人気シリーズ「討鬼伝」の新作スマホゲーム『クイズバトル討鬼伝』の攻略Wikiです。おすすめの攻略法をまとめて幅広く載せていきます。




大型『鬼』

ゴウエンマ

ゴウエンマ・タマハミ
業焔魔。
獄炎をまとったお大型の『鬼』。
圧倒的な体躯に、すさまじい力を宿している。
高位の『鬼』と考えられているが、詳細は判明していない。
  • 本体、角、腕、

ミフチ

ミフチ・タマハミ
深淵。
蜘蛛のような身体と獅子に似た頭を持つ、大型の『鬼』。
民間において牛鬼と呼ばれ恐れられている存在と同一のものと考えられている。
鎌状の鋭い鉤爪は、数多の獲物の血に濡れている。
-

カゼキリ

カゼキリ・タマハミ
風切。
四足獣のような姿をした、大型の『鬼』。
風を切って疾駆する姿から、この名が付けられた。
俊敏な動きから繰り出される鋭い一撃によって多くのモノノフが命を散らしている。
-

クエヤマ

クエヤマ・タマハミ
崩山。
山のごとき体躯を誇る、大型の『鬼』。
知能が高く、だまし打ちをするなど、狡猾な行動が報告されている。
一方で、圧倒的な巨体から放たれる攻撃は、驚異の一言、
空進や跳躍攻撃は、まともに受ければ骨まで砕かれる。
-

ツチカヅキ

ツチカヅキ・タマハミ
土潜。
巨大な腕鰭を持つ大型の『鬼』。
本来、地面を掘り進むための腕鰭は力強く発達しており、振り回されるだけで脅威となる。
また「腹で滑る」という特異な突進攻撃も、腕鰭による身体の制御があればこそ、実現されていると考えられる。
従ってツチカヅキとの戦いでは、腕の破壊を狙うことが推奨される。
-

ミズチメ

ミズチメ・タマハミ
水蛇女。
女性のような姿をした、大型の『鬼』。
脚部が蛇のような形状をしていることから、この名が付いた。
知能が高く、呪術に長けており、水氷の力を自在に操る。
奇病「夢患い」の原因とされる。
眠りに落ちたまま目が覚めないという症状の者が出た際は、周辺「領域」でのミズチメ捜索を推奨する。
  • 本体、角、腕、蛇

ヒノマガトリ

  • 本体、角、翼、尾、足

クナトサエ

  • 本体、角、翼、尾、足

ダイマエン

  • 本体、角、翼、尾、足


小型『鬼』

同種の『鬼』の強さ

  1. ノーマルタイプ
  2. ノーマルの体が青くなった不浄タイプ、黄色くなった黄泉タイプ、朧タイプなどの亜種
  3. (1)からモヤが立ち昇る強化タイプ
  4. (2)からモヤが立ち昇る強化タイプ
4種×3属性。下に行くほど強い。
(例)強化ガキ・不浄>強化ガキ>ガキ・不浄>ガキ
行動順を決める要素については 行動順についてダメージ計算 を参照。
モヤが立ち昇る強化タイプ

素早さ一覧

強化タイプは素早さが一段繰り上がる。
(例)ガキ/遅い→強化ガキ/普通
神速早い普通遅い
ガキ
オニビ
ササガニ
オンモラキ
ドリュウ
ノヅチ
キンキ
ナキサワ
モノイワ
ヌエ
ワイラ
マフウ

ガキ

餓鬼。
鋭い爪と突き出た腹を持つ小型の『鬼』。
異界のいたるところで見かけられる。
常に群れで行動し、人間を見つけると一斉に襲いかかってくる。
ガキ・不浄
濃い瘴気を身に宿すガキ。
長く異界に棲み、多量の瘴気を取り込んだものと見られる。
力、敏捷性とも通常のガキを上回っている。
しかし所詮はガキの変異種でありモノノフの敵ではない。

オニビ・不浄

鬼火。
燃え盛る炎に包まれて宙を漂う小型の『鬼』。
普段はあまり動かず、周囲を伺うような行動を取ることから、物見のような役割を担っていると考えられる。
強力な火炎を吐き出すため、不用意な接近は命取りになる。
オニビ・不浄
瘴気に包まれたオニビ。
長く異界に棲み、多量の瘴気を取り込んだものと見られる。
その青い炎に触れると、たちまち身が凍ると言われている。

ササガニ

細蟹。
蜘蛛に似た姿の小型『鬼』。
居所的にに、大量発生することがある。
猛毒を吐き出すため、新米モノノフにとっては注意を要する相手となる。
ササガニ・不浄
白い脚を持つササガニ。
水氷の力を身に宿し、睡眠効果のある神経毒を吐き出す。
通常のササガニが、大量の瘴気を取り込んで変異したものと推測される。

オンモラキ

陰摩羅鬼。
大きな耳で羽ばたき、飛行する小型の『鬼』。
距離を取れば雷球を吐き出し、接近すれば鞭のような尾を叩きつけてくる。
群れで行動する姿を見かけた際は慎重な対処が求められる。
オンモラキ・不浄
オンモラキの変異種。
強力な氷の息を吐き出す。
不用意に近づけば、身体の芯まで凍らされ、反撃も叶わぬままに命を奪われる。
水氷への耐性に自信がなければ、群れを見かけた際には、戦略的撤退を推奨する。

ドリュウ

土竜。
地中に潜む『鬼』。
音や振動で獲物の接近を感知し、突如、足元から襲いかかる。
普段は、地中の生物の魂を喰らっているが、異界化が進んだ「領域」では、
積極的に地上の生物を襲うという。
ドリュウ・不浄
水氷の力を宿すドリュウ。
ドリュウの群れの中に、時折、見かけられる。
長の年月、異界の土に潜んだドリュウが、体を変質させたと見られている。
長い身体を振り回すだけで霧氷がほとばしり、周囲のものは凍てつく。

ノヅチ

野槌。
巨大な体を持った『鬼』。
『鬼』には珍しく、人に興味を示さず、のんびりと異界を徘徊している。
時折、地面を咀嚼し、正体不明の物質を吐き出す行動が目撃されることから、
この世を異界に作り変える役割を持っているのではないかと推測される。
ノヅチ・不浄
多くの魂を取り込んだノヅチ。
好戦的な性質から、本来、人に興味を示さないノヅチの中に、突如発生した異常種だとされている。
白いノヅチを見ると幸せになれるという噂に対し、こちらは不幸の象徴として扱われている。

キンキ

金鬼。
金属質の皮膚を持つ『鬼』。
脚部を持たず、腕で這うように移動する。
そのため、動きは遅いものの、腕部が極端に発達している。
大きな右腕から繰り出される一撃は、強固な鎧をも打ち砕くほどの威力を持つ。
キンキ・不浄
年を経て、青く変化したキンキ。
溜め込んだ瘴気の影響で、皮膚はさらに硬く、腕はより強力に変質している。
水氷を操る術をも習得しており、右腕から繰り出す一撃で、氷嵐を巻き起こす。
キンキの中でも、首長のような存在と見られる。
キンキ討伐任務の途中で、怒りに燃えるキンキ・不浄に襲われたという報告もある。

ナキサワ

鳴沢。
蝦蟇に似た姿を持つ『鬼』。
鈍重そうな外見に似合わず攻撃的で、人間を見かけると襲いかかってくる。
猛毒の霧を吐き出し、獲物の動きを鈍らせてから、棘のある舌で絡めとる。
ナキサワ・不浄
不気味な赤色のナキサワ。
炎熱の力を持ち、炎の息を吐く。
背の瘤には大量の瘴気が溜め込まれており、瘴気を広める役割を持っていると見られる。
ナキサワの群れに匿われていることが多く、ナキサワ討伐の折、突如、姿を現すことがある。

モノイワ

物岩。
亀のような姿をした『鬼』。
その姿に似つかわしく、水辺を好んで徘徊している。
背の甲羅は岩石のように強固で、あらゆる攻撃を跳ね返す。
腹甲は比較的柔らかいため、転倒させたうえで攻撃を加えるのがよい。
モノイワ・不浄
大量の瘴気を身に宿し、穢れた赤色に変化したモノイワ。
モノイワの群れの中に、時折、見かけられる。
炎熱の力を身に宿し、炎を纏った強烈な攻撃を行う。
幸い、動きは遅いため、十分な距離を取り、行動を見極めて立ち回れば、討伐の道は開けるだろう。

ヌエ

鵺。
猿の頭、虎の胴体、蛇の尾を持つ『鬼』。
小型『鬼』の中でも、上位の種類とされる。
動きが素早いうえに、鋭い牙と爪を駆使した、強力な攻撃を持つ。
経験の浅いモノノフにとっては脅威の存在。
腕に自信がないならば、戦いは避けた方がよい。
ヌエ・不浄
大量の瘴気を身に宿し、青色に変異したヌエ。
ほんのかすり傷でも負えば、そこから瘴気が入り込み、重症化するため、犠牲者が後を絶たない。
そのため、一人で戦わないよう霊山から通達が出ている。

ワイラ

ワイラ。
赤い甲殻に覆われた、巨大な鉤爪を持つ『鬼』。
地面を滑るように動き、火炎の息を吐き出す。
獰猛な性質で、人間を見かけると襲いかかってくる。
小型『鬼』の中でも上位の種とされている。
俗に「新米狩り」と言われるほど経験の浅いモノノフに犠牲者が多い。
ワイラ・不浄
多くの瘴気を身に宿し、青色に変異したワイラ。
種の中でも最も好戦的であり、どこまでも地面を滑りながら追いかけてくる。
「アミキリ」という妖怪に姿が似ていることから、
網を投げるとそちらのほうに向かっていくという迷信が根強く信じられており、
携帯しているモノノフも多い。

マフウ

魔風。
つむじ風と共に現れる、翼を持った『鬼』。
小型と分類される『鬼』の中で、最上位の種類と目される。知能が高く、力も強い。
空を舞いながら、巧みに間合いを取り、モノノフを翻弄する。
腕に自信がない者には、戦略的撤退を推奨する。
マフウ・不浄
年を経て、青く変異したマフウ。
闇夜での視認が難しく、手練のモノノフでも討伐に手こずることが多いという。
翼から巻き起こされる風に触れるだけで倒れてしまうほど、
体に濃密な瘴気を宿している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

 

データベース

天狐たち 不定期

終わったもの


月曜特別任務ハク
火曜特別任務モノノフ
水曜特別任務
木曜特別任務
金曜特別任務乙女
土・日曜特別任務
全曜日任務常時開催中

修練

大会

その他

■ 相互リンク

公式Twitter




カウンター

ブログパーツUL5

どなたでも編集できます

メンバー募集!