創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

Who's Who

Ray Comfortのバナナ論法


バナナ論法とは、創造論者Ray Comfortが使った神の存在証明である。
"Behold, the atheists' nightmare. Now if you study a well-made banana, you'll find, on the far side, there are 3 ridges. On the close side, two ridges. If you get your hand ready to grip a banana, you'll find on the far side there are three grooves, on the close side, two grooves. The banana and the hand are perfectly made, one for the other. You'll find the maker of the banana, Almighty God, has made it with a non-slip surface. It has outward indicators of inward contents - green, too early - yellow, just right - black, too late. Now if you go to the top of the banana, you'll find, as with the soda can makers have placed a tab at the top, so God has placed a tab at the top. When you pull the tab, the contents don't squirt in your face. You'll find a wrapper which is biodegradable, has perforations. Notice how gracefully it sits over the human hand. Notice it has a point at the top for ease of entry. It's just the right shape for the human mouth. It's chewy, easy to digest and its even curved toward the face to make the whole process so much easier. Seriously, Kirk, the whole of creation testifies to the genius of God's creation."

見てみよう。これが無神論者の悪夢だ。よくできたバナナを見れば、向こう側に3つの尾根がある。手前側には2つの尾根がある。手でバナナを掴む準備をしてみよう。向こう側に溝が3つ、こちらがわに溝が2つ。バナナと手はぴったりフィットしている。バナナを創った全能の神は、バナナの表面をすべりくにくくした。バナナは皮の内側の状態を外側に表示するようになっている。緑は早過ぎ、黄色はちょうどよく、黒は遅すぎ。バナナの端を見れば、ソーダ缶製造者がタブを上面につけているように、神はバナナの端にタブをつけている。タブを引っ張るとき、中味が顔に噴出してくることはない。生分解する包装にはミシン目がついている。見事に人間の手の中におさまっている。バナナの端は食べやすい。人間の口の形にフィットしている。歯ごたえがあり、消化しやすく、食べやすいように顔に向かって湾曲している。まさしく、この被造物は神の創造の天才を証明している。


Ray Comfort on Way of the Master
IronChariotsWikiなどに真面目な反論があるが、そもそバナナの原種はM. acuminata と M. balbisianaは食用ではない。現在の栽培種のバナナはこれらの原種の倍数体である。野生種のバナナの断面。多数の種子を含んでいる(wikipedia:バナナ)。

[ Souece: wikipedia:バナナ ]

というわけで、あっさり笑いものになってしまった創造論者Ray Comfortは、あれは.ユーモラスな方法で論点を説明するためのパロディだと言い訳した:.
Thanks to Youtube I realize that I will have to say this over and over. Many times I have compared a banana to a coke can (with its tab at the top, etc.) using something called "parody." This is arguably a humorous way of making a point.

つべのおかげで、私はこれを言い続けねばならなくなった。私は、パロディのようなものを使って、幾度もバナナとコーク缶を比較してきた。これは面白く論点を示す方法である。
Ray Comfort: "The Banana isn't Proof(2008/06/29)







コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます