(ほうらいさん かぐや / Kaguya Houraisan)

蓬莱山輝夜

  • 蓬莱山(ほうらいさん)
    • 竹取物語で、「蓬莱の玉の枝」があると言われる、東の海にある霊山。
    • 秦の始皇帝が、徐福に不死の霊薬を取りに行かせた、東の海にある三神山の一つ。
    • 富士山の異称。中国の文献の義楚六帖では富士山は別名蓬莱山であり、徐福がやって来てそこに留まったとされている。
      • 富士山縁起の中にはかぐや姫が富士山の祭神として登場するものがある
    • 日本庭園の形式の一つ。
      池の中心に橋をかけないで島を作り、それを桃源郷として思いを馳せる。
    • 中国神話に出てくる「霊亀」という巨大な亀は、蓬莱山を背負い、その中には不老不死となった仙人が住むと言われる。
    • 大分県大分市には蓬莱山古墳と呼ばれる前方後円墳が存在する。全長57m、高さ6m。
  • 輝夜(かぐや)
    • 月人としての名前は「カグヤ」。
    • 竹取物語の「かぐや姫」から。
    • 富士山縁起には「赫夜(かぐや)姫」が登場する。赫は音読みでカク、訓読みはかがやくで輝と同義の字である。
    • 清水玲子「輝夜姫」(当時連載中)と同字。
    • 石井眞木が作曲した交響組曲「輝夜姫」。

二つ名

  • 永遠と須臾の罪人 (永夜抄、儚月抄REX第1話)
    • 竹取物語におけるかぐや姫の立場も地上への流刑となった罪人。
  • 地上に隠れ住む月の姫 (書籍文花帖)
  • 人間らしくないお姫様 (文花帖)
  • 永遠のお姫様 (求聞史紀)

能力

  • 永遠と須臾を操る程度の能力、永遠と須臾を操る能力
  • 須臾を操る程度の能力 「須臾の集合体(求聞史記)」を使う事で「人間には全く感知できない(同上)」まま行動する事が出来る。
    • 『竹取物語』のかぐや姫は短期間で成長したり一瞬で消える事が出来る。
  • 須臾の能力による異なる歴史(求聞史記)
    • エヴェレットの多世界解釈?

種族

  • 月人

持ち物

  • 蓬莱の玉の枝(ほうらいのたまのえ) (儚月抄の読みがな)

備考
  • 竹取物語では「ほうらいのたまのえた」(濁点がないのは歴史的仮名遣い)。

スペルカットイン

下から時計回りに、

服の柄

  • 紅葉(楓)
  • 蝶(揚羽蝶)

    • 輝夜は月出身。
    • 月の使者から姿を隠すために「雲隠」している事の暗喩?
    • または月を隠すものの象徴としての雲。
  • 桜・竹・紅葉・梅
    • スカートの桜(春)・竹(夏)・紅葉(秋)・梅(冬)は四季を表す。
    • 袖の模様は家紋の「揚羽飛ビ蝶」の一部分に酷似。
    • 蝶は魂を表す。

スペルカード

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます