鉄拳7の全キャラの基礎を解説するwiki

※スマホの方はページ下からPC画面に切り替えて下さい


概要

バックステップとは

 『』で出せる、後ろ方向へのダッシュ。
 鉄拳においてほとんど唯一となる、後ろに高速で下がる移動手段。
 どのキャラも、これによる距離調節が立ち回りのキモなる。

 通称『バックステップ(バクステ)』『バックダッシュ(BD)』。
 正式名称ではないため、どちらを使うかは好みの問題となる。
 当ページでは前者のバックステップで統一する。

バクステの性能

 名称の通り、後ろに素早く一歩下がる移動手段です。
 移動距離は一律ではなく、キャラによって差があります。

 バクステは、ほぼ全ての行動でキャンセルできます。
 下がっている途中でも、ボタンを押せば攻撃できます。
 レバー入力により、しゃがみ、横移動、前ダッシュ、ジャンプも可能。
 ほぼ何でもできると言って差し支えありません。が…

 唯一、バクステ中に再度バクステすることだけはできません。 
 『…』と入力し続けても、連続でバクステすることはできないのです。
 この制約を崩すテクニックが、山田ステップ野口ステップです。
 詳細は当該ページを参照。

用途

 バックダッシュはどの距離でも使用機会があります。
近距離
 相手の攻撃で有利フレームを取られ続けたり、小技の割れない連携によって「固められているな」と感じた時に有効です。
 大抵の小技はリーチが短いため、ガード後のバクステを徹底すれば、比較的早めに相手の攻撃範囲から離脱できます。
 たとえ相手の攻撃が届いてしまっても立ちガードできるので、下手に暴れるよりも安全な選択肢となります。
中距離
 相手の牽制技を回避するために使っていきます。
 バクステ一辺倒ではなく、フロントステップと併用していきます。
 前後に細かく動いて、相手に間合いを見誤らせることが大事です。

 

知識、テクニック

バクステ中はガード可能か

 シリーズの経験者でもプレイヤーでも意外と勘違いしがちな要素。

 結論から言うと、バクステ中は相手の攻撃をガード可能です。 
 ただし、『』入力後にレバーを『』に入れ続けた場合に限ります
 途中でやめた場合、『』に再入力してもそのバクステ中はガードできません。

 この特殊な仕様を知らないと、バクステ中に技を食らう事故が頻発します。
 近距離でバクステするときは、レバーを後ろに入れっぱなしにする方が安全です。

バクステしゃがみガード

 初心者におススメできる守備行動です。
 操作は簡単、 と入力するだけです。
 の部分を気持ち長めに入力しましょう。
 
 この行動のメリットは、
  1. 発生の早い中段
  2. 発生のが早くない下段
  3. リーチの短い技
 の3つ全てにある程度対応できることです。
 12はガードでき、3は回避できます。
 逆に
  1. 発生が遅くリーチが長い中段
  2. 発生が早い下段
 は食らってしまいますが、
 近距離で1のような技を振られるケースはそうそう無いです。
 2の発生の早い下段は大抵低威力なので、致命傷にはなりません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

メンバー募集!