創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

創造論ネタ

恐竜はルシファーの被造物だという創造論者


地球を血塗られた弱肉強食の世界に変え、恐竜とその居住に相応しい気候を用意したのはルシファーだという創造論者が20世紀末にいた。
... The Universe must have teemed with life, wondrous and beautiful in its many varieties. But then Lucifer began turning into Satan by beginning to tamper with the creation of life. Perhaps it started initially as an amusement or a prank or diversion for himself, or perhaps to impress or to entertain the lesser angelic beings who lacked his power to create life. What Satan had realized was that not only could he create life, he could also destroy it! For his amusement, Lucifer-turned-Satan introduced the reality and the curse of death to the living, something God had never intended...

... Satan turned Earth into a freakish, hellish nightmare world drenched in the blood and gore of violence, death and destruction, an obscene parody of what God had intended. ... His bloodlust became insatiable.

Lucifer abused his creative powers by creating a planet with a steamy, wet, tropical climate, a planet populated by dinosaurs, sea reptiles, flying serpents and other abnormal, grotesque creatures and monstrosities. ...

宇宙はその多様性の中で、生命と驚異と美に満ちていたはずだ。しかし、その後、ルシファーは生命の創造をいじり始め、サタンへと変わり始めた。おそらく、最初は、自分のための娯楽か悪戯か気晴らしだったか、あるいは生命を創造する力のない、劣った天使的存在を感動させたり楽しませたりするために、始めたのかもしれない。サタンが実現したことは、生命の創造とともに、生命の破壊だった。この楽しみのために、サタンとなったルシファーは、神が意図することがなかった、死と生の現実と呪いの導入だった。

サタンは地球を、血塗られた奇妙で地獄のような悪夢の世界、暴力と死と破壊の流血、神が意図したことのない不快なパロディに変えた。サタンの流血は飽くことがない。

ルシファーは、湿潤な熱帯の気候、恐竜が住む惑星、海の爬虫類、空飛ぶ蛇などの異常でグロテスクな生物や怪物を創造することで、持てる創造力を乱用した。

[ Damien Royce and Jason Zolot: "the authors of Did God Destroy the Dinosaurs?", quoted by [[ Donna Kossy (1995) ]
そして、ルシファーが創造した恐竜たちを滅ぼしたのは神だという。
The heavens were completely cleansed--at least for awhile--of the rebellious demonic host... God cast Satan down to Earth, then destroyed the dinosaurs and set about the renewal of the world. Satan was deprived of his power to create in the physical realm, but he retained his power to manipulate life. Not all of Satan's creation was destroyed at this time. Certain areas were permitted to retain their hot, steamy climate and certain abnormal creatures like sharks and crocodiles were permitted either to exist or to arise through his genetic engineering.

天国は、少なくともしばらくの間は、反抗的な悪魔のホストから完全に浄化された。神はサタンを地球に墜とし、恐竜を滅ぼし、世界の再生を始めた。サタンは肉体的な領域で創造する力を奪われたが、生命を操作する力を保っていた。こんとき、サタンの創造物のすべてが破壊されたわけではない。ある地域では、高温で湿潤な気候を維持を許され、サメやワニのような特定の異常な生物は存在することも、彼の遺伝子操作によって発生することも許された。

[ Damien Royce and Jason Zolot: "the authors of Did God Destroy the Dinosaurs?", quoted by [[ Donna Kossy (1995) ]
創造論者RoyceとZolotにとって、サメやワニは神ではなくルシファーの被造物である。どうやら、神の被造物には相応しくないと思っているようだ。

そして、サメやピラニアやヤツメウナギや天然痘もルシファーの被造物だという。
Man already has the potential to eradicate all crocodiles and alligators from the wild, and indeed from existence. And man can already launch the expurgatory war against sharks, piranhas, lamprey eels and other vile creatures of Satan's menagerie. To date, man has chosen to eradicate from the wild only one member of Satan's brood--smallpox. ... Under the guise of the generally laudable and beneficial conservation mentality of maintaining the balance of nature, man has unwittingly included the conservation of Satan's lifeforms.

人間は既に、すべてのワニやアリゲーターを自然界から確かに根絶する可能性を秘めている。そして、人間は既に、サメ、ピラニア、ヤマトウナギ、そしてサタンの迷惑な他の凶悪な生物との絶滅戦争を始められる。今日までに、人間は自然界からサタンの眷属の一つ、天然痘の根絶を選択した。自然のバランスを維持するという一般的には賞賛に値する有益な保全精神のふりをして、人間は無意識のうちにサタンの生命体の保全の対象にした。

[ Damien Royce and Jason Zolot: "the authors of Did God Destroy the Dinosaurs?", quoted by [[ Donna Kossy (1995) ]
RoyceとZolotにとっては、サメやピラニアやヤツメウナギ本来は根絶すべきものなのに、人間は間違って自然保護の対象にしているらしい。







コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます