霧雨魔理沙のスペルカード。

魔理沙の地平線。
プレイヤーはある点より近づく事も、離れる事も出来ない。
 ―黒魔「イベントホライズン」(Hard)のコメント
魔理沙風の結界。
 ―黒魔「イベントホライズン」(Luna)のコメント

  • イベントホライズン(Event horizon)。日本語訳すると「事象の地平面」
    • ブラックホールに近付いて光すら脱出できなくなる領域との境界。
    • 別名、シュバルツシルト面。
    • 外部の観測者から見るとブラックホールに落ちていく物体は時間の進み方が遅れ、
      最終的に事象の地平面の位置で永久に停止するように見える。
      つまり近づく事も離れる事もしなくなるように見える。
  • 黒魔
    • 黒魔法
    • ブラックホールな魔法

備考
  • イベントホライズンを越えると外部から停止したように見えるメカニズム。
    • この現象は「一般相対性理論」で説明できる。
      一般相対性理論では、「重力が強い場所は弱い場所に比べて時間が遅く流れる」とする。
      これは机上の空論ではなく、地球上と(重力の弱い)衛星軌道上では時間の進みが異なることが実際に観測されている。
      ブラックホールは重力が極限にまで大きい天体であり、これに近づくと外部と比較すると「極限まで時間の進む時間が遅くなる」。
      これにより、落下物は「永久に停止するように見える」ことになる。
      • ただし、上記はあくまで外部の観測者視点での話。
        落下物からみれば外部の時間が異常な速さで流れているだけで、落下物にとっての「主観時間」に何ら変化はなく、普通にシュバルツシルト面を越えることができる。
        もちろん、越えた時には外では途方もない時間が経過していることだろう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます