東方憑依華 〜 Antinomy of Common Flowers.


  • 東方第15.5弾。2017年12月29日コミックマーケット93で製品版頒布。31日委託開始。2018年1月5日Steam版配信開始。
一心同体、憑依系弾幕タッグアクションゲーム!


キャラクター

*1

博麗霊夢

博麗神社の紅白な巫女さん

仙人と完全憑依異変の調査へ向かうものの
すぐにこの異変が一筋縄ではいかないと悟る

決闘では緩急の強い弾幕と体術を武器に立ち回るバランス型

対戦勝利会話

霧雨魔理沙

魔法の森で研究に勤しむ白黒の魔法使い

完全憑依異変を知り、奇妙なスレイブと憑依バトルを楽しむ
だが魔理沙は気づく、完全憑依の噂はあまりに早く広がっている事に

火力とスピードの研究に余念のない彼女は
決闘でも大味だが大火力とスピードで敵を翻弄します。

対戦勝利会話

雲居一輪

入道を従える寺の妖怪僧侶。

完全憑依異変を調べる主に従い憑依バトルに赴くが
相方とのマスター権限争いで揉めに揉めた模様

付き従う入道の雲山の圧倒的パワーとリーチで戦う
足の遅ささえカバーすれば相手は手も足も出ない

対戦勝利会話

聖白蓮

  • 聖白蓮 (超人的で悟りを開く大阿闍梨)
妖怪も受け入れるお寺、命蓮寺の主。

異変を危険視し、完全憑依の調査に乗り出す
部下の手も借り完全憑依とは何かを探ろうとするが…

対戦勝利会話

物部布都

風水を操る古風な仙人

完全憑依異変を調べる主に従い、その原理を探る
相方とのマスター争いは休戦状態だが、それが思わぬ結果に

戦闘では設置した皿を利用する必殺技と
素早い機動力で戦うスピードキャラ

対戦勝利会話

豊聡耳神子

現代に復活した偉人であり道士

完全憑依異変を追うため商売敵と手を組む
その目的は「もう一つの完全憑依」の謎を解くためである

オカルト必殺技で打撃強化と射撃強化の戦闘スタイルに変わるが
その選択は相手次第、向こうが望む恐怖を与えよう

対戦勝利会話

河城にとり

技術と経済を信奉する河の住人

異変に商機を見出した河童は憑依バトルで完全憑依の謎を探る。
期せずしてそれは異変の核心に迫る事になる

様々な火器によるバリエーション豊かな射撃が売り
弾幕の薄さが気になる人は是非

対戦勝利会話

古明地こいし

目を閉じた心の読めないサトリ

他人に憑依し乗っ取ってしまう完全憑依
心が空っぽの彼女は今日も誰かにフラリと憑依している

プレイヤー操作と別の行動が割り込むビックリキャラ
人間の限界を超えた超反応か突然の自爆となるかは使い手次第

対戦勝利会話

二ッ岩マミゾウ

外からやってきた妖怪狸の大将

憑依バトルを制する者が異変を制す
利害の一致した相方と最強の完全憑依使いを目指す

妖怪狸を駆使した多人数戦は圧巻なものの
手下は大事に使わないとやられて孤立する羽目に

対戦勝利会話

秦こころ

あらゆる感情を操る面霊気

感情を操る彼女の力は思わぬところで異変と繋がっていた
そこを見込まれスカウトされた彼女は憑依バトルに明け暮れる

自身の感情を変化させることでスタイルが変化する
感情を制する者が戦闘を制するテクニカルキャラ

対戦勝利会話

茨木華扇

動物に好かれるお節介な仙人

完全憑依異変にいち早く反応し霊夢と組むも
一筋縄でいかないと判断した彼女は巫女の特訓を開始する

「腕」による変則的な打撃と、ペットによる多彩な攻撃が売り

対戦勝利会話

藤原妹紅

竹林に住む正体不明の不死人

完全憑依による決闘は長く生きた彼女にも刺激的だった
大暴れの機会を満喫すべく、利害の一致する相棒とタッグを組む

自らの体力を減らして繰り出す捨て身の攻撃で攻め立てる
文字通り命を燃やして戦うインファイター

対戦勝利会話

少名針妙丸

打ち出の小槌を振るう小人族

憑依バトルを制するべく、最強の相棒を試して回る
最終的に選ばれたのはとんでもない奴だった

小柄な体躯とスピードを駆使して引っ掻き回すスピードキャラ
お椀と針の剣を駆使した打撃は侮れない

対戦勝利会話

宇佐見菫子

今時の超能力女子高生

夢の中で幻想郷に訪れる事ができる彼女、
だが、この日の幻想郷はいつもと全く違う景色を見せていた

動かずどこからでも捉える超能力を駆使して戦う要塞タイプ
相手を前後左右から襲い掛かる瓦礫の山に埋めてしまおう

対戦勝利会話

鈴仙・優曇華院・イナバ

狂気を操る元、月の兎

今宵の鈴仙は鈴仙にあらず
幻想郷の誰もが彼女に驚くことになる

狂気を操るオカルト「くねくね」が最大の特徴
くねくねを見た相手が狂気に陥れば、鈴仙の大チャンスとなる

対戦勝利会話

ドレミー・スイート

夢の世界を支配する妖怪

本来、夢の世界に引きこもっている彼女が幻想郷で目撃された
はたしてこれが意味する事は一体何か

攻撃で敵から抜き出し奪うことができる「夢魂」が特徴
奪えば奪うほど、彼女のオカルト技が強力に
  • 自機
  • ストーリーモード
    • 夢礫符「羊毛色のサイコキネシス」? (夢の宇佐見菫子との合同スペルカード)
    • 夢要符「羊毛色の乾坤一擲」? (夢の比那名居天子との合同スペルカード)

対戦勝利会話

比那名居天子

常識外れの不良天人

久方ぶりに降り立った幻想郷は空前の完全憑依ブーム
高貴な自らに相応しい相方を見つけた彼女に地上の敵はない

状況に合わせ姿を変える緋想の剣での万能戦闘
意のままに動く要石によるオールレンジ攻撃
そして大気圏を支配するオカルト「HAARP」が嵐を呼ぶ!

対戦勝利会話

八雲紫

  • 八雲紫 (神出鬼没で裏表のある妖怪)
あらゆる存在の境界を操るスキマ妖怪

完全憑依異変と共にこの妖怪が動き出した
果たして彼女はこの異変の黒幕なのか?

境界を操作する事で繰り出される反則技の数々
スキマの向こうから襲ってくるのは謎の漂流物から
次元の狭間に紫本人までと予測不能

対戦勝利会話

依神女苑&依神紫苑

対戦勝利会話(女苑)

対戦勝利会話(紫苑)

音楽

  • タイトル
    • 異変の種子 本編中に「異変の種子」が成長していくので同一記事にまとめた。

物語概要

都市伝説その後…
『完全憑依』と呼ばれる不可思議な現象が起こっていた。
全くの別人が、精神のみならず肉体をも乗っ取る現象である。
しかし案ずる事は無い、霊夢はこの現象について既に原因を突き止めていたのだ。

「最強の二人が手を組んだ」
「人間に良くない事が起こるかも」
「一人では手に負えない敵が現れたのか」
里の人間が恐怖心からかそういった、他愛の無い噂をしていたのだ。

『都市伝説異変』と呼ばれる未解決異変により、実体の掴めない噂は具現化する傾向にあった。
今回の『完全憑依』もその『都市伝説異変』の一つである事は明らかである。

この物語は、『完全憑依』を監視する者、利用する者、訳もわからず巻き込まれる者、
そして裏に潜んだ脅威を曝こうとする者……。
「最強の二人は自分達の事だ」と誤解した者達の、悲喜交々のストーリーである。
東方憑依華 公式サイト 物語概要 より

タイトル

  • 憑依
    • 霊などが乗り移り、取り憑くこと。この言葉自体は比較的近代、40年代頃ドイツ語の学術語を翻訳する際に生まれたことば。トランスともいう。
      • よりつく。頼りにする。乗っ取る。もたれかかる。よりつく。
      • よりかかる、もたれる。頼む、そのまま(依然)、助け合う。
    • 完全憑依
      • 今回の異変により発生している現象。
        完全に肉体を奪われてしまい、被憑依者は憑依者の姿となる。
        通常、憑依といえば「姿形は被憑依者のまま精神だけ憑依者が乗っ取る」イメージだが、完全憑依はこれとは異なり姿形も憑依者の形態をとる。
        外からこの現象を見ると、被憑依者がいた場所に憑依者が置き換わって現れたように見える。
        (東方深秘録 エクストラストーリーより)
  • Antinomy of Common Flowers
    • ありふれた華々の自己矛盾
    • Antinomy
      • 二律背反、矛盾、パラドックス。
      • 二律背反とは、「私の言葉は常に嘘である」のように、二つの相反する命題が矛盾しながらも同時に存在するパラドックスのこと。
    • Common
      • 共通の、普遍的な。一般的な。ありふれた。
      • 地の色は黄色も参照されたし。
    • Flowers
      • 花たち。栄える。美しい人。俗語的な意味で、「エロティックな」という意味もある。
    • Common Flowers
      • 団結した花達。
      • 名もなき、普通の花達。 アレンジされた曲のうち、花を冠している曲は地の色は黄色天衣無縫
    • 今作ラスボス依神女苑依神紫苑の名前の元ネタは花の名前。それぞれ「ヒメジョオン(姫女苑)」「ハルジオン(春紫苑)」。
      どちらも道端に咲くありふれた雑草の類いである。(参考 wikipedia:ヒメジョオン wikipedia:ハルジオン
    • 女苑は疫病神で「財を持っている人間に取り憑き、不幸にしていくという意味では、財禍を操る神」、紫苑は貧乏神で「実は相手を貧乏にする事で財禍から守ってくれる守り神」。*2
      • お金を失くさせるという意味では共通しているが、本質的な意味では本来は相反する要素を持った(アンチノミーな) コンビと言える。
    • 女苑は「人には妙に好かれるが、結果周りを不幸にして恨みを買う疫病神」、紫苑は「取り憑かれると運気が落ちて、貧乏になるので、誰からも嫌われる貧乏神。」*3
      • 最初(だけ)は女苑は「好かれる」ため対称的だが、結局嫌われるので同類の嫌われ者姉妹(コンビ)。
        雑草のヒメジョオンとハルジオンは両者とも外来植物として嫌われている。

備考
  • 依憑、依願
    • 依り頼む。こちらは憑依とは関係がなく、誰かを頼りにする、の意。
    • 修験者や巫女が神降ろしをする際に、神霊を乗り移らせる器のことを、憑巫(よりまし)という。
  • 憑く
    • 「月」は奈良時代以前は「ツク」と読んでいた。
      月と憑きは遡ると同じ語源とされる。付く、附くなども同様。*4

その他

  • タイトル発表時、ZUN氏はテーマは「エロ」「耽美」と発言していた。
      • が、特出したエロはなし。
      • のちに、ZUN氏は「そういうイメージで作ったが、結果あまり耽美ではない」と発言している。(2軒目から始まるラジオ 第86回)
      • なおZUN氏は、過去に「弾幕はエロい」等の発言をしたことがある。(キャラ メル vol.7、キャラ メル vol.8)
      • 東方外來韋編掲載のZUN氏インタビューの内容も関連しているか。
        タイトルは最初「憑依花」だった。「華」だとエロいイメージが強い気がするうえ、作品のニュアンス的にも普通の「花」だった。
        しかし、「花」だと東方花映塚と略称が被るうえ、「憑依花」は他ですでに使われていた名称だったため、「華」のほうを採用した。(東方外來韋編 2018 Spring!号)

システム

  • 2vs2制度の完全憑依システムを搭載。ゲージを消費してキャラクターを入れ替えるシステム。前作のオカルトボール制度は廃止された。
ある人物が突然他の誰かに入れ替わる「完全憑依」と呼ばれる怪異
今回の登場人物たちは「マスター」と「スレイブ」の二人組になることで
これを自在に操る事ができます。

プレイヤーは「マスター」と「スレイブ」の二人を選び
戦局にあわせて二人を入れ替え戦う弾幕タッグバトルに挑みます。
マスターはスレイブの力を借りて戦い、時には窮地を救い
有事の際には使い捨てる、そんな愛と友情とブラック決闘が繰り広げられます。
(東方憑依華公式サイトより)
  • マスター、スレイブ
    • マスター(master)は主人で、スレイブはマスターに仕える奴隷で相反する立場の身分。
      • スレイブはマスターの対義語でもあり、「制御される」という意味。『肉体を提供している側』という意味もあるか。

対戦モードでの二つ名

タッグを組ませるキャラの組み合わせで二つ名が自動で作成される。
  • 基本は「○○で××な二人」
    • マスターキャラの二つ名から○○、スレイブキャラの二つ名から××がとられる。
    • 例外
      • ドレミー・スイートは組む相手を問わず、二つ名は「夢を見せる二人」で固定される。(ただし、「二人」の部分は以下の通り「三人」となる場合もある)
      • 雲居一輪または依神女苑&紫苑が入ると「二人」が「三人」となる。また、一輪と女苑&紫苑が組むと「四人」となる。
        一輪は雲山をカウントして二人、女苑&紫苑は二人組であるため。
    • 例:博麗霊夢(マスター)霧雨魔理沙(スレイブ)の場合 「自由奔放で星好きな二人」
        雲居一輪(マスター)ドレミー・スイート(スレイブ)の場合 「夢を見せる三人」
        依神女苑&紫苑(マスター)雲居一輪(スレイブ)の場合 「最凶最悪で巨体怪力な四人」

時系列

体験版のジャケット

      • 単調なカラーで描かれたキャラ
      • 水色の鈴仙、臙脂色の妹紅、黄色の魔理沙、紫色の霊夢。孰れも深秘録で使用された立ち絵の流用。
      • 体験版の「験」が旧字体の「驗」。

タイトル画像

このページへのコメント

オカルトボールらしきアイテムだった憑依玉が憑依アイテムになって完全に深秘録とは区切られたって書いてあったやつ消えてない?

0
Posted by 名無し(ID:Ao5iiNcWYQ) 2018年01月12日(金) 09:43:03 返信

頒布開始間近となりましたので
体験版や製品版告知文等は削除しました。

それ以外の「情報」の項目にあった内容を
「その他」に移動させました。

0
Posted by  k_touhou_edit k_touhou_edit 2017年12月27日(水) 00:01:36 返信

荒らされていたので修正しました

0
Posted by NONAME BYAKUREN 2017年12月18日(月) 11:56:05 返信

キャラクターの項ですが
「見出し」にあたる部分にリンクを張ると
#contents(目次)が機能しなくなるため
「見出し」からはリンクを外し
キャラページへのリンクは別につけました
(深秘録などと同様の形)

よろしくお願いします

0
Posted by ID:ntL1ovsuVw 2017年12月16日(土) 23:38:10 返信

元ネタwikiは予想サイトではありません。
元ネタ考察ではない、「個人的な予想考察」の部分は削除いたしました。
ご了承ください。

0
Posted by ID:nCBdReITZg 2017年03月15日(水) 21:44:40 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます