刃符「山姥の包丁研ぎ」
刃符「山姥の鬼包丁研ぎ」
研符「狂い輝く鬼包丁」

坂田ネムノのスペルカード。

  • 山姥の包丁研ぎ
    • 山姥は、旅人や道に迷った人間を家に誘い、寝静まると庖丁を研ぎだしてその人間を食べる準備をしだす、という伝承から。
      (昔話「三枚のお札」など)
  • 鬼包丁
    • 江戸時代の剣豪 柳生厳包(やぎゅうとしかね)が愛用した日本刀(脇差)の異名。「柳生の鬼包丁」。肥後守秦光代の作。

弾幕

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます