古明地こいしのストーリー。対戦相手は(二ッ岩マミゾウが化けた)博麗霊夢


タイトル

マミゾウ何という化かし甲斐の無い奴じゃ
こいつの目には何が映っとるんじゃろな

参考



二ッ岩マミゾウ STAGE 5 狸につままれたよう 対戦相手は、
博麗霊夢

タイトル

  • 狸につままれたよう
    • 狐につままれる
      • 狐に化かされる様。
        転じて、意外な事が起こって何が何だかわからず、ぽかんとする様子。
    • 二ッ岩マミゾウは狸の妖怪。

参考


霧雨魔理沙 STAGE 3 おはようから地獄の底まで
対戦相手は、古明地こいし

タイトル

  • おはようから地獄の底まで
    • 洗剤や石鹸、歯磨き粉といった生活日用品を扱うメーカー、ライオン (Lion Corporation) の企業キャッチコピー、
      「おはようからおやすみまで、暮らしをみつめる」(1980年1月〜1990年12月) から。
      • 地獄の底=死後の世界=おやすみなさい、のイメージか。
        ゆりかごから墓場まで?
      • 「おはようからおやすみまで、〜をみつめる。」からストーカーじゃないかと、
        面白おかしく言われることがある。
        転じて、見られていても気づかない(=ずっと見られている可能性がある)
        古明地こいしのことを揶揄している?

参考


博麗霊夢 STAGE 3 風水対アニミズム
対戦相手は、物部布都

タイトル

  • アニミズム
    • 生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。
      19世紀後半、イギリスの人類学者、E・B・タイラーが著書『原始文化』(1871年)の中で使用し定着させた。
      • 日本語では「汎霊説」、「精霊信仰」「地霊信仰」などと訳されている。
        この語はラテン語のアニマ(anima)に由来し、気息・霊魂・生命といった意味。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます