ふくとくで、通販・お取り寄せサービスを利用して購入した人による口コミ評判まとめwiki



ふぐの種類


食用のふぐは厚生労働省に認められた22種類のみです。

その中でも主に食用として用いられているのはこの6種類です。

とらふぐ
体に小さな棘が生えており、体に大小の斑点があるフグ。
尾びれが白いので、下関では「シロ」と呼ばれており、食用のフグの中ではもっとも高級品とされている。

シロサバフグ
独特な鯖のような光沢を持ったフグ。
フグは有毒な魚だが、シロサバフグは無毒な食用フグ。

マフグ
斑点はなく、体に棘が生えてないフグ
棘のない滑らかな皮なので、「ナメラフグ」とも呼ばれている。
毒性はとらふぐよりも強く、皮にも毒が含まれている。

ヒガンフグ
皮に棘は生えていないが、突起が生えているフグ。
春の彼岸の時期に産卵期に入るので、ヒガンフグと呼ばれている。

アカメフグ
体の色は桃色のような赤褐色で目の赤いフグ。
市場などに入荷することはほとんどなく、値段は安い。

ショウサイフグ
小さな棘はなく滑らかな見た目のフグ。
値段の安い中型のフグ。
乾物などの加工品として出回っている。




産地直送で新鮮 安心 低価格【ふくとく】購入サイトへ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

厳選!お取り寄せグルメ情報局

ふくとく取り扱い商品一覧

とらふぐ単品

ふくとくの口コミ・レビュー

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!