埴安神袿姫のスペルカード。

  • イドラ
    • ラテン語のイドラ (idola, イドルム idolum の複数形)。「偶像」を意味し、英語のアイドル (idol)の語源となった。
  • ディアボルス
    • diabolus. ラテン語で「悪魔」の意。
    • di-a-bolus と分解すると、di は「2」、bolusは「丸く柔らかい塊」を意味することから、粘土を手に持って偶像を作る彼女をイメージ?

備考
  • オーバーロード
    • 作家、アーサー・C・クラークのSF小説「幼年期の終わり」に登場する宇宙生命体の種属。
      高度な文明を持つ。
    • オーバーロードは巨大な宇宙船に乗り、冷戦期の地球の各都市に突如として現れる。
      オーバーロードは地球人の核攻撃、宇宙船に効果を成さなかったその爆発に何ら報復せず、
      彼らの発達した技術で地球の民族問題を解決し、巧みな地球語音声の交渉で地球人を懐柔していく。
      その後、1世紀に渡るオーバーロードの指導は、人類を平和と繁栄の黄金時代に導くも、
      それは来訪の真の目的ではなかった。
    • オーバーロード達はしばらくの間、人類の目にその身を晒さなかった。
      理由は、オーバーロード自身の姿が、人類の宗教画に現れる不吉な存在に酷似していたため。
      しかし偶然の一致ではなく、絵が描かれたことは予知であり、その潜在的な予知力が
      オーバーロードの目的の一端だった。事実、彼らの来訪が人類の終焉の端緒となる。
    • 物語の終盤。人類の指導の目的について、オーバーロードの代表、カレルレンは比喩として、
      「オーバーロードはろくろであり、地球人類はそのろくろで形作られている粘土」と人類に語る。

弾幕

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます