創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

創造論サイド > インテリジェントデザイン文献

概要

エッセイの著者はiD.net =Intelligent Design Networkという非営利組織を主宰するカンザス州に住むWilliam S. Harris博士とJohn H. Calvert法学博士である。このIntelligent Design Networkは、インテリジェントデザイン理論を製造・販売する立場ではなく、応援団という立場にある。

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのDr. William A. DembskiやDr. Stephen MeyerそしてCasey Luskinたちはある程度、言葉を選ぶ必要がある。それは、理科の授業に侵入するために科学であるという建前を自ら覆すようなことを言えないからだ。

それに比べれば、応援団はわりと踏み込んだ言い方になる傾向がある。William S. Harris博士とJohn H. Calvert法学博士も少しオーバーランして、科学の再定義に言及している。1990年代半ばまでならDr. Stephen Meyerも近いことを言っていたが、その後は抑制気味なのとは対照的。といっても、超自然を科学は排除するなというAlvin Plantinga先生と違って、別世界へ飛んでいってはいない。

わりかやすさという点では、インテリジェントデザイン運動の誰よりもわかりやすい。Dr. William A. Dembskiはいささか難解。Dr. Michael Beheは生化学分野に限定した話がほとんど。DembskiやBeheやPhillip Johnsonなどのインテリジェントデザイン理論家たちの文献を読んできたが、このエッセイには及ばない。特に初めてインテリジェントデザインを知るには最適だ。

変に意図をカムフラージュしていないし、IDEA CENTERのFAQなどと違って途中から投げやりになったりもしない。
Kumicitのコメント

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます