比那名居天子のスペルカード。

  • 非想非非想(ひそうひひそう)
    • 仏教における天界の最上位の世界は「非想非非想天」。有頂天、非想非非想処とも呼ばれる。
    • 意味としては「これより下の世界と比べると心の動きは消えている(非想)ものの、完全に心の動きが消えたわけではない(非非想)」ことを指している。
      • これは「非想非非想天より下の世界よりは悟りに近いが、決して悟りを得ているわけでない」ことを意味している。

  • 相手を剣でロックする。攻撃を受けた相手は、一定時間ゲーム内のシステム「天候」の影響を受けなくなる。

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます