【FEZ】 ギアス放置事件

ギアスの放送開始時間をうっかり忘れていたスポポは戦争をFOし、
配信も中断してギアスを見に行く。
戦線離脱状態でFEZを放置しているとFEZが強制終了し、
Peercastのリレー一覧が表示され、リスナーIP公開配信となってしまった。

【FEZ】 SNSアク禁事件

スポポ自身は何もしていないつもりだが、勘違いからか何からか
某カスドリアンに一方的に宣戦布告され、SNSまでアク禁にされる。
某カスドリアンは一時期配信していて、その最中に何らかの確執が生まれた。
リスナー:スポポ配信で今回のが一番面白いw

配信を見ていたらしく、闘技場でタイマンに。
本人が言うには、捨て垢(に見える垢)を全員アク禁にしていたらしい。
確執は残るがとりあえずメシウマ終了・・・か?
日本語の通じない某カスドリアンにはリスナー一同憐みを隠せなかった。
タイマン直後の戦争で、4-1-7500という配信史上最低のスコアを出してしまった。

11月15日の配信にて、スポポの言葉を借りてコメ欄で煽るという超絶テクを披露。
再び壮絶な争いが始まる。
日本語の通じないカスドリアンにタイマンで話し合うという無謀な事をするスポポ。
スポポが相手の要求をほぼ一方的に飲むことで一応終結。
ゼイ一家(部隊)に迷惑をかけないためゼィ(スポポ)は部隊を離脱。
スポポの要望により詳細は書かないが、スポポに落ち度はないというのがリスナーの総意。

カスドリアンの迷言「リスナーの行動を管理するのも配信者の務めじゃないですかね」
スポポの名言「前から思ってたけどカセはマジキチ多いから嫌なんだよ!」

12月2日の配信にて、再びSNSのプロフィール欄で煽るという超絶テクを再披露。
しかも一度退会し、IDを取得しなおしたスポポのSNSに足跡をつけて誘いだすという誘い受けテクも披露。
今までリスナーを宥め、カスドリアンをやんわり擁護していたスポポも、さすがに今回の件には激怒。
終わったかに見えた戦だったが、また火蓋は切って落とされた。
顔真っ赤どころの騒ぎではなくなった。

カスドリアン「なお以前まで日記書いてない等の捨て垢と見受けられるIDは弾いてたんですが、
       面倒くさい出来事に巻き込まれて以来放置してます。
       被害妄想の強い方へはご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。」

スポポ「仏の顔も三度まで。」

12月5日の配信にて、再三煽りコメントを書き換えるというスーパーテクニックをまた披露。

「また関係者には不快な思いをさせてしまい申し訳ない。
自重を心がけるのでどうかご勘弁を。
綺麗なキャラ目指して頑張ります。
調子に乗らないように気をつけますね^ω^ 」

リスナーも相当呆れざるを得ない結果となった。

カスドリアン「本当に気持ちが悪い@FP 」

【リアル】 マザボショック事件

マザボが壊れてからはリスナーからエンチャやハイリジェなどを乞食している。

【FEZ】 コーヒー牛乳ぶちまけ事件

配信中、コーヒー牛乳をグラボにぶちまけ、グラボを壊した。

【FEZ】 味方のクソサンボルに文句を言っているハイブリヲリ瞬殺事件

シディットでスポポの両手(HP500以下)が敵のハイブリヲリにバッシュされるが
ハイブリが持ち替えた瞬間にサンボルでスポポが飛ばされ、九死に一生を得る。
すると、敵のハイブリが立ち止まっていて、サンボルに文句を言っていると読んだスポポは
HP400程度で周囲は敵だらけの厳しい中、その動かないハイブリに激しい追撃を浴びせ、瞬時にキルしてしまう。
キル後も何とか自陣に生還した。
スポポ「あのハイブリヲリ、文句も言える前に死んだな…」

【FEZ】 ゼィナイスガッツ

リスナーからパラディウム一式やボレアス数本をもらったスポポは
本物のゼイに限りなく似せるために、デッドランカーNo1の称号を取ろうとする。
パラディウムを着た最初の戦争で野良に本物のゼイと見間違えられPTを誘われる。
勝敗の見えた戦争中盤から称号を取るためにわざと特攻して9デッドしたが1位は10デッドで結果2位。
戦後のPTチャットで「ゼィナイスガッツ」と言われてしまう。
スポポ「PTメンバーに文句を言われるかと思ったが、逆に褒められるなんて…」
しかも5人PTでスポポ9デッド、他に7デッドが2人という地雷PTだった。

その後の戦争で再びデッドランカーNo1の称号を取りに挑むが
先程の「ナイスガッツ」がツボにはまったスポポは
「ナイスガッツゼィ」とマクロを連呼しながら敵陣に特攻を繰り返した。
デッドを重ねるうちに何故か周りの味方も同調し「ナイスガッツゼィ」と叫び始めるようになった。
スポポは13デッド2名を押しのけて見事14デッドし、デッドランカーNo1を取った。

【FEZ】 ハイリジェ投票

11/18配信時、ハイリジェが残20本となり、
困っているスポポにリスナーからハイリジェ×99が送られてきた。
感謝しつつも、丁度その時ゼィのスキル振り(ハイブリから両手に戻すかどうか)
についての決定をその送信者に委ねようとして、「もう一度、ハイリジェとメッセージを送ってくれ。」と
調子に乗って発言。すると、別のリスナーからハイリジェ×99とメッセージが届く。
これにますます気をよくし増長したスポポは、最初の送信者と他のリスナーに「ハイリジェ投票だ!」
と発言をして、乞食する。
これには流石に多数のリスナーが難色を示し、スレは加速する。
が、また別のリスナーからハイリジェ×10が届く。
一部のリスナーは本気で怒った様子を示し、スレの加速が止まらず
スポポも「悪ノリだった。まさか本当に届くとは思わなかった」と弁明する。

しかし、その後も
スポポのことを好きなリスナー数名が給料が入ったら何か送る。
等の書き込みをチラホラ行い
これはスポポが足でキーボードを打ち込んでの自演じゃないのか? と、話題になる。
結局、最初にハイリジェを送ったリスナーはすでにFEZから落ちており、
スレに両手希望と書き込み、ゼィは純両手となった。

【FEZ】 フォーチュンカード

乞食配信でRingが貯まる一方のスポポは、エンチャ狙いでフォーチュンカードをプレイ。
これは稼げる!というスポポの誘惑に釣られ、明け方にリスナーがカジノに集合。
うどんシリーズの見守る中、見事配信内で150Ringを400Ring相当のアイテムに変えた。
集まったリスナーは何故かカセホル民ばかりだった。

【FEZ】 クツださい事件

配信中、スポポが街中で「こいつの靴ださい」と言った所
クツださい人はリスナーだった。

ランスさんクツださいっすよwwwwwww
ランス「クツださいとか言った奴でてこい」

しかしランス氏の軍チャの挨拶は「よろ靴」であった。

凸時のプレイスタイルは片手の肉壁となって
スポポの身を再三守るという神プレイに徹している
リスナー「あの靴ダサい人かっこいいな、靴ダサいけど」

【FEZ】 でしゅ事件

与ダメ10位以内、かつ下2桁が99に一番近い人が
VP装備を貰えると言うユーザーイベントに参加したスポポ。
結果は27196で1位。
「僕1位でしゅ」「VP装備ありがとうございます」
等とキチガイアピールをしていたが、下2桁が00の奴に負けるという醜態を晒す。

結局、スポポが得た物は周りからのキチガイ認定だけであった。

【FEZ】 アッカドの悲劇

12/20の配信にて、アゼリーを出すためにアニバルーレットを回すスポポであったが
アッカドをリサイクルしてから約30回、全く当たりが出なくなり
スポポ「アッカドの呪いだろこれは〜」
と、アッカドのせいでアゼリーが出ないと言わしめた事件である。
この段階でアゼリー以外の景品は全て出ているため
いかにラス一の景品が出にくいか、改めて認識することとなった。
あまりの出なさにスポポもリスナーも意気消沈していた。

配信終盤に最後の金コイン11枚が宅配され、一縷の望みを託す。
多くのリスナーや凸人が見守る中、ついにアゼリー打開を果たした。
アゼリー打開のために回した回数は約80回。
リスナーから宅配された金コインは50枚近くに上る。
スポポ「本当にすいませんでした」

【FEZ】 敬語配信

12/29配信時、1戦だけ敬語で配信してみようという思いつきで始まった。
普段遣う言葉を脳内で変換してから喋っているものの、
「こいつゴミですね」「本当に殺しますよ」「死んでください」
など、多少丁寧にはなっているが、喋る内容は普段と何ら変わりはなく
フリーザ様RP配信となってしまった。

【FEZ】 DOG:Purin3凸

Dカセ首都でスポポがPurin3ちゃんのストーカーをしているとPurin3から突如戦争の誘いを受ける。
戦争終了後、首都でスポポとPurin3ちゃん、リスナー多数で交流会的なものが開かれた。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます