「ドッペルゲンガー」
サモンドッペルゲンガー

宇佐見菫子の真のオカルト、オカルト必殺技。

  • ドッペルゲンガー
    • ドイツ語のDoppelgänger。Doppelは「二重」(英:double)のこと。Doppelgängerは原義としては「二重に歩く者」という意味。
    • 自分自身と同じ姿をしたもう一人の自分を見る幻覚現象のこと。また、実際には見ていないがそれが周囲にいると信じ込む妄想症状を含めることもある。
      • この幻覚症状は「自己像幻視(じこぞうげんし)」(英:autoscopy)と呼ばれる。
        医学的には、何かしらの精神疾患、脳疾患(てんかん、解離性同一性障害、統合失調症、脳腫瘍など)によりこの幻覚が現れることが報告されている。
        また、アルコールや薬物の摂取でもこの幻覚が現れることがあるようである。
    • 自分のドッペルゲンガーを直接見た者は、遠からず死ぬという都市伝説がある。
    • 現代においては漫画、アニメ、ゲーム、小説など様々な媒体で題材になることがある。作品により設定は異なるが、ドッペルゲンガーを妖怪やモンスターの一種として扱うケースもある。
  • サモン(summon)
    • (動詞)召喚する。

  • 宇佐見菫子のドッペルゲンガー
    • 東方深秘録において菫子が結界を超えて幻想郷に来た際、「都市伝説異変」の影響により菫子の生身が二つに分かれ、一方が幻想郷に取り残された。
      その幻想郷に取り残された方がドッペルゲンガー。
      外の世界にいる菫子が眠ると、幻想郷側のドッペルゲンガーと意識を共有する。そのため、菫子は眠ると「幻想郷に来る」ことになる。
      また、菫子が寝ていない場合、本体がいないとドッペルゲンガーは存在できないため、幻想郷に菫子は現れないとのこと。*1

登場

  • 東方深秘録
    • ドッペルゲンガー (オカルト名)
  • 東方憑依華
    • ドッペルゲンガー (オカルト名)
    • サモンドッペルゲンガー (オカルト必殺技)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます