燕石博物誌のオリジナル・BGM。

  • シュレディンガー
    • 物理学者、エルヴィン・シュレーディンガーのこと。
      オーストリアの物理学者で波動力学説や後述のシュレーディンガーの猫を提唱した事で有名。
  • シュレディンガーの猫
    生きているか死んでいるか分からない状態に置かれた猫のことを指す。
    • 物理学者、エルヴィン・シュレーディンガーの提唱した哲学的な実験。あくまで思考実験(仮想の実験)であり実際に執り行われた訳ではない。
      • 1時間の間に50%の確率で原子核崩壊が起こる放射性物質の塊があるとする。この原子核崩壊がガイガーカウンターで検出された場合に毒ガスを放出する装置を作る。この放射性物質の塊と毒ガス装置、そして猫を同じ箱に1時間入れておく。原子核崩壊が起これば猫は死に、起こらなければ猫は生き延びる。ふたを閉めると装置や猫の状態は箱を開けるまで分からないものとする。
        コペンハーゲン解釈の考え方では、ミクロの現象である原子核崩壊は、観測が行われるまで崩壊した状態と崩壊していない状態の重ね合わせになり、観測が行われた瞬間にどちらかの状態に決定(収縮)する。
        この考え方に従うと、量子力学的には極めて大きい物体である猫までもが、観測するまで(つまり箱を開けるまで)生きている状態50%と死んでいる状態50%の重ね合わせという不可解な状態になってしまうとして、シュレーディンガーはコペンハーゲン解釈を批判した。
    • イントロはやや暗めで不安になるのだが、段々明るくなっていく。

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます