住吉三神(すみよしさんじん)のことかと思われる

  • 住吉三神
    • 表筒男神(うわつつをのかみ)、中筒男神(なかつつをのかみ)、底筒男神(そこつつをのかみ)からなる三神をいう。
      • 伊邪那岐命が伊邪那美命を連れ戻そうとして黄泉の国へ行ったが、連れ戻すことができなかった。そこで伊邪那岐は、「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」へ行って黄泉の国での穢れを祓う禊を行う。その時、瀬の深いところで底筒男神が、中間あたりで中筒男神が、浅瀬で表筒男神が生まれたとされている。
      • 海上交通の要衝・大阪に鎮座して航海を守護する海の神で、航海安全などのご利益があるとされる。
      • 古事記では上筒之男神、中筒之男神、底筒之男神とも表記される。東方儚月抄の巻数、「上、中、底」はこれに由来すると思われる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます