因幡てゐのスペルカード。

  • 借(しゃく)
    • 大国様から借りてきた?
    • 大穴牟遅に対する恩(皮を剥がれたときの治療法の件)があるから、それを「借りがある」と解釈したのかも?
  • 大穴牟遅(おおなむち、おほなむち、おほなむぢ)
    • 大国主の若い頃の名前。
      因幡の八上比売(ヤガミヒメ)への求婚に向かう途中の八十神(大国主の多くの兄弟たち)
      に嘘の治療法を教えられて、鮫に皮を剥 がれた傷が更に悪化した因幡の素兎に正しい治療法を教えた。
      因幡の素兎はそのお礼に、ヤガミヒメが大国主を選ぶという予言をした。
      • 東方儚月抄で、てゐが大国様のことを「大変な美男子、兎達の憧れ」と言っている。
  • 大穴牟遅様の薬
    • 大国様が因幡の素兎に教えた治療法。体を真水で洗い、蒲黄(蒲の花粉)の上で寝るように言った。
      その通りにすると、鮫に皮を剥がれていた因幡の素兎に、再び毛皮が戻った。
      • この事から、大国様は医療の神としても崇められている。
      • 蒲黄には止血作用があり、実際に止血薬として用いられたという。
    • ヤガミヒメを取られて恨んだ八十神に焼けた大石をぶつけられて、大国様は焼死。
      大国様の母親がカミムスビに助けてほしいと頼むと、キサガイヒメとウムギヒメを遣わした。
      キサガイヒメが削った赤貝の貝殻の粉を、ウムギヒメがハマグリ汁に溶いて母乳を混ぜた「八上薬」を
      大国様に塗ると、火傷により焼けただれた皮膚も元に戻り蘇った。
      八上薬はキチン質を含んでいて、実際に火傷の塗り薬に効能があるらしい。

弾幕

  • 黄色と緑色の2種類の兎が飛び跳ねまくる様子。

コメント

そう。これが二兎を追う者は一兎をも得ずって
事なのね。
沢山の兎の写真が撮れたけど。

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます