摩多羅隠岐奈(真)のスペルカード。

  • 後戸
    • 仏堂の背後にある戸。ご本尊の背後の戸の中にご本尊の守護神や根本となる秘仏秘神などを安置する。
      ここから摩多羅神は「後戸の神」とも表記される。
  • 狂言
    • 伝統芸能の一つで能楽の内の一つ。能よりも滑稽味が強調された笑劇が基本となる。
    • 摩多羅神は「能楽の神」でもある。

弾幕

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます