小説家wiki - 時枝香樹

引用文紹介



 長剣で小突かれながら、竜頭船に乗せられた。
 光が、目を射た。
 父さまはどこ。母さまはどこ。
 船が岸から離れる。
 父さま、母さま。
 リィルは、声にならない叫びを上げた。

『北海物語・機ヽは気侶鷲茵‖茖栄堯ヽた世量次戮茲蝓【引用元】セルバンテスNOVELDAYS

所属サイト

作品一覧

作品名作品ジャンル掲載サイト
『北海物語・機ヽは気侶鷲茵‖茖栄堯ヽた世量次ファンタジーセルバンテス
NOVELDAYS
『北海物語・機ヽは気侶鷲茵‖茖寡堯)務い量次ファンタジーセルバンテス
NOVELDAYS
『北海物語・機ヽは気侶鷲茵‖3部 運命の娘』ファンタジーセルバンテス
NOVELDAYS
『北海物語・供.妊オンの物語』ファンタジーNOVELDAYS
『北海物語・掘〃譴梁綵』ファンタジーNOVELDAYS