大禍津日神(おおまがつひのかみ)または枉津日神(まがつひのかみ)のことかと思われる

  • 大禍津日神
    • イザナキが黄泉の国から帰ってきて禊を行った際、「古事記」では八十禍津日神(やそまがつひのかみ)と大禍津日神(おほまがつひのかみ)の二柱、「日本書紀」八十枉津日神(やそまがつひのかみ)と枉津日神(まがつひのかみ)が生まれたとされている。
    • マガツヒとは、災厄の神霊を意味する。
    • 現在は、厄除けの神として信仰を集めている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます