どっとライブ非公式wiki - 金剛いろは関連用語
金剛いろは関連用語の個別表示金剛いろは関連用語の編集

見出し一覧(個別表示時のみ正常に機能します)


英数字/記号

-15
『マザーシミュレーター』内でプレイヤーがトイレに間に合わなかった場合に発生する減点。そこから派生して、一部の汚い表現を表す際に使われることがある
3分クッキング戦法
元ネタは料理をする某番組群(調理過程の都合で3分では完成しないため、説明後「出来上がったものがこちらです」などの文言とともに完成品を紹介する、ある種のお約束)
4/17 HITMAN配信においてこの戦法を用いた。
きっと詰まるだろうということを予想して、予めターニングポイント(原文ママだが、おそらく謎解きポイントのこと)をクリアした地点でのセーブデータを用意しておき、スムーズにいかなかった時にそのデータをロードするもの。
○○Baby
アイドル部ファンの中で使われるハンドルネームの一つ。金剛いろはの『マザーシミュレーター』配信にてGonGonBaby(通称:GGB)というハンドルネームのプレイヤーがいたことがきっかけ。「マザーシミュレーター強化月間」によってアイドル部メンバー全員のベイビーが生まれた。
GONGON is gone
意味:ゴンゴンが過ぎ去った
もこ田めめめと神楽すずのコラボで、もこ田めめめが過去にis goneの使い方を間違えていたという話から生まれた。
SPAGHET
良ゲーの一つ。 スパゲッティが冷えて凍ってしまわないように叩きつつ化け物の襲来を処理するゲーム。steam
令和初にして初配信一周年(前夜)記念に、2018年7月以来およそ10か月のお小遣い貯金充電期間を経て配信された待望のワンコインシリーズ【500円縛り】Steamでワンコインおみくじにてトリを飾った。 ホラーではないがびっくり要素があるため注意のこと。
コメント欄、TwitterのTLともども視聴者の戸惑いに満ちた。
後に世界ランキング38位(23:02パスタをたたき続けた)まで上り詰め,結果としてQWOPの得意な風紀委員長と同じように時間は有限であることを学んだ
Steam
『Half Life』や『Left 4 Dead』、『Counter-Strike』で知られる米バルブ社が運営するゲーム通信販売(配信)プラットフォーム兼ゲームランチャー。Windows、Mac、Linux向けのゲームを配信している。
詳しくは公式サイトWikipediaで。
金剛いろはの(奇)ゲー発掘元。
🐓/アイコン/絵文字
金剛いろはを表すアイコンの一つ。
笑い声が鶏の鳴き声に似ていることから。同様の理由から「ジョイ君」「南米の変な猿」「南米の悪霊」など散々様々なあだ名を持つ。

あ行

頭ゴンゴン
頭が固いこと。
金剛いろはのあだ名が「ゴンゴン(ごんごん)」であることから、謎解きゲーでなかなか正解にたどり着けない様子。名字の「金剛」が固さ(金剛石/ダイヤモンド)を想起させることも由来の一因と思われる。
一週間ごんごん
金剛いろはのあだ名の一つ。過去の記憶を喪失した金剛いろはのこと。
一週間以上前の自分の配信を見て、当時の自分が何を思ってそうしたのか分からなくなり、他人のような気持ちで見ているという発言に対し、リスナーから「一週間フレンズ」と突っ込まれたことで生まれた。
いろはクリニック
あまりのイライラで奥歯がガタガタになった視聴者の歯を治してくれる歯医者の事。 なお、自身の奥歯もプレイ中に(主にネッシーで)ボロボロになってしまった。
2019/7/4:【マリオ64】地下ステージを制覇する👊
いろはちゃん
金剛いろはのあだ名の一つ。主にアクションゲームプレイ配信で見ることができる、有能な金剛いろはのこと。ノワールゴンゴンお姉ちゃんとは違い話し方や声色が変わるわけではない。謎解きが苦手で視聴者をベジータにする配信とは打って変わって、非常に上手なプレイングを見せる。いろはちゃんの時には、いつも辛めなコメント欄が甘々でべた褒めなコメント欄に変わる。
エロゲ巫女
金剛いろはのあだ名の一つ。活動開始したばかりのころ、好きなものの話題で『グリザイアの果実』をあげた際に「フロントウイングなんて知らない」と発言したことから(『グリザイアの果実』はエロゲ原作のアニメ・漫画であり、フロントウイングは開発した会社)。
その後、長いこと言われていなかったが3D化したことで恋愛ゲームに登場しそうなキャラクターに見えるということでまた触れられた。
お味噌汁
金剛いろはが配信中に飲んでいる飲み物(?)。ストロー付きのタンブラーに入れて飲んでいる。お椀でなくストローで飲む理由は「ストローで飲むとお味噌汁のAIMがずれない」とのこと。ちなみに、味噌汁の具は「ジュッ」って吸うらしい。
音程ガチャ
ぼぇぇ〜〜〜〜〜〜【OneHandClapping】から。
音声で操作するアクションゲーム『OneHandClapping』にて、正解の音程を外しまくる金剛いろはを見た視聴者のコメント。本人もそのコメントを見て爆笑していた。

か行

がに股
足をO型に開いた状態のこと。
3D化のおひろめ目生配信にてがに股姿を見せ、前日にアップロードされた自己紹介動画にて見せた彼女の可愛さに困惑していたファンたちを「よかったゴンゴンだ」と安心させた。
かんごんを探せ
3D化に伴って突然始まった企画。内容は、雑談画面のどこかに隠れているかんたんごんごんを探すというもの。見つけても特に何かあるわけではない。
かんたんごんごん
もこ田めめめが金剛いろはの顔を極限までデフォルメして生まれたゆっくりのようなミニキャラ。略称はかんごん。Live2Dが搭載されているためちょっとだけ動く。金剛いろはが非常に気に入り、配信時には常に画面に登場している。配信によっては、ジュースを飲んでいたり三体重なっていたりしている。ファンからも気に入られており、金剛いろはのマスコット的なポジションにいる。
生みの親であるもこ田めめめの話では、当初は金剛いろはを描くつもりではなかったが描いてみると似てきたので金剛いろはになったとのこと。
本人の3D化に伴って金剛いろは自身の手によって3Dの体を手に入れた。生配信中もやっぱり画面内を好き勝手に移動している。
きょうのいろは
2018/10/17のこれがいろはの剣さばき!【Beat Saber】(生放送でなく事前収録の投稿動画)から登場した謎のEDコーナー。 先輩の電脳少女シロの動画EDにあるようなおまけ要素である。
今日の一本
金剛いろはの生放送における不定期コーナー。
ごんごんオススメの(主にB級ホラー)映画の紹介をしていくが、コーナー内でもコメントを拾っていく為、言及する映画は一本に限らない(※ここでも全ては記載していない)。
金剛いろは初配信スターターキット
1周年記念配信後にツイートにて配布(?)されたスターターキット。
「あのね、台本とかね、なんにも用意してないの」(8段落1行目)である。

ツイート

金剛神社
金剛いろはの実家でもある神社。公式プロフィールでは「バーチャル神社」と呼ばれており、社殿の柱にもこの名称が書かれている。ごんごん神社と呼ばれることもある。
取れ高の神やシロ神を始めとした色々な神を祀っている。
色々なところに3Dかんたんごんごんが設置されれており、電光掲示板には「HAPPY NEW YEAR!」「TOREDAKANOKAMISAMA!」と表示されている。また、お賽銭箱には「500円以下」と書かれており、絵馬には「取れ高の神様」、かんたんごんごんのイラスト、アイドル部のサムネ画像が描かれている。
アイドル部やシロちゃんがお正月配信にて参拝したり、おみくじを引いている。しかし直後に神楽すずと夜桜たまが相次いでブレーカー落ちに見舞われた事から、リスナーからは「取れ高の神は悪霊とか邪神の類いではないか」とのツッコミを受けている。
ゴンゴン
金剛いろはの代表的な二つ名。
由来はTwitterでの初投稿にて「ゴンゴンいろは」と自己紹介したことより。*1
ゴンゴンしてきた
謎解きがうまくいかないことに、もどかしくなってイライラしてきたリスナーの状態のこと。
主に金剛いろはの配信で用いられる。類義語に「ベジベジしてきた」がある。
ゴンゴンステップ
金剛いろはがゲームプレイ時に見せる前後左右に小刻みに移動する動き。特に意味はない。
ゴンゴンする
キーボードに液体をこぼすこと。金剛いろはが配信中はおろか普段からキーボードに飲み物をこぼしたりしていることから。
ごんごんにAWM(ごんごんにあうぷ)
扱えない者に貴重な物を持たせても何の意味も無いこと。
実況王2【予選第8試合】でプレイしたPUBGにて支援物資からAWMを入手するも、全く生かせなかった金剛いろはを見た視聴者がTwitterで呟いた一言。類義語に、猫に小判、豚に真珠がある。
【どっとライブ】頭カチコチRusty Lake Paradise #06【+雑談】

AWM(あうぷ)とは?

ごんざぶろう
金剛いろはのあだ名の一つ。『実況王2』にてハッハッハッと犬のような声を出していた金剛いろはに対して北上双葉が名付けた。最初は「ゴン」だったが、後に「ごんざぶろう」になった。「ごんたろう」と呼ばれることもある。
3Dモデル発表動画(Prologue_金剛いろは)では3D化したごんざぶろうが登場している。犬種はコーギー。誕生日放送にも登場していた。
ごんせんしゅ
キャラエディットにて生み出された化け物プレイヤーキャラ。 キャラクリエイトの過程もさることながら完成形のインパクトは絶大で瞬く間にファンアートが多数投稿された。 走り幅跳び三回連続記録なしの際の悲しげな表情はなんとも言えない。

ごんせんしゅスクショ

2019/8/18:オリンピックでメダルを獲る金剛いろは(予定)【東京2020オリンピック】
こんばんワイアニ
金剛いろはの配信挨拶(ファンのみ)。金剛いろは自身は広める気は一切ない。元ネタは、Vtuberグループにじさんじ所属月ノ美兎の配信で使われている挨拶「こんばんワニノコ」(そちらも本人は広めるつもりはなかったが広まった)。

さ行

最強リセマラランキング
金剛いろはの心を強く引き付ける魅力的な単語の組み合わせ。 これがあるゲーム攻略サイトをよく見ているらしい。
再放送
同じプレイを繰り返すこと。 「再放送しようか」といい、同じシーンで同じセリフをしたところ全く同じところでミスをしほぼ再現となった。 なお、この後コーナーの度に「まるごとバックアップ」という不正を行いステージクリアを目論んだ。
2019/6/8:【マリオ64】アクションセンスの腕前を見せるとき。
浅草寺(せんそうじ)の大吉(捏造版)
過日のどっとライブトラベルの行先のおみくじであまりに「凶」が出た報告が多かったことを不憫に思って金剛いろはが自作した大吉。
正月のものともまた違う。

全智全能
金剛いろはが七夕の短冊に願ったこと。「みんなが幸せに過ごせますように」「元気で過ごせますように」とエモい内容が多い中で書かれていたのがこれである(ちなみに正しくは"全知全能")。
なお、ちなみに第二候補は「世界征服」であり、神楽すずの第二候補も同じく「世界征服」だった*2

た行

ダイヤのABC
シロちゃんの再翻訳動画に影響を受けて自分で再翻訳してみた結果。*3
ダブルコロン
ダブルクォーテーション「"」のこと。 名詞や動詞をこれでくくる文化を"知って"しまった。
2019/7/4:【マリオ64】地下ステージを制覇する👊
チームhoose(ホース)
金剛いろは、もこ田めめめ、ヤマトイオリ(+神楽すず)で結成されたチームのこと。
アイドル部学力テスト総合成績ワースト3人であり、同じアイドル部のメンバーからは3バカといわれたこともある。
名前の由来は、英語のテストで「馬」を英語にする問題にて「hoose」と書いたことから(ただし、こう解答したのはヤマトイオリではなく神楽すずだったが途中から神楽すずではなくヤマトイオリを入れた三人を指すようになっていた。なお、神楽すずの成績は総合6位)。
チームhoose結成
チームhooseメンバー入れ替わり

な行

なろう系視聴者
金剛いろは配信リスナーのあだ名の一つ。
小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿されている作品では主人公にとっては大したことでなくとも、周りの人々が大絶賛したり驚いたりすることで主人公がすごい存在であることを際立たせる技法がよく用いられている。配信、特に謎解き配信では金剛いろはの視聴者絶賛によってその主人公補正を味わうことができることから。
にわとり
動物のにわとり。
金剛いろはの笑い声がにわとりの鳴き声に似ていることから、にわとりのことをごんごんと呼ぶ風潮ができた。実際、他のアイドル部がマイクラ実況などでにわとりを見て「ごんごん」と発言している。
ネトフリ(Netflix)
月額制で映画、ドラマ、アニメなどのストリーミング配信サービスを行っているネットフリックスのことである。 配信内容に関係なく頻繁に映画の話を挟むため、必然的にこのサイトの名称も出てくる(他のアイドル部メンバーにおススメするくらい信者気に入っている)
サイト
ノワールごんごん(お姉ちゃん)
金剛いろはの配信中に登場する落ち着いたお姉さんキャラ。略称はノワゴン。
頭脳派という設定で、主に謎解きで詰んだときに助っ人として活躍する。ただし本人の限界を超えることはできず、長時間存在を維持することもできない為、ちょくちょくキャラ崩壊する。ちなみに、名前の由来はその時流していたBGMが「隣のノワール」という曲名だったから。

は行

ハーバード
非常に賢いこと。
金剛いろはの配信にて、自力で謎が解けた際に「大卒巫女」「ハーバードだこれ!」と大喜びしたことから。ちなみに、その後はいつも通りのプレイとなり最終的に「幼卒巫女」に落ち着いた。そのため「ハーバード幼稚園卒」とも揶揄される。
破壊神ごんごん
金剛いろはのあだ名の一つ。なんでもすぐに壊してしまうため(WiiUのタッチパッドやiPhoneなど)。ちなみに破壊神は金剛いろは自身も自覚している。
【雑談】みんなからの質問をバババッと返信する配信
バケモンスナップ
金剛いろはが実況プレイ配信しているホラーゲーム「零(ゼロ)」シリーズのこと。
霊をカメラで撮影することから。「ポケモンスナップ」が元ネタ。主人公がジャーナリストであるホラーゲーム「デッドライジング」を指す場合もある。
📺【零〜濡鴉ノ巫女〜】巫女VS巫女【アイドル部】
パスタを叩くいろはちゃんシリーズ
ニコニコ動画で公開されているパスタが冷えないようパスタをたたき続ける金剛いろはの音MADシリーズの。
元ネタ(?)は、スパゲッティをたたき続けるゲーム『SPAGHET』をプレイしたことから。
ベジータ
金剛いろはの配信にてコメント欄に現れる指示厨(に類するファン)のこと。本来は漫画『ドラゴンボール』の登場人物。
謎解きが苦手な金剛いろはに対して、イライラする視聴者が続出した際に金剛いろは本人がそのコメントについて触れたことで一気に広まった。「あまり俺をイライラさせるなよ」「下品な女だ」を始めとするベジータコメント(通称ベジコメ)でコメント欄が埋まる。ただし、金剛いろはが嫌いというわけではなく、謎を解いたり上手いプレイをした際には「おまえがナンバー1だ!」など彼女をほめるコメントで埋まる。ツンデレかな?
ちなみにベジータは原作で「あまり俺をイライラさせるなよ」とは一度も言っていない為、ネットミームの「あまり私を怒らせない方がいい(※『Final Fantasy 11』のエースネタ)」の改変と思われる。
本業のベジータもいる模様

今日から使えるベジータ語録

ペチータ
金剛いろはリスナーの名称(?)であるベジータの亜種。主に待機チャット欄などでパスタをたたいている
ペニーズワイアニ
「ペニーズワイ」(→ヤマトイオリ関連用語)からの派生用語。混ぜれば良いというものではない。
忘却の女王
金剛いろはが自分自身のことを指して呼んだ言い方。なんでもかんでもすぐに忘れることから。
10万人ありがとう記念ワイスポ【+雑談】
発作
もこ田めめめの声真似のこと。めめめの話題が出ると披露することがある。
物真似のクオリティは高く、めめめの特徴を上手く再現している。
突発的に真似したり、頻度が多かったりするので視聴者からは発作と呼ばれている。
例えば【マイクラ】建てよう、金剛神社。ではめめめがログインした瞬間に発作を起こしている。
本の香り
金剛いろはが書籍を購入する際に楽しんでいるものの一つ。 アイドル部出版の本も例外ではない。

ま行

右手さんと左手さん
金剛いろはのお誕生日配信にて登場したキャラクター...というかその名の通り右手と左手。右手さんの方が強い。
誕生日記念ということで以前から遊びたかった『1-2-Switch』をプレイすることになった【金剛いろは】。しかし、『1-2-Switch』に収録されているミニゲームはほぼ2人用だった。なので、コントローラーを右手と左手に持って遊ぶという形になった。
右ンテールと左ンテール
金剛いろはのツインテールの右と左のそれぞれの呼称。 なお本人発案。
2019/8/26:一人で学力テストをする配信
紫色の冷凍パスタ
ゴンゴンがは配信前に食べた冷凍パスタのこと。食べている最中にひっくり返していたら紫色になっていることに気づいたが残すのは良くないと思い完食した。
紫色の原因は冷凍庫ではなく冷蔵室に保存していたこと。
おひさしぶり!!!!【アイドル部】
もこ田めめめの真似を追求する配信
2019/8/10:【マリオ64】第二のクッパを倒して気持ち良く終わる配信ですの最後四分で行われた謎のコーナー

や行

ユーポンタイム
金剛いろはがアイドル部学力テストの英語にて生み出した新しい言葉。ちなみに正解は「Once upon time」(昔々)
【後編】アイドル部 本気の学力テスト ~おバカtuberになるのは誰だ?!~

ら行

ラジコン巫女
金剛いろはのあだ名の一つ。
主に謎解きゲームにて配信中に何度もリスナーに助けを求めていたことから呼ばれている。本人も謎解きが苦手なことは自覚しており、配信中にヒントや答えを求めることが多い。しかし、書き込んだ内容が理解させなかったり本人も解こうと頑張るため期待通りにならず、頭を抱えるリスナーも多い。
リスナー共闘型
明かにファンとわかるプレイヤーと同チームマッチング、配信を聞いていると思われるような挙動であったためこう名付けられた。
2019/8/14:【スプラトゥーン2】ヤグラできるもん!!!!
一人学力テストでもこの形式が用いられた。 世間ではカンニングと呼ばれる行為である。
2019/8/26:一人で学力テストをする配信

わ行

ワイアニ
Wild Animal Racing』。金剛いろはが最初の実況プレイ配信をしたゲーム。
エキサイティングなゴーカートシミュレーションゲームで、Steamにて定価約400円ほどで販売されている。オンラインマルチプレイ対応であり、ワイアニ杯の開催が期待される。
本人としては、steamで探しているときに目を引かれたらしく、本当に面白いゲームだと期待して購入したらしい。今では金剛いろはを代表するゲームの一つ。
登録者数5万人達成時には同じ開発元の『ワイスポ』をプレイしており、5万人達成記念として『ワイアニ』もプレイした(ワイアニウィニングラン)。
STEAM:Wild Animal Racing
ワイスポ
Wild Animal Sports Day』。『Wild Animal Racing』の開発元から2018年9月1日にリリースされた新作ゲーム。
テニス、ハードル、ダーツ、高飛び込み、スキー(回転)、棒高跳び、トランポリン、新体操の8つの競技をプレイすることができる。定価はギリギリ500円超えだが、セール中はワンコインで購入可能。
ゴンゴンはもちろん即日購入済み。
登録者数5万人達成時にプレイしていた記念すべきゲーム。それから9ヶ月後の登録者数10万人記念でも再びプレイすることになった。
STEAM:Wild Animal Sports Day
ワニ王
金剛いろはの代名詞ともいえるワイアニこと『Wild Animal Racing』の続編『Wild Animal Sports Day』に登場する王冠を被った二足歩行のワニ。様々なスポーツで高得点を取るのを妨害してくる。合計得点が一定以下だと負けになりワニ王によるダンスを見させられる。
スマブラSPでは、外見が似ているという理由でキングクルールがそう呼ばれる。
ワニ王ダンス
『ワイスポ』に登場するキャラクター「ワニ王」が踊るダンスのこと。金剛いろはの誕生日配信では、割と気に入っていたことが判明。結局、誕生日配信の締めとして(おそらくスタッフにASMR用のマイク等をわざわざ片付けてもらって)ダンスを披露して締めとなった。
カルロピノが作成したワニ王ダンスアイコン:✨🕺🐊🕺✨