マスと長い上にこちらが通路に居ても認識して投げてくる。
うっかり壁抜けの腕輪を付けたまま狂戦士化されてしまうと、壁の中へ突き進んで自滅することになる。
ただし、壁の中までは投げてこないのでHPに余裕があるなら壁抜けで壁を潜りながら進んだ方が安全なことも。
白紙の巻物があるのなら、迷わずねだやしにしてみだれ大根に使う事を推奨。
外したら泣けるので、余裕があれば金縛りなどを駆使して同種を一列に並べてから根絶やしを投げたい。
白紙の巻物が無い場合は遠投の腕輪を装備しつつあかりの巻物か気配察知の腕輪を使い
近くの赤い点の5マス以内にはいらないようにしながらがみだれ大根かどうか矢で撃って進もう。
みだれ大根だった場合はそのまま矢や高額ギタン投擲で倒してしまえば良い。
または毒消しの腕輪があれば毒草投げを無効化出来る為、生還率が大幅に上がる。持っている場合は是非装備しておこう。
白紙の巻物が余っているようなら、モンスターハウスに備えて全滅用に確保しておくか
みだれ大根地帯を抜けた後にイッテツ戦車やゲンナマゲイズといった対処の難しいモンスターをねだやそう。
イッテツ戦車は爆発半減があっても、バナナ罠による即死やシャインバードの増殖コンボが怖く、
一方のゲンナマは厄介ではあるものの5000ギタンドロップがおいしいため、基本的にはイッテツのねだやしを推奨。
モンスターだけではなく、ワナにも十二分注意すべきである。
たたりのワナで対策アイテムを封じられでもすれば目も当てられない。
バナナのワナや睡眠ガスによる即死とも隣り合わせなので、余程余裕があるか切羽詰まった状況でもない限りワナチェックは怠らないように。
注意:ニセ階段、「階段のワナ」が出る。
見た目は階段だが、踏むと別のワナに変化して効果発動という迷惑極まりないワナ。
気配察知+一時しのぎの杖で階段を探すといい。
今回は、矢や石で偽物かどうか判断できない。
周りに敵がいない場合はダッシュで見分けることは可能。
座標を一マス分ずらした状態で階段に向かってダッシュを行い、
シレンが階段の斜めの位置で停止したら本物、上下左右の位置で停止したら偽物である。
また、偽階段自体ワナの一種なのでワナ消しの杖・巻物で排除することも可能。

登場モンスター

出現モンスターデーター 一覧

出現モンスター
出現階名前HP経験備考
1-2マムル5213特に無し。杖を振っても安全
1-3タネッコ6345特に無し
1-20ひとくいデビル502312100フロアに居座り続けると出現する。
やや強いがドロップ率・質が非常に良く、矢を惜しまなければ十分狩れる。
狩る事でクリアに直結する事も少なくなく、食料と相談しつつ狩ると良い。
2-4チンタラ7714特に無し。少しだけ攻撃力が高い
2-4あなぐらマムル9636幸せの杖を当てると危険だが、うまく倒せば経験値も稼げる。
不幸の杖も識別できるので杖の識別はコイツが便利
3-5ピョコダイル199412部屋の中では桂馬移動、固定10ダメージののしかかり攻撃。
装備が無い場合は囲まれないように戦うこ。
4-5イカキング19848目の前1マスに目つぶし攻撃。水路移動なので浮き島がある場合場所換えが期待できる。
特技をわざと喰らい、目つぶし中に読もうとすること事で
未識別の巻物でも、選択式かそう出ないかを判別できる
4-7バナナ見習い1611515攻撃力が少し高めで盾なしだと辛い。
幸せの杖があればレベルを上げて、バナナ投擲で一気にレベルを上げれる。
アイテム次第ではバナナ量産も可
5-9コガタナバチ1513113攻撃後たまに後ろ1マスに下がる。特技の混乱針が痛い
通路で戦うことで混乱効果のリスクは少し下げれる
6-7畠荒らし2312718部屋のアイテムを雑草に変化。シレンと隣接しない限りアイテムを狙う。
いらないアイテムをわざと雑草化させる事で僅かずつでも満腹度回復できる。
6-8ボウヤカート169418倍速1回攻撃、木の矢射出。盾が強ければわざと打たせて矢集め可能
7-11アイアンヘッド321610452マス攻撃と力溜め攻撃。攻撃力が高く盾が弱い場合は脅威
8-9タベラレルー84228敵に優先的に倒される。シレンが倒すとアイテムドロップ。
チェインヘッドができる可能性があるので見かけたら矢を使ってでも殺す。
アイテムも入手できるので取り逃さないように
8-10フレフレハムポン13531隣接ユニットの攻撃力を1段階強化させる。更に踏ん張り効果をあたえる(HPを1で留まらせる)
アイアンヘッドやボウヤカートの後ろにいるとめんどくさい
8-12ンドゥバ2022415アイテムに化けている。攻撃力高め
9-10クロスカート2412630倍速1回攻撃、鉄の矢射出。
シレンとの間にいるモンスターを倒してレベルが上がりやすい。
シレンの動きには注意を
9-11おばけ大根30131135直線射程2マスの毒草投げ。倒すと毒草を落とすので草の識別に。
毒消しの腕輪があれば毒草投げを受けて満腹度を回復できる。
対応する防御腕輪がある場合、めまわし大根や眠り大根にして草を狙うことも可能
10-11カラス天狗3251116他のモンスターに擬態。攻撃的なハムポンがいたら天狗
11-13ばくだんウニ6214715与ダメ35で固まり50で爆発。バナナを焼けるが、安全とはいえない
11-15ヤンぴー3823771攻撃力が高め。直線上に固定10ダメージの吹き飛ばし攻撃。
吹き飛ばされる距離はブッ込まれた時の2倍。
壁に当たった場合は1マスまでめり込んで10の追加ダメージ
12-14マゼルン4515933合成モンスター。2個合成。最初の合成チャンス。
一部の状態異常時には飲み込まないので注意(自然睡眠含む)
12-14毒サソリ35181253力を1下げる。特技は極力喰らわないように立ち回ろう
12-16デブータ47218100射程2の固定ダメージ20の投石。
この時点ではかなりのダメージなので対応はしっかりと
13-15フワッティー331411383体固まって仮眠状態で出現。
3体に囲まれると特殊能力でフロアを強制移動させられる可能性がある。
最大3フロア飛ぶためマゼルンゾーンで飛ばされないように
14-16ギャドン48221790杖をついばんで使用回数を0にしてくる。
杖を壺に避難させればついばまれない。隣接されそうなら杖を使ってでも倒す
15-17まわるポリゴン37161166HPor満腹度最大値減少。目の前に回り込むように移動する。
満腹度減少はそこそこ痛いがアイテムは温存して戦うべき
15-19バリズドン635025150鈍足だがこの階層では飛び抜けて攻撃力が高い。
通路の出会い頭一撃が怖い。3回ダメージを受けると範囲1マスに雷を落とす
16-18フラッシュバード31111857他の敵のHPを回復する。見かけたら倒しておくこと。
投擲アイテムは燃やして無効化してしまうので注意
16-20ワキザシバチ462714200混乱刺しが非常に痛い。できるだけ通路で戦うこと。
混乱を食らったら足踏みで回復が望ましい。
17-19ホノオポフ431818120射程1ダメージ20の炎を吐いてくる。くさったバナナがあれば焼いてもらうと良い
17-19ガマグッチ5123710ギタンを盗んでくる。
落とした金はギタン投げに使えるので一旦おいて置いてもいいかもしれない。
落ちてるギタンからは動こうとしないので距離を取って投擲で倒せば無問題。
18-20イカだいおう552315110スミは他の敵がいると怖いが、単体だと攻撃力が低く戦いやすい
19-22アズキッコ533316260特殊能力はないが、これまでの階の敵より攻撃力が高い
20フォーリー30141030倍速1回行動+壁沿い移動。
以降の階でもレベルの上がったものが出現。
赤は攻撃反射・青は落雷・緑は回復返し・紫は状態異常返し。
序盤では落雷の固定ダメージがかなり痛い
20-21ガンバレハムポン34151050隣接ユニットの攻撃力を2段階強化させる。更に踏ん張り効果をあたえる(HPを1で留まらせる)
ドラゴン・親衛ヤンぴーも痛いが、ギャザーと組むと最悪
20-22オヤジ戦車602517160鈍足、直線状にダメージ20の爆弾攻撃。
爆風を利用してくるので立ち位置には気をつけること
20-26ギャザー683623400通常攻撃以外の効果を全て2ダメージに変換。序盤の難敵。
壁抜けの腕輪、水棲特効の印、会心の印、正面3方向の印を使った通路の角での攻撃
すばやさ草、パワーアップ草などの対策が出来ないときは逃げた方が良い。
21-24親衛ヤンぴー494413310攻撃力がかなり高い。吹き飛ばし攻撃は固定20ダメージ。
壁には2マスまでめり込む。めり込むと20の追加ダメージ。
矢を打つときは後ろの壁までの距離に注意
21-25ドラゴン8045231000直線にダメージ30の炎攻撃。
HPや攻撃力も高いがアイテムドロップ率が高いので対策がある場合は倒すのも良い
21-45むらぐいデビル7560251000フロアに居座り続けると出現。ドロップ率・質ともに良
ただしかなりの攻撃力なので無理をして倒さないこと。
22-24みどりトド55171124今作では分裂しない模様。
アイテム入手のため見かけたら必ず倒しておきたい
23-25ノロージョの姉522415170アイテムを呪ってくる。壺や装備が呪われると辛いので呪われないように
23-26大チンタラ574715480これといった特徴はないのだが
ドラゴン以上の攻撃力の持ち主なので油断しないように
25-27マゼモン552613130アイテムを3個まで飲み込める。
武器に2回攻撃の印をつけるチャンス
25-27ゲドロ4312780剣か盾の強化値を2下げる。
メッキして無い場合は装備をはずして戦っても良いが
基本的には1撃で倒せる位の攻撃力が無いとこの先辛い
26-28ばくれつウニ832210110爆印が無い場合は不用意に殴らないこと(固46爆67)。
あってもそろそろ回復が辛くなってくるので戦闘時には注意
26-30エリガン7860231200これまでの階層の敵と比べて攻撃力が段違いに高い。
特殊能力は無いが、HP・防御力も高く、弱点もない。真っ向勝負は極力避けよう
27-29ガラ中流魔道士512118170混乱・目つぶし・20ダメ・一時しのぎの魔法を使う。
見渡すを使って軸に入らないように対処すること
27-30グレアバード432025200周りのモンスターのHPを60回復。見かけたら倒すこと。
他のモンスターの後ろにいるようなときは別のモンスターに札を当てて効果を出すこと
28-30バナナ変化583218330アイテムをバナナ化。出会い頭に保存などを変化されると辛すぎるので
床に置いてフロアを移動するなど対処を。
毒矢で攻撃力を下げれば安全にいらないアイテムをバナナにしてもらえる
28-32パコレプキーナ663615210壁抜けフラフラ移動。攻撃力はそこそこだが通路で出会うと辛い
29-33チェインヘッド846019900攻撃力はエリガンと同等。2マス攻撃・力溜め。
角抜け攻撃のため壁抜け戦法も通用しない難敵。
溜め攻撃は絶対に受けないように。一つ目特効があれば楽
30フォーリー30141030倍速1回行動+壁沿い移動。
赤は攻撃反射・青は落雷・緑は回復返し・紫は状態異常返し。
30-32鬼サソリ703425360力を2下げる。
1度でも食らうとシレンの攻撃力が結構下がるので使われないように対処を
31-32スーパーゲイズ491917190正面の敵に催眠術。対策が無い場合絶対に隣接しないこと
31-35とりこむゾウ483217320状態異常無効化+HP全快+攻撃力2段階UP。
状態異常武器を使っているときは止めをさせる状況を作ってから殴ること
31-35ガンコ戦車753720400直線30ダメージの大砲射出。
モンスターを巻き込んでレベルを上げないように注意
爆発半減印がない時はダメージが痛いため36Fまで即降り推奨。
31-40ンバマ475311100アイテムに化けている。事故死の元なのでコイツが出る階層は要チェック
33-35タイガーウホホ683918350見た目に反して攻撃力はそれほど高くない。
部屋から通路に逃げ込んでも後ろにモンスターを投げられる可能性があるので
通路で戦う場合はさらに1歩下がること
33-35おどるポリゴン613217320HP・満腹度下げは後半で地味に響くので嫌らしい。
しかしできるだけアイテムを使わずに対処したいところ
33-37ゴロズドン8880351100鈍足だがやはり攻撃力が異常に高い。
赤オーラなどは通路の出会い頭で当たると死ぬ可能性があるので注意
34-36デブーチョ723822840射程4の固定ダメージ20の投石。
見えないところから投石してきたら、一旦広い場所に避難すること
36-38ホラーラビ502916220同じ部屋内のシレンとモンスターを周囲に引き寄せる。
部屋に入ったときは必ず見渡すように。
同フロアのクダカレルーによってレベルアップされると大変なことになる
ココでラビ種をねだやす場合、ハヤブサ天狗の可能性があるので注意。封印推奨。
36-39ギャイラス573420500札や巻物をついばんでただの紙切れにしてくる。札は基本的に使い、巻物は壺に入れること
36-40スチームロイド644122440倍速1回攻撃。ワナを作っているときが狙い目
デロデロのワナをわざと作らせるテクあり。
36-43ハヤブサ天狗53172391他のモンスターに擬態。等速のゴロズドンがいたら天狗
ココでラビ種をねだやす場合、コイツの可能性があるので注意。封印推奨。
37-39クダカレルー2093220見かけたら必ず殺すこと。
ホラーラビがドレッドラビになる可能性があるので注意
店売りアイテムを必ずドロップするのはおいしい。
38-43ナッツッコ6262221280攻撃力はエリガン以上。これ以降の敵は基本対策無しで殴りあわないこと
39-41カエンポフ572622490ダメージ30の炎を吐く。
バナナを焼いてもらうのに便利だが、そろそろ固定ダメージが痛い
40-42フカッティー5433173703体に囲まれるとフロア飛ばし(1~3Fランダム)
他のモンスターに比べれば攻撃力は低い。
ワープを利用すればギャザー階を安全に抜けられるかもしれない
40-42副総長ヤンぴー6068202000攻撃力も非常に高く、直線固定30ダメージの吹き飛ばし攻撃。
壁にめり込んだ場合は更に30追加で計60ダメージ
壁抜けを装備しているときや買い物をしているときも要注意
41-46キラーギャザー7563271800直接攻撃・爆発以外2ダメージに変換。
攻撃力・防御力も高く、水棲特効が無ければ即降り考慮しておく事
42-49オドロ531812200武器盾の印を剥がして来る。出会い頭などではがされないように注意
重要印を潰されると後々危ないので慎重に対処
43-45くみこむゾウ594318700状態異常無効化+HP全快+攻撃UP+防御UP。
状態異常武器のときは必ず止めをさせる状況で殴ること
43-45ファイトハムポン462215130隣接ユニットの攻撃・防御を1段階強化し、踏ん張り効果をあたえる(HPを1で留まらせる)
同Fのモンスターとの組み合わせが危険すぎるので見かけたら必ず倒す
44-49カタナバチ5772162200攻撃力が非常に高い。混乱刺しは深刻なダメージを与えてくる
赤オーラ持ちだと簡単に即死級ダメージに。真正面から殴りあわないように
46-50おにぎりアナグマ6965252400たまにおにぎりを落とすので、楽に倒せるなら狩って成長度や経験値を稼ぐのもよい。
ただ攻撃力はかなり高いので注意
46-75やまぐいデビル10090406000HP攻撃防御ともに非常に高ステータス
まともに戦うと被害が増すだけなので、対策が無いなら予告後は即降り。
46-48ガマゴン653011100ギタンを盗む。1500ギタン以上落とすのでギタン投げには最適
47-49マゼゴン664020550アイテムを4個まで飲んで合成。三度目の合成のチャンス。
ただしかなり痛いので対策してからにしよう
49-51イカエンペラー653820600射程部屋内全てのスミ攻撃。気配察知がないと面倒。
おにぎりを当てると一撃で倒せて、イカスシの巻物を狙えるが特に狙う必要は無い
50フォーリー230282037レベルアップして少し強くなったが、攻撃力はいやすぎガッパ相当なのであまり痛くはない。
しかし特技は変わらず厄介なので、警戒は怠らずに
50-52スカイドラゴン9080303000部屋内射程、40ダメージの炎を吐く。特技頻度が非常に高いため部屋内では要注意。
近接戦闘力もこの階層では抜きん出ているので、真正面から殴り合うのも厳禁。
倒すと高確率でアイテムを落とすので、装備が整っているなら狩るといい
50-53タイガーウホーン774820800モンスターにはさまれると窮地に陥る可能性があるので
しっかり見回して、立ち回りには気をつけること
ノロージョの母を組まれるとうっとしい事この上なし。
51-53ノロージョの母643618480アイテムを2つ呪いor封印してくる。
ここまで来てアイテム封印はかなり辛いので絶対に近寄らせないこと
51-53うたうポリゴン734521900部屋に入ったらまず見渡し、囲まれないように立ち回ること
52-58エリガガン8570262700攻撃力が非常に高い。
まともに戦うと回復の腕輪などがあっても回復が追いつかないので何らかの対処を
53-55ふんかウニ1023213500印1つ程度では倒しきれないHPがある(固57爆82)。
矢などで調整し、絶対に爆破させないように。爆減少印があったとしても慎重に対処しよう
54-56バナナ親方6650221100シレンをバナナ状態にしてくる。
バナナ化はかなり危険な状態異常なので接近させない事
54-57ガラ上流魔道士6228201000かなしばり・レベルダウン・封印・身代わり・狂戦士の魔法を使う。
危険度は中流の比ではない。
狂戦士が出ると完封される恐れがあるので、部屋に入ったら必ず見渡すこと
54-59ボヨンダイル8676232700部屋内桂馬移動固定30ダメージの圧し掛かり。
部屋にいると囲まれやすいので注意。
攻撃力も非常に高いので、ヘタに殴り合わないように
55-56トカサレルー33154073見かけたら必ず倒すこと。
エリガゴンやバナナ元締、ガラ貴族あたりが生まれると厄介
56-58物荒らし623715670直線上のシレンに雑草を投げてアイテムを弾き飛ばす。
保存の壺などを弾き飛ばされると割れてひどいことになる。
直線上にたたないように
57-59たまらんガッパ714220850射程10マスのアイテム投げ。
出てくる階層ではいらないアイテムを発見したら他の敵にぶつけて無くしておく
58-60デブートン8350302000射程6の固定ダメージ20の投石攻撃。投石頻度が高いので複数体いると危ない。
壁の中のシレンには投げてこない
58-62ゴオオポフ684626950ダメージ40の炎攻撃。
バナナを焼いても固定ダメージが辛いので基本的には普通に倒す
58-64ギガヘッド10683223400攻撃力が異常。万が一力溜めを食らうと1撃で死ぬ可能性も。
壁抜けありなら壁に入ったまま戦う方が無難
59-61ハイパーゲイズ543421820催眠が脅威。絶対に近寄らないこと。
動かずも、催眠よけ印も無い場合は覚悟しておくべき
60-62ドレッドラビ744320880同フロアのモンスターとシレンを自身の周囲に引き寄せる。
動かずが無い場合は使われないことを祈るしかない。
白紙がある場合はねだやしてもいい
60-65しびれサソリ8353271200力の最大値を1下げてくる。
毒消しの腕輪か保持の腕輪で対処可能
61-80ンバルーン499011330ンドゥバ種全ての能力をランダムで持っている。ンバマ同様危険。
出現範囲が非常に広い上、攻撃力も異常に高い
62-64ツインクルバード562935730敵がダメージを受けると同フロア内からワープして周囲のHPを30回復。
同階層の敵が強いので厄介
63-65ねむり大根613920790周囲3マスに睡眠草投げ。画面端に認識できたらもう危ない。
後々出てくるみだれ大根のことも考えてここでねだやしておくのが吉
64-66モコッティー654622700ここまで来ると他の敵の攻撃が辛いので、ワープを利用できるなら利用した方が良い。
空振りの札があれば安全にワープできる
65-67ゴウジョウ戦車8348241600倍速1回攻撃、直線上に40ダメージの砲弾。盾に爆印がないと非常に厳しい。
逃げられない上に無傷では倒せないので68Fまで即降りが無難。
65-67アイアントド812516150貴重なアイテム補給のチャンス。ややタフだが、見かけたら必ず倒そう。
66-71ギャンドラー6956261300ついばんで壺の容量を0にしてくる。
ここまで来て保存の壺をついばまれるとあとが苦しいので、絶対に近寄らせないこと
68-69パコレプキング7565191400そろそろ攻撃力が高くなってきた。
通路で複数体出あった場合は逃げた方がいい
68-70マゼドン8351271150アイテムを5個まで飲み合成。最後の合成チャンス。
ただし攻撃力は非常に高い。5個も飲ませると洒落にならないので必ず対処してから。
普通に投擲の通じない敵と見れば十分な強敵
68-72ダイズッコ8577323500見かけによらず攻撃力・防御力ともに高いので侮らないように
69-73ダイトウバチ8387243700混乱刺しは冗談抜きで即死しかねない。極力殴り合わないように
70フォーリー3304230さらにレベルアップして親衛ヤンぴー程度の攻撃力になった。
が、この階層では良心的な火力。通常攻撃よりも特技の方に注意
70-72総長ヤンぴー9282284200直線に固定40ダメージの吹き飛ばし攻撃。
壁にぶち込まれると合計80ダメージも受けることになるので注意。
当然のように攻撃力も異常に高い
71-74イヌワシ天狗712332300他のモンスターに擬態。
ヘルギャザーあたりに変身されると必要以上に警戒してしまうこと請け合い
71-80チドロ672518420もう合成チャンスが少ないので重要な印をはがされると一大事。
柔らかいのが救いか
72-80ヘルギャザー9680405000ここまで来ると対策印・アイテムの1つもあるだろうが、
もしない場合はひたすら逃げるしかない。対策できてもやはり戦闘力が高いので厄介
73-75アゲアゲハムポン603020400隣接ユニットの攻撃・防御を2段階強化し、踏ん張り効果をあたえる(HPを1で留まらせる)
相変わらずギャザー種と一緒に出現。
73Fのダイトウバチとのコンビはまさに一撃必殺の威力。
札に巻き込むなどの対策も必要だろう
74-78おにぎりツキノワ8685354500攻撃力は十二分に高い。ナメてかからないように
75-77ガラ貴族魔道士7839241800鈍足・レベル3ダウン・クォーター・痛み分け・バナナ状態の魔法を使う。
上流同様、非常に危険。鈍足・バナナ化・クォーターをされると死が見える。部屋内では必ず見渡そう
76-78トリコマレルー482855200やはり見かけたら倒しておく。
同じ階のヘルギャザーがフォールギャザーになると非常に辛い。
意外とタフで矢一発では死なない事も
76-99しまぐいデビル150120609000HP攻撃防御ともに非常に高ステータス
まともに戦うと被害が増すだけなので、対策が無いなら予告後は即降り。
78-81だいふんかウニ13044191300非常にタフで水棲・爆発・一つ目のうち1〜2個しかついてないと一発で倒せない事も(固72爆104)。
爆発されるとたまらないのでアイテムか矢などを使い調整を
79-81ノロージョの婆7852291200変わらずアイテムを2個まで祟る。こちらもアイテムをけちると酷い目に
79-85エリガゴン10889374800攻撃力が異常に高い。脳筋だからといってアイテムをけちらないように
81-83シハン8075323600装備品を弾くおなじみ鬼畜モンスター。
今作は弾く頻度が少し甘めだが、ここまで来て装備を失うと泣くに泣けない
81-85特大チンタラ7390213800エリガゴン以上に高火力。見た目に騙されないように。
体力が低めなのが救い
82-84おてあげガッパ8963301700射程フロア内のアイテム投げ。しかもギタンまで投げる。
祝福ギタン投げはハッキリ言ってどうしようもない。
気配察知と遠投で妖しい赤を倒すぐらいか。拾えないアイテムはしっかり処理していこう
82-87アークドラゴン10097426000射程フロア内50ダメージの炎。
今作では炎を吐く頻度がやや低めに調整されてるとはいえ、
やはり強烈な固定ダメージの炎が数ターン毎に飛んでくるのは非常に辛い。
バナナのワナやバナナ元締めとセットでくると特に恐ろしい。
バナナのワナは最低限ワナチェックで回避できるので、怠らないように
84-86ひきこむゾウ7659281400アークドラゴン・エリガゴンあたりと組まれると非常に厄介。
半端な武器じゃ一撃で倒せないHPなので矢などで調整を
84-90ビカズドン110110503000とんでもない攻撃力だが、ここまでくれば気配察知や透視の一つはあるはず。
出会い頭即死の心配はそうそうないはず。倍速オーラだけは反則級の強さなので注意
85-88タイガーウボッホ9369322000見える範囲を超えて投げるのでどこに投げられるかわからない。
運が悪いとモンハウに投げられる事も
86-90デブーゴン9771354000射程10マス投石。ここまでくると単発の固定20ダメージはあまり痛くないが
特技頻度が非常に高いので、複数体いると絶え間なく投石してくる固定砲台と化す。
アークとの組み合わせも非常に厄介なので、さっさと逃げること
87-89バナナ元締8061291900シレンをバナナ化or持ち物をバナナ化。87Fのアークドラゴンとのコンビは鬼の一言。
明かりを読んででも即降りしたい。単体でも細心の注意を。
通路で黄オーラなんかと鉢合わせしたら終わる
88-93ギタンマムル1284385500倍速2回攻撃。通常攻撃は1にするが固定ダメージなら通る。
石はギタンマムルを倒すためにあるといっても過言ではない。
火力が恐ろしく高いので、絶対に先制されないように。
余裕があるなら2000ギタンは壺に詰めていこう
89-92劇毒サソリ9575362700力の最大値を2下げる。
ここで攻撃力を下げられると91階以降のシャインバード地帯がキツい。
隣接される前に倒そう
89-93パコレプゴッド8480242500神なだけあって侮れない攻撃力。壁抜けが無いと対処しづらい。
石で倒すのも一苦労なHPである
90-95みだれ大根7550261300周囲5マスに狂戦士の種投げ。ご存じ今作最凶モンスター。
浜辺での根絶やし率No.1。
狂戦士の種を完全に防ぐ手段は無い上に、狂戦士化中はひたすら毒草を投げてくる。
毒草による相乗効果で実質50ターンは狂戦士化するので致死率が半端じゃない。
根絶やしてない場合は気配察知と遠投で頑張ろう
90-95バイーンダイル9588294300桂馬移動と固定40ののしかかり攻撃。十分強い敵だが、この階層では闘いやすい部類に入る
91-99シャインバード6836431000同フロア内からワープして周囲の敵を60回復。
同階層の敵が敵なだけに非常に厄介。
しかも爆風を受けて増えるので、イッテツとの組み合わせが鬼畜。
わらわら沸いて詰んでしまう事もありうるので注意しよう。
遠投札があるとかなり対処しやすい
93-99大物荒らし734623950アイテム弾き能力に加えて、隣接時は装備品も含めた手持ちアイテムまで
直接雑草にする恐ろしい能力を持つ。
絶対に近寄りたくない相手だが、みだれ大根とのコンボでアイテムを滅茶苦茶にされることも
94-99イッテツ戦車9957393000倍速2回攻撃、固定ダメージ50。
壁の中にいようが構わず砲撃、封印しても高攻撃力の2回攻撃で
バナナのワナと組んで焼きバナナにしたり、シャインバード量産するわで非常にタチが悪い。
かなしばりの杖以外では一撃で対処が難しい。
大根ゾーンを抜けたら根絶やすのもあり
94-99デスヘッド120103266500この階層では最強の攻撃力。
直線状に並べるだけまだ他の敵よりマシとも言えるが
万一力溜めでも食らおうものなら死ねる
95-99らんぶポリゴン8662281600この階だともう最大値を下げる特技を気にする事はないが、
大部屋モンハウでは回り込み移動がこの上なく鬱陶しい
96-99フォーリー530705060浜辺では最高レベルのフォーリー。
攻撃力はシハン並になり、倍速移動も相まってさすがに通常攻撃も侮れない強さに。
90階以降は大部屋モンハウ率が高くなるので落雷攻撃がより脅威となるが
敵殲滅の手助けになることもある
96-99ゲンナマゲイズ6543271500最後に現れる因縁の凶悪モンスター。恐怖の部屋内催眠能力を持つ。
ゲイズ印が無い時に大部屋モンハウがでると詰みかねない。
開幕で一緒の部屋にいるだけで辛いので、混乱・バクスイ・白紙の巻物を用意をしておこう

階層別テーブル

このページへのコメント

識別の壺の使用優先順位を
巻物≧草>腕輪から
腕輪>巻物≧草に修正しました。

0
Posted by 名無し(ID:ehVWuublhg) 2019年02月04日(月) 20:52:01 返信

札の情報について、微更新しました。

0
Posted by DHシレン 2017年11月27日(月) 18:11:10 返信

プレイ配信見てたらやりたくなって引っ張り出してきたけど、どうやってクリアしたか思い出せないくらいクリアできない・・。

0
Posted by anis 2017年09月11日(月) 00:33:03 返信

『その他のアイテム考察』をばっさり削除するのはいかがなものかと。
初めてこのダンジョンに挑んだ時は大いに役になった記事なので戻しておきました。

0
Posted by 誰でも最初は初心者 2017年07月11日(火) 04:01:46 返信

シレン6が出ないのでシレン4を引っ張り出してみた。
発売から時間が経っている作品なので先人達の知恵をまとめつつ、ざっくばらんに無礼講な記事を追加しました。
重複する内容の記事は割愛(惜しいと思うものを、思いきって手放したり省略したりすること)しました。

0
Posted by 初代からの古参シレンジャー 2017年07月06日(木) 21:22:00 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます