創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド>否定論・陰謀論を信じる理由

基本的な政治的感情は恐怖であり、恐怖は怒りと嫌悪感を駆動する


Yoda: "Fear is the path to the dark side. Fear leads to anger. Anger leads to hate. Hate leads to suffering." (Episode 1, 1999)

ヨーダ:「恐れはダークサイドに通じる。恐れは怒りに、怒りは憎しみに、憎しみは苦痛へ。」



Nussbaum (2018)によれば、「基本的な政治的感情は恐怖であり、その恐怖は怒りや嫌悪感や嫉妬などの他の感情の一因となる」という。
Politicians such as Donald Trump use emotional manipulations to increase the breadth and intensity of their support. One common technique is to stoke fear of groups such as immigrants and ethnic minorities. Such fears make people angry at the members of these groups, and also at political parties that seem to support them. Anger then leads to actions such as voting and funding.
...
Martha Nussbaum's fascinating 2018 book, The Monarchy of Fear, proposes that the fundamental political emotion is fear, which contributes to other emotions such as anger, disgust, and envy. Emotions are causally interconnected, with one emotion tending to lead to another. If you fear someone, you may become angry that they have made you fearful.

Donald Trumpなどの政治家は、感情操作を使って、広く強い支持を得ている。共通的なテクニックのひとつは、移民や少数民族などの集団に対する恐怖をかきたてることである。そのよような恐怖は、これらのグループの属する人々や、これらの集団を支持しているように見える政党に対する怒りをかきたてる。その後、怒りは投票や資金提供などの行動につながる。
...
Martha Nussbaumの2018年の魅力的な本"The Monarchy of Fear"は、「基本的な政治的感情は恐怖であり、その恐怖は怒りや嫌悪感や嫉妬などの他の感情の一因となる」と提唱している。感情は因果関係があり、ある感情が別の感情につながる傾向がある。あなたが誰かを恐れるならば、あなたは彼らがあなたを恐れさせたことに腹を立てるかもしれない。

[ Paul Thagard Ph.D.:"How Fear Leads to Anger" (2018/11/09) on PsychologyToday ]
そして、Giner-Sorolla and Russell (2019)は、嫌悪感のみならず、恐怖と怒りの感情も「ある集団を人間ではないものとみなす=非人間化する」に寄与する。
One of the most extreme expressions of prejudice is likening groups to non-human beings. Previous research relates disgust to dehumanization of social groups. However, prior studies have not examined other negative emotions in relation to dehumanization. We examined whether three emotions – anger, disgust, and fear – are associated with dehumanization of social groups. In Experiments 1 and 2 we tested these relationships measuring reactions to real groups. We found that all three emotions were uniquely related to animalistic and humanity-denial dehumanization, but only fear was related to mechanistic dehumanization. Using an orthogonal emotion grid measure in Experiment 3, we showed anger to play a primary role in dehumanization among a variety of target groups. Finally, in Experiment 4 we manipulated whether a novel group was abnormal or harmful, and found that both groups elicited more dehumanization than the control group; however, the harmful group elicited dehumanization mediated by anger and the abnormal group elicited dehumanization mediated by disgust. From this evidence, we argue that other emotions besides disgust play an important part in the dehumanization of outgroups.

偏見の最も極端な表現の1つは、集団を非人間に例えることである。前の研究では、嫌悪感を社会集団の非人間化に関連付けた。ただし、前の研究では、非人間化に関連する他の否定的な感情については検討していない。我々は本論文で、怒りと嫌悪感と恐怖という3つの感情が、社会集団の非人間化に関連しているか調べた。実験1と2では、実際の集団に対する反応を測定して、これらの関係を実験した。3つの感情はすべて、動物的および人道的否定の非人間化にそれぞれ独自に関連していることがわかったが、恐怖だけが機械的な非人間化に関連していた。実験3で直交感情グリッド測定を使用して、さまざまなターゲット集団間で非人間化において、怒りが主要な役割を果たすことを示した。最後に、実験4では、新しい集団が異常であるか有害であると被験者を操作することで、両方の集団が対照集団よりも非人間化を誘発することを発見した。しかし、有害な集団は怒りによって媒介された非人間化を誘発し、異常な集団は嫌悪によって媒介された非人間化を誘発した。この証拠から、嫌悪感以外の他の感情が外集団の非人間化に重要な役割を果たしていると、我々は主張する。

[ Roger Giner-Sorolla; Pascale Sophie Russell: "Not Just Disgust: Fear and Anger Also Relate to Intergroup Dehumanization", Collabra: Psychology (2019) 5 (1): 56. ]
なお、非人間化とは...
animalistic dehumanization: Stated baldly, if people are perceived as lacking what distinguishes humans from animals, they should be seen implicitly or explicitly as animal-like.
...
mechanistic dehumanization: This combination of attributed characteristics—inertness, coldness, rigidity, fungibility, and lack of agency—represents a view of others as object- or automaton-like.

動物的非人間化: 大げさに言って、人間と動物を区別するものが欠けていると人々が認識された場合、それら人々は暗黙的または明示的に動物のように見られることになる。
...
機械的非人間化: 不活性、冷たさ、硬直性、代替可能性、およびエージェンシーの欠如などの属性特性のこの組み合わせは、他の人をオブジェクトまたはオートマトンのように見ていることを表している。

[ Nick Haslam: "Dehumanization: An Integrative Review", Personality and Social Psychology Review 2006, Vol. 10, No. 3, 252–264 ]


だからこそ、怒りによって政治を駆動し、支持を集めようとするパラノイドスタイルは古来より使われてきた。








コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます