They Are Billionsのwikiです。編集権限は誰でもokなのでお気軽に


マップの種類

サバイバルモードにはいくつかのマップの種類が存在します。

The Deep Forest(深い森)

The Deep Forestは大きな森と肥沃な平原で構成された土地です。
感染者が少なく強敵もいないため拡張も難しくありません。
食料も豊富でコロニーを発展させるには最適な場所と言えます。
敵の数★☆☆☆☆
守りやすさ★★★★☆
資源の量★★★★★

総合難易度★☆☆☆☆
Ver1.0で最も簡単なマップとして追加された新マップ。
マップ上に敵が少なく、難易度を上げても特殊ゾンビが全く存在しない。
廃墟も小規模なので、序盤から拡張に行き詰まることもない。
食料や資源が豊富で街が作りやすい開けた土地であるので、基本を学ぶためのチュートリアルマップとして仕上がっている。

緑地の見分けがつきにくい。森林が多いのでF4キーを頼ることになる。

Dark Moorland (薄暗い湿原)

アンロック条件:The Deep Forest を難易度20%以上でクリア
Dark Moorlandは平野と渓谷で構成された土地です。
点在する川や池などによって感染者からコロニーを守りやすくなりますが
同時にコロニー拡張時には厄介な存在になる可能性もあります。
敵の数★★☆☆☆
守りやすさ★★★★★
資源の量★★★☆☆

総合難易度★★☆☆☆
最初からアンロックされている土地。(Ver1.0以前)
森や水場が豊富で、農地が設置できる緑地も多く、資源に困ることは少ない。
廃墟や特殊ゾンビの数も少ないため、序盤から領地を積極的に拡張して行きやすい。
大きな森や水場、山が多く、それらにより狭まった隘路(狭まった地形)があるので、そこに壁を張るだけで容易にゾンビの侵入を阻止することが出来る。隙間を壁で塞いでしまえばその内側は安全地帯となるので内政に専念できる。

陰気臭い名前のマップで非常に薄暗く、地形の識別が困難な場合がある。序盤のマップがこんなに薄暗いのはどうかと思うくらいだ。
しかしマップ自体は守りやすく、資源も豊富で防衛も容易と、総じて初心者に優しいマップ。
とはいえ、最終ラッシュは他にマップに負けず劣らず大量のゾンビが押し寄せてくるのでそれまでにしっかりと防衛体制を整える必要がある。
初心者はまずはここでしっかりゲームのコツを掴みたい。このマップを20%以上でクリア出来れば十分に脱初心者の域である。
頑張ってクリアして欲しい。

Peaceful Lowlands(穏やかな平原)

アンロック条件:Dark Moorland を難易度40%以上でクリア
Peaceful Lowlandsは平野と森で構成された土地です。
かなりの量の廃墟が配置されており、最終日までに廃墟を潰せるかで難易度が変わってきます。
建物が連続して立てやすく町計画が容易な代わりに、敵が多方面から押し寄せる事が多いです。
内政を急ピッチで進めつつ、特に軍事力を重視することが次のステージアンロックに必要です。
敵の数★★★★☆
守りやすさ★★☆☆☆
資源の量★★★★★

総合難易度★★★☆☆
マップの半分近くが緑地で、農場による食料の確保が基本となる。
複数の農場が設置できる広い緑地も多く、倉庫も併設する事で数百単位の莫大な食料を手に入れることができる。
人口不足に悩む事はないだろう。
また開けた場所が多く、地形に邪魔されず建物の設置場所に悩む事も少ない。大規模なコロニーを作るのにうってつけのマップ。

…と、一見いいこと尽くめのマップだが、前のマップから難易度は格段に跳ね上がる。
ゾンビの数が非常に多く、なんと廃墟の数は全マップ中最高。
最終日までにしっかり廃墟を破壊していないと信じられないくらいの数のゾンビに襲われる事になる。

またマップが開けているので、防衛ラインを引くのに苦労する。
前のマップのような数枚の壁で封鎖できるような地形が少ない為、序盤の防衛はレンジャー頼みになる。とはいえ、初期配置のレンジャー4人ではとても警戒しきれないだろう。
手薄な箇所から侵入されていつの間にか建物を殴られて感染祭りになって詰んでしまう事もしばしば。

いち早く兵舎を設置してレンジャーを増産して警戒しながら壁を張り巡らせていこう。
内政が軌道に乗れば、資源に物を言わせたプレイが出来るため、後半の難易度は急激に下がる。

Frozen Highlands(凍てつく高地)

アンロック条件:Peaceful Lowlands を難易度60%以上でクリア
Frozen Highlandsは雪と岩、少しの緑地で構成された土地です。
常に雪が降っており、オイルプラントの置ける場所は温泉に見えますが入浴はおすすめできません。
凄く寒そうですがゾンビの動きはいつもどおり。サラリーマンゾンビもいつもどおり元気いっぱい走ってきます。
・電力消費:+30%
・ゾンビの感度:−50%
・移動速度:−20%
このステージでは緑地が狭く、農場の出力を引き出すことが難しいため食料の確保が難しくなります。
Peaceful Lowlandsほど廃墟はありませんが、収入を伸ばすことが難しいため、無駄のない資源管理が求められます。
そして建物の必要電力が3割増えるため、発電施設に人手を奪われて労働者不足になりやすくなります。

有利な点としてはゾンビが音に鈍感なため、音を気にせずにソルジャーやスナイパーを使えることです。
防衛向きの狭路は生成されやすいため、少ない元手で戦力を捻出できるバリスタをうまく使いたいところです。

Desolated Wasteland(不毛の荒野)

アンロック条件:Frozen Highlands を難易度80%以上でクリア
乾燥した荒地が広がるステージで雪原同様に緑地が乏しく、釣りの出来る池が極端に少くなっており食糧生産がより難しくなっています。
荒地の所々の地面に亀裂が入った所があり、それらは移動・建設不可の障害物扱いでゾンビが通る事もありません。
疾走ゾンビと特殊ゾンビの数が異様に増え、音に対しても敏感になっており、一度群がり出すと序盤だろうが凄まじい数が集まってくる事があります。
その為、とても序盤に事故りやすく、予測不能な運ゲーな展開が目立ちます。
難易度(スコア係数)の表示%以上に難しく、まさに最終アンロックに相応しいMAPです。
敵の数★★★★★
守りやすさ★☆☆☆☆
資源の量★★☆☆☆

総合難易度★★★★★
・ゾンビの感度:+50%
・視界:+10%
プレイ開始時のマップ生成による影響が非常に大きく、場合によっては上級者ですら頭を抱えるマップ。
農地を設置出来る緑地が非常に少なく、下手するとコロニー周辺に殆ど無い場合があり、とても食糧難に陥りやすい。
常に食糧不足に頭を悩ませることになるのでコロニーを順調に成長させることは困難。

また、ステージ1のように森や山が多いので、一見守りやすそうに見えるが、所々に隙間が空いており、そこからゾンビに侵入されてしまう。
ちょっと目を離しているうちにコロニーに侵入されてしまう事も少なくない。

その上、廃墟の数もステージ2と同様に多く、下手するとコロニーのすぐ横に配置されていたりする。
ランナーや特殊ゾンビの数も多く、他マップよりも中央寄りに配置されていて、序盤の早い段階からランナーが疾走してくる為、早急に防備を整える必要がある。

しかし防備に必要な兵力や施設を建てようにも、食糧不足が足かせとなる。
その為防御が追い付かず、序盤のラッシュで壊滅に追い込まれることもしばしば。
これまでの3ステージとは比べ物にならないくらい難易度が高く、高難易度でのクリアは困難。
このステージを高難易度設定でクリアできれば、真のThey are Billionsマスターと言える。

*Ver0.9.0で食糧クレートが実装された為、食糧難が多少緩和された。

Caustic Lands(腐食の地)

アンロック条件:Desolated Wasteland を難易度100%以上でクリア

Caustic Landsは大きな岩山と森で構成されたマップです。
とても薄暗くいかにも妖しげな雰囲気に相応しく危険な感染者が到るところに満ち満ちています。
かつて大きな都市だったことが廃墟から伺うことができるでしょう。
敵の数★★★★★
守りやすさ★★★★☆
資源の量★★★★☆

総合難易度★★★★★
最も難しいマップとして追加された新マップ。
大きな岩山が多く、分断されて偏った地形ができやすい。
緑地は多くて食料確保は容易だが、拡張が極めて困難なため活用するのが難しい。
鉱物資源は豊富とあるが、鉄と石油は少ない。
ただし金鉱脈がスタート地点から近い位置に複数配置されるため、活用できれば資金繰りは非常に楽なマップである。
ありあまる資金で資材を市場で買いあさってワンダーを建造する荒業も出来たりする。

地形はいびつだが、非常に防衛しやすい立地が生成されやすい傾向にある。
外方向に対して傘が出来ている地形があれば、そこに住宅街を形成することが出来る。
低い岩山なら山越しに攻撃することができるので上手く使えば有利に戦える。射線が通る山を見極めよう。
ただし、ヴェノムのゲロも届いてしまうため注意も必要。住宅街に広まらないよう注意。

特殊ゾンビの割合がダントツで高く音に過敏に反応するため、何かの拍子で一瞬で滅亡することも珍しくない。
変異感染者がレンジャー数体の発射音でも感知して遠くから迫ってくる事もあるので特に注意が必要。
20日未満の序盤に突然来られると、それだけでほぼ積みである。
ミニマップの枠線内に味方と敵アイコンが一緒に入る距離は感知される恐れのある距離だと思って居た方が良いだろう。
東西だろうとそれなりに特殊ゾンビが存在する。全周防御が完成しても安心できない。
また、廃墟の規模も目を疑う大きさで迂闊に手が出すとそのまま飲み込まれる。
最難関として追加されただけあってプレイヤーへの殺意に溢れているマップ。

だが前述の通り金に物を言わせた戦法が取りやすいマップでもあるため、序盤さえ乗り切れば中盤以降は余裕が出て来る。
最終ウェーブ期日が長いほどその恩恵を長く得られるので、期限設定が長いほど難易度係数に割に楽にクリアできるマップでもある。
逆に期限設定が短いと、序盤の立ち回りが非常に苦しいため極めて難しいマップに変貌する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます