霊烏路空のスペルカード。

  • ホットジュピター(Hot Jupiter)
    • 恒星に非常に近い位置にあるガス惑星(木星型惑星)のこと。表面温度は数百度と予想されている。
      • 木星型惑星の主成分は太陽と同じ(水素とヘリウム)。
  • ホットジュピター落下モデル
    • 本来恒星から離れた位置に生まれるはずの木星型惑星がなぜ恒星に非常に近い位置に存在するのかを説明する仮説の一つ。
      長い年月のうちに星間物質による抵抗力(空気抵抗のようなもの)で遠心力を失い、恒星の重力によって徐々に“落下”していったものだという説。

備考
    • アーサー・C・クラーク『2010年宇宙の旅』では、木星そのものが、外部干渉により太陽系「二つ目の太陽」と化した。
      小型だが本物の恒星なので、ホットジュピターどころではないが。恒星化した元ジュピターはルシファーと呼称されるようになった。
      • ルシファーは地獄の王とされる堕天使。出典によっては地の底に封じられている。
        ルシファーの名は「光を帯びる」「光を生ずる」を語源とする。

弾幕・技

  • おくうの周囲に8つの高熱ガス球が生成され、徐々に落下。接地と同時に大爆発する。
    • 核融合炉の炉心に向かって落下。

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます