UBISOFTより発売中のオープンワールドRPG ディビジョンの非公式情報wikiです。

プレイヤーが装備し、任意のタイミングで発動するアクティブスキル。使用後には一定時間のクールダウンが発生する。

作戦基地の復興を進めると手に入る。各スキルにはベースに加えて3つの改良(Mods)に1つのマスタースキルが存在する。
MODはスキルに追加効果を付与したり、またはスキルの性能そのものを改変する効果を3つの中から1つ選んで装着することができる。
マスタースキルは各棟のアップグレードを全て完了すると自動的にマスターの効果がスキルに付与されるパッシブスキルに近いものである。

即座にHPを回復したり高性能な自律武装を展開したり。果ては絶体絶命の状況をひっくり返すほどの大技も存在と、どれも強力ではあるがスキルは2つとシグネチャースキル1つの合計3つしか装備しかできない。
更にはスキルには再使用時間、クールダウンが設定されているので考えなしに使うことは自分の首を絞めることになる。気をつけたい。

チームを組んだ際は役割を決める重要な指標となる。手持ちの装備と相談しつつ、どの役をするかによって適切なスキルを装備したい。

スキルの性能はスキルパワーにより向上するが、上限も存在する。
例えばクールタイムは、ほとんどのスキルで20秒、一部15秒が上限となる。

迷ったときのオススメスキル

スキルパワーの低い人向け

銃器ステータスを重視してスキルパワーが低い人の場合、回復系のスキルは装備してもあまり回復量がないため効果が薄い。

逆に、元々ダメージのほとんどないフラッシュバン(粘着爆弾MOD)やガスチャージ(追尾マインMOD)など
状態異常を与えて敵の足止めに役立つスキルはスキルパワーが低くても多少クールタイムが長い程度で十分活用することができる。

スキルパワーの高い人向け

スキルパワーが高くなると、特に回復・支援系のスキルの効果が大きく高まる。
医療ツリーのスキル全般はもちろん、防衛ツリーではスマートカバーのバフ効果にも期待できるだろう。
スキルパワーを重視=DPSや最大HPが低いと思われるので、
スキル使用による支援を重視して自身は倒れないよう後方からの援護射撃に徹しよう。

直接ダメージを与える粘着爆弾などのスキルは難易度ハードまでは有用だが、
難易度チャレンジになるとスキルパワーが3万を超えても蚊に刺された程度のダメージしか与えることができないので諦めよう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

ミッション攻略

ミッション一覧

キャラクター

装備

衣服/消耗品

アビリティ

どなたでも編集できます