創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

誤謬・詭弁

疑似科学の二面:疑似理論推進と科学否定主義


疑似科学には、自らの主張を推進する「疑似理論推進 (pseudo theory promotion」と、確立された科学を否定する「科学否定主義 (science denailism)」の二面がある。
5. Two forms of pseudo-science

Some forms of pseudoscience have as their main objective the promotion of a particular theory of their own, whereas others are driven by a desire to fight down some scientific theory or branch of science. The former type of pseudoscience has been called pseudo-theory promotion, and the latter science denial(ism) (Hansson 2017). Pseudo-theory promotion is exemplified by homeopathy, astrology, and ancient astronaut theories. The term “denial” was first used about the pseudo-scientific claim that the Nazi holocaust never took place. The phrase “holocaust denial” was in use already in the early 1980s (Gleberzon 1983). The term “climate change denial” became common around 2005 (e.g. Williams 2005). Other forms of science denial are relativity theory denial, tobacco disease denial, hiv denialism, and vaccination denialism.

Many forms of pseudoscience combine pseudo-theory promotion with science denialism. For instance, creationism and its skeletal version “intelligent design” are constructed to support a fundamentalist interpretation of Genesis. However, as practiced today, creationism has a strong focus on the repudiation of evolution, and it is therefore predominantly a form of science denialism.

The most prominent difference between pseudo-theory promotion and science denial is their different attitudes to conflicts with established science. Science denialism usually proceeds by producing false controversies with legitimate science, i.e. claims that there is a scientific controversy when there is in fact none. This is an old strategy, applied already in the 1930s by relativity theory deniers (Wazeck 2009, 268–269). It has been much used by tobacco disease deniers sponsored by the tobacco industry (Oreskes and Conway 2010; Dunlap and Jacques 2013), and it is currently employed by climate science denialists (Boykoff and Boykoff 2004; Boykoff 2008). However, whereas the fabrication of fake controversies is a standard tool in science denial, it is seldom if ever used in pseudo-theory promotion. To the contrary, advocates of pseudosciences such as astrology and homeopathy tend to describe their theories as conformable to mainstream science.

疑似科学には、特定の理論の推進を主な目的とするものもあれば、科学理論や科学の一分野を否定したいという欲求に駆り立てられるものもある。前者のタイプの疑似科学は疑似理論推進と呼ばれ、後者は科学否定主義と呼ばれてる(Hansson 2017)。疑似理論推進の例としては、ホメオパシー、占星術、古代宇宙飛行士説などがある。「否定」という用語は、ナチスのホロコーストは起こらなかったという疑似科学的な主張について初めて使用された。「ホロコースト否定」というフレーズは、1980 年代初頭にすでに使用されていた(Gleberzon 1983)。「気候変動否定」という用語は、2005年頃によく使われるようになった(eg. Williams 2005)。その他の科学否定には、相対性理論否定、タバコ病否定、HIV否定主義、ワクチン否定主義などがある。

多くの疑似科学は、疑似理論の推進と科学否定主義を組み合わせている。たとえば、創造論とその最小構成バージョンの「インテリジェントデザイン」は、創世記の原理主義的解釈を支持するために構築されている。しかし、今日実践されているように、創造論は進化論否定に重点が置かれており、したがって主に科学否定主義の一形態となっている。

疑似理論の推進と科学否定の最も顕著な違いは、確立された科学との衝突に対する態度の違いである。科学否定主義は通常、正当科学との誤った論争を生み出すことによって進む。つまり、実際には科学的論争がないのに、科学的論争があると主張する。これは古い戦略であり、1930年代にすでに相対性理論の否定者によって使用されていた (Wazeck 2009, 268–269)。これは、タバコ産業に支援されたタバコ病否定論者によって頻繁に利用されてきた(Oreskes and Conway 2010; Dunlap and Jacques 2013)。また、現在は気候科学否定論者によっても利用されている (Boykoff and Boykoff 2004; Boykoff 2008)。しかし、偽の論争をでっち上げることは科学否定の標準的な手段であるのに対し、疑似理論推進にはほとんど、あるいはまったく使用されていない。逆に、占星術やホメオパシーなどの疑似科学の支持者は、自分たちの理論がメインストリーム科学に合致していると説明する傾向がある。


Boykoff, M. T., 2008. “Lost in translation? United States television news coverage of anthropogenic climate change, 1995–2004”, Climatic Change, 86: 1–11.
Boykoff, M. T. and J. M. Boykoff, 2004. “Balance as bias: global warming and the U.S. prestige press”, Global Environmental Change, 14: 125–136.
Dunlap, Riley E., and Peter J. Jacques, 2013. “Climate change denial books and conservative think tanks: exploring the connection”, American Behavioral Scientist, 57(6): 699–731.
Gleberzon, William, 1983. “Academic freedom and Holocaust denial literature: Dealing with infamy”, Interchange, 14(4): 62–69.
Hansson, Sven Ove, 2017. “Science denial as a form of pseudoscience”, Studies in History and Philosophy of Science, 63: 39–47.
Oreskes, Naomi and Erik M. Conway, 2010. Merchants of doubt: how a handful of scientists obscured the truth on issues from tobacco smoke to global warming, New York: Bloomsbury Press.
Wazeck, Milena, 2009. Einsteins Gegner. Die öffentliche Kontroverse um die Relativitätstheorie in den 1920er Jahren. Frankfurt: campus.
Williams, Nigel, 2005. “Heavyweight attack on climate-change denial”, Current Biology, 15(4): R109–R110.


[ "Science and Pseudo-Science" on "Stanford Encyclopedia of Philosophy" ]

「神の存在証明」の方法のひとつとして考案され、広く疑似科学(の「科学否定主義
の面)で使われる論理に「God of the gaps」がある。本来の「神の存在証明」では...
principle (6) (that the relevant design-like properties are not producible by unguided natural means)
...
Evidential ambiguity would virtually disappear if it became clear that there is no plausible means of producing some R independent of deliberate intent. Part of the persuasiveness of (6) historically came from absence of any known plausible non-intentional alternative causal account of the traditional Rs. Such cases are often linked to alleged gaps in nature—phenomena for which, it is claimed, there can be no purely natural explanation, there being a gap between nature’s production capabilities and the phenomenon in question. (For example, nature’s unaided capabilities fall short of producing a radio.) Design cases resting upon nature’s alleged inability to produce some relevant ‘natural’ phenomenon are generally assumed to explicitly or implicitly appeal to supernatural agency, and are typically described as “God-of-the-gaps” arguments—a description usually intended to be pejorative.

The position that there are causal gaps in nature is not inherently irrational—and would seem to be a legitimate empirical question. But although gaps would profoundly strengthen design arguments, they have their suite of difficulties. Gaps are usually easy to spot in cases of artifactuality (take the radio example, again), but although they may be present in nature, establishing their existence there can usually be done (by science, at least) only indirectly—via probability considerations, purported limitations on nature’s abilities, etc.

Several possible snags lurk. Gaps in nature would, again, suggest supernatural agency, and some take science to operate under an obligatory exclusion of such. This prohibition—commonly known as methodological naturalism—is often claimed (mistakenly, some argue) to be definitive of genuine science.[5] While such “established” limitations on science have been overturned in the past, the spotty track record of alleged gaps provides at least a cautionary note. Purported gaps have been closed by new scientific theories postulating means of natural production of phenomena previously thought to be beyond nature’s capabilities. The most obvious example of that is, of course, Darwin’s evolutionary theory and its descendants.

原則 (6) デザインのような特性は、導かれない自然の手段では作られえない

「意図とは無関係に、何らかのRを生成するもっともらしい手段がない」ことが明らかになれば、(神の存在の)証拠の曖昧さは事実上なくなるだろう。(6)の説得力の一部は、歴史的に、伝統的な Rのもっともらしい非意図的な代替因果説明が知られていないことに由来する。このようなケースは、しばしば自然のギャップと関連付けられる。つまり、自然の生成能力と問題の現象の間にギャップがあるため、純粋に自然の説明は不可能であると主張される現象である。(たとえば、自然の自力での能力はラジオを生成するには不十分である。) 何らかの関連する「自然な」現象を生成することができないという自然の主張に基づくデザインケースは、一般に、明示的または暗黙的に超自然的な行為に訴えるものと想定され、典型的には「God of the gaps」論として説明される。これは通常、軽蔑的な意図で説明される。

自然に因果ギャップがあるという立場は、本質的に非合理的ではなく、正当な経験的問題であるように思われる。しかし、ギャップはデザイン論を大いに強化するが、一連の困難を伴う。ギャップは人工物の場合、通常は簡単に見つけられる(再びラジオの例を取り上げよう)が、ギャップは自然界に存在するかもしれないが、その存在を立証することは通常(少なくとも科学では)間接的にしかできない。確率の考慮、自然の能力に対する制限などを通じてである。

いくつかの潜在的な障害が潜んでいる。自然界のギャップは、再び超自然的行為を示唆し、科学はそのような行為を義務的に排除して機能すると考える人もいる。この禁止(一般に方法論的自然主義として知られる)は、しばしば(一部の人は誤っていると主張するが)真の科学の決定的であると主張されている。[5] 科学に対するそのような「確立された」制限は過去に覆されたが、主張されているギャップの不完全な実績は、少なくとも警告となる。主張されているギャップは、以前は自然の能力を超えていると考えられていた現象の自然な生成手段を仮定する新しい科学理論によって埋められた。その最も明白な例は、もちろん、ダーウィンの進化論とその継承理論である。

[ "Teleological Arguments for God’s Existence" on "Stanford Encyclopedia of Philosophy" ]

この"God of the gaps"は、インテリジェントデザインの基軸の論であり、同様の形式は他の疑似科学・疑似考古学などにも見られる。
アームチェア研究とは...
Armchair theorizing, armchair philosophizing, or armchair scholarship is an approach to providing new developments in a field that does not involve primary research and the collection of new information – but instead analysis or synthesis of existent scholarship, and the term is typically pejorative, implying such scholarship is weak or frivolous.[1]

アームチェア理論化・アームチェア哲学・アームチェア学術とは一次研究や新しい情報の収集を伴わず、既存の学問の分析または統合を伴う分野での新しい展開を提供するアプローチであり、この用語は通常軽蔑的であり、そのような学問が弱いか軽薄であることを意味する。[1]

[1] Nadel, S.F. (1956), "Understanding primitive peoples", Oceania, 26 (3): 159–173, doi:10.1002/j.1834-4461.1956.tb00676.x, p.173

[ wikipedia:Armchair Theorizing ]

「科学否定主義」においては、実際に「実験」や「観察」などを行うことはなく、アームチェアで、科学文献の解釈・評価に専念することが多い。インテリジェントデザインもアームチェアである:
インテリジェントデザイン研究の多くは、生物学と宇宙論と物理学と地質学と化学の分野からの従来の知見の解釈と、それらがインテリジェントデザイン仮説にどうフィットするかを見ていくものである。

同様の傾向は、疑似考古学でも同様であり「新しいデータの発見や発掘を行わず、証拠に柔軟性がなくコンテキストを無視した解釈を行う」という特徴が見られる。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サブメニュー

kumicit Transact


管理人/副管理人のみ編集できます