小説家さんの情報をまとめるwikiです。


引用文紹介


 意識を失う最後の一瞬、焼けつくほどの熱を感じて瞼を上げると、真珠のように光る玉が塩辛い水に溶けていくのが見えました。何が何だかわからなくなった今では、それの名前すら思い出せませんでした。

『海神の唄』より。【引用元】カクヨム小説家になろうステキブンゲイ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます