大正時代についてまとめるwiki

フランク・ロイド・ライト?設計
大谷石やタイル、テラコッタが採用された。
ライトが持参した黄色い化粧煉瓦(スクラッチタイル(すだれ煉瓦))を当時の日本で焼けるのは常滑の陶工久田良之助だけで、常滑で製造に乗り出したが、道半ばで資金尽き、「その後を伊奈(常滑の伊奈初之丞と息子長三郎)が引き受けた」(武田五一・談)。
建設後、日本は帝国ホテルに採用されたスクラッチタイルの全盛時代を迎える。

どなたでも編集できます