創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

ロシア・東欧情勢

ウクライナの創造論者オルコフスキー


Vladyslav Serhiyovych Olkhovskyi(ヴラディスラフ・セルヒヨヴィチ・オルコフスキー, 1938-2020)はロシア沿海地方生まれのウクライナの核物理学者である。と同時に、ウクライナの創造論者であり、ホメオパシー支持者であり、「バイオレゾナンス」医療支持者でもある。

以下はウクライナ語版wikipediaの訳


wikipedia: Vladyslav Serhiyovych Olkhovskyi(ヴラディスラフ・セルヒヨヴィチ・オルコフスキー)

wikipedia:Ольховський Владислав Сергійович

Vladyslav Serhiyovych Olhovskyi(ヴラディスラフ・セルヒヨヴィチ・オルコフスキー) (1938/2/5〜2020/4/23)は、ウクライナの核物理学者であり、物理学および数理科学の博士学位(1989)を持ち、教授職をつとめ(1992)、ウクライナ物理学会員だった。と同時に、 キリスト教の擁護者、反進化論者であった。
経歴
彼は沿海地方 (ロシア) の水兵の家族に生まれた。

彼は1960年にタラス・シェフチェンコ・キエフ国立大学の放射線物理学部を卒業し、核物理学の学位 (優等卒業証書) を取得した。1960年〜1963年、タラス・シェフチェンコ・キエフ国立大学大学院に在学した。

1964年に、オルコフスキーは「中性子と核との相互作用」というトピックに関する博士論文を提出し、1989年に国立科学アカデミー核研究研究所で博士論文「継続の分析とSマトリックスのエネルギー構造を使用した核反応の研究方法」で博士学位を取得。

オルコフスキーは、国立科学アカデミーの核研究所で勤務し、タラス・シェフチェンコ・キエフ国立大学で教鞭をとっていた。彼はまた、メッシーナ大学 (イタリア)、カターニア大学 (シチリア) でも教官をつとめた。

1994 年以来、彼はウクライナ科学アカデミーの核研究研究所の核プロセスの時間分析研究所の所長を務めた。
科学研究活動
理論核物理学、量子力学、量子電気力学、数理物理学の専門家である。彼の科学的研究は、散乱行列の分析理論、超光輝現象、量子物理学における時間問題、時間不可逆性、宇宙における核融合の時間分析などの分野にフォーカスしている。

科学以外の活動
キリスト教神学に関する著書も多数ある。オルコフスキーはキリスト教の擁護者、反進化論者、ホメオパシー支持者、「バイオレゾナンス医学」としても知られている。Baptist Irpin Bible Seminary で学び、神学の修士号を取得。福音派キリスト教の伝道者でもある。

反進化論団体「 Інститут проблем походження і розвитку Всесвіту і життя(宇宙と生命の起源と発達の問題研究所)」の創設者兼所長[1]。キリスト教と創造のサイトに関するジャーナリズムと謝罪の記事の著者。 彼は、科学的に確立された地球の年齢 (45 億年)、地球上の生命の進化、および人間の進化を否定している創造論著作者。

彼は、ホメオパシーが効果的な治療手段であると考えている[2]。

彼は、Vidhuk NDC の主任研究者であり、いわゆる「量子」および「バイオレゾナンス」医学に関して、非査読論文を公表している。

オルコフスキーの専門分野 (核物理学) 以外の科学的トピックに関する発言は、科学者から繰り返し批判されてきた[3] 。

著作
折る国府スキーは核物理学に関する200以上の科学文献を発表している。
  • (ロシア語)К изучению свойств унитарной и неунитарной S-матрицы на основе причинности и условия полноты волновых функций / Теоретическая и математическая физика. — 1974. — т. 20, — 2. — С.211—222.
  • (ロシア語)Анализ фазового времени туннелирования холодных нейтронов через нейтронный интерференционный фильтр / Ядерная физика. — 2005. — т. 68, 7. — С.1139—1141. (в соавторстве)
  • Imprints of compound and direct processes in cross sections and durations of nuclear reactions, Nuclear Physics, 1984, v.A425, p. 445-457.
  • To the Investigation of Nuclear Reactions and Decays by Analysis of Their Durations, Sov. J. Part. Nucl., 1984, v.15, n2, pp. 130–148.
  • Nonstationary Characteristics in Study of Nuclear Reaction Mechanism and Kinetics and Compound-Nucleus Properties, Nukleonika, 1990, v.35, n1-3, pp. 99–144 (у співавторстві).
  • Recent Developments in the Time Analysis of Tunnelling Processes, Physics Reports, 1992, v.219, n 6, pp. 339–356.
  • More about Tunnelling Times, the Dwell Time and the «Hartman Effect», J. de Phys. I France, 1995, v.5, October 1995, Developments in Time Analysis of Particles and Photon Tunnelling, in: Proc. of the Adriatico Researcpp.1351–1365 (у співавторстві).
  • h Conf. on Tunnelling and Its Implications, ICTP, Trieste, Italy, 30 July-2 August 1996, World Sci., pp. 327–355;(у співавторстві).
  • Unified Time Analysis of Photon and Particle Tunnelling, Preprint-review IC/2001/67, the Abdus Salam International Centre for Theoretical Physics, 2001, pp. 35
  • Time Analysis of Particle and Photon Tunnelling, Physics of the Alive, 1997, v.5, n1, pp. 23–41;
  • Recent Developments in Joint Energy and Time Analysis of Nucleon-Nucleus Reactions at the Range of Isolated and Overlapped Resonances, in: Conference Proceedings, v.59, Part I, Internat.Conf.on Nuclear Data for Science and Technology, Trieste, 19-24 May 1997,Italian Physical Society, Bologna-Italy, pp. 280–282.
  • On Superluminal Motions in Photon and Particle Tunnellings, Physics Letters, 1998, v. A248, pp. 156–160 (у співавторстві).
  • Are Superluminal Group Velocities of Tunneling Photons Compatible with the Einstein Causality?, in: Time's Arrows, Quantum Measurement and Superluminal Behavior, Proc. of the Internat.Conf., Napoli, Italy, 3-5 October, 2000, Eredi — Roma, 2001, pp. 173–177.
  • Influence of Excited Radioactive Nuclei for Results in Large-Scale NuclearChronometry, in: Proc. of the Internat. Conf. Nuclear Physics at Border Lines, Lipari (Messina), Italy, 21-24 May 2001, World Scientific, 2002, pp. 244–247.
  • Superluminal Tunneling through Two Successive Barriers, Europhysics Letters, 2002, v. 57 (6), pp. 879–884 (у співавторстві).
  • Does Sub-Barrier Bremsstrahlung in Alpha-Decay of 210Po Exist? Progress of Theoretical Physics, v.109, 2, 2003, pp. 203–211 (у співавторстві).
  • Decrease of the tunneling time and violation of the Hartman effect for large barriers, Physical Review, 2004, v.A70, N1, 034103-1-4 (у співавторстві).
  • Unified Time Analysis of Particle and Photon Tunnelling, Physics Reports, 2004, v.398, N3, pp. 133–178 (у співавторстві).
  • Resonant and non-resonant tunneling through a double barrier, Europhysics Letters, 2005, v.70 (6), pp. 712–718.
  • Tunnelling Time of a Gaussian Wave Packet through Two Potential Barriers, Central European Journal of Physics, 2005, v.3(3), pp. 339–35 (у співавторстві).

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サブメニュー

kumicit Transact


管理人/副管理人のみ編集できます