大正時代についてまとめるwiki

広島県県北にあった銀行
大正元年9月、資本金50万円、払込資本金12万5千円で設立された。
頭取伊藤薫三庄原町
取締役田部香蔵庄原町
秋山九郎西城町
北村峰太郎東城町
高河順兵衛比和町
山田弘三峰田村
いずれも地元の素封家や名士だった。

本店は庄原、支店は西城、東城、比和にあった。田部銀行の田部や、伊藤らが合議し、個人銀行である田部銀行では充分に役割が果たせないのでということだった。

同行の設立に伴い、田部銀行は同行に営業の一切を譲渡して解散した。

出典

げいびグラフ第99号

どなたでも編集できます