創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

世論調査

教会メンバーの減少


キリスト教の教会、ユダヤ教のシナゴーグなどの「教会」に、信者・会衆など「会員・メンバー」として登録している人々の比率をGallupは長期にわたり調査している。

その長期時系列によれば、1937年には73%が教会メンバーだったが、2020年には遂に半分以下の47%にまで減少している。

U.S. Church Membership Falls Below Majority for First Time (2021/03/29) by Gallup Poll


過去の20年の推移について、デモグラフィーなどによる違いは以下のようになっている。
1998-20002008-20102018-2020Change, 1998-2000 to 2018-2020
男性645846-18
女性736553-20
白人(ヒスパニック以外)686252-16
黒人(ヒスパニック以外)787059-19
大学卒686554-14
大学卒以外696047-22
既婚716858-13
独身645542-22
共和党支持777565-12
中立595141-18
民主党支持716046-25
保守787364-14
穏健665945-21
リベラル564635-21
東部州695844-25
中西部州726654-18
南部州747058-16
西部州575138-19
プロテスタント737264-9
カトリック767358-18
1946年以前生まれ777366-11
1946-1964年生まれ676358-9
1965-1980年生まれ625750-12
1981-1996年生まれn/a5136n/a
いずれも減少しており、共和党支持より民主党支持、保守よりリベラルの減少が大きい。また、若い世代ほど教会メンバーが減少しており、このまま推移していけば、教会メンバーは少数派になる。


このような民主党支持・リベラル側での教会メンバーの減少は、宗教右翼と共和党が絡みつき、宗教右翼政策を推進していることへの拒絶反応だいう指摘がある。たとえば、政治学者David Campbellは次のように指摘する。
David Campbell, professor and chair of the University of Notre Dame’s political science department and co-author of American Grace: How Religion Divides and Unites Us, said a reason for the decline among those groups is political – an “allergic reaction to the religious right”.

“Many Americans – especially young people – see religion as bound up with political conservatism, and the Republican party specifically,” Campbell said.“Since that is not their party, or their politics, they do not want to identify as being religious. Young people are especially allergic to the perception that many – but by no means all – American religions are hostile to LGBTQ rights.”

Research by Campbell shows that a growing number of Americans have turned away from religion as politicians – particularly Republicans – have mixed religion with their politics. Campbell says there has always been an ebb and flow in American adherence to religion, but he thinks the current decline is likely to continue.“I see no sign that the religious right, and Christian nationalism, is fading. Which in turn suggests that the allergic reaction will continue to be seen – and thus more and more Americans will turn away from religion,” he said.

University of Notre Dameの政治学部の教授兼学部長であり、American Grace:How Religion Divides and UnitesUsの共著者であるDavid Campbellによrば、これらの集団の減少の理由は「宗教右翼に対するアレルギー反応である。」

「多くの米国人、特に若者は、宗教は政治的保守、特に共和党と結びついていると考えている。それは彼らの政治的立場でも、支持政党でもないため、彼らは自らを宗教的であると認めることを望まない若い人たちは、米国の宗教の多くがLGBTQの権利に敵対しているという認識に特にアレルギーがあるが、それがすべてではない」とCampbellは言う。

Campbellの調査によると、政治家、特に共和党員が宗教と政治を混ぜ合わせているため、ますます多くの米国人が宗教から目を背けるようになっている。Campbellによれば、米国における宗教への順守には常に衰退と流れがあり、現在の衰退は続く可能性が高い。「私は、宗教右派とキリスト教ナショナリズムが衰退している兆候は見られない。これは、アレルギー反応が引き続き見られることを示唆している。したがって、ますます多くの米国人が宗教から離れるだろう」

[ Adam Gabbatt: "'Allergic reaction to US religious right' fueling decline of religion, experts say" (2021/04/05) on The Guardian ]
同様の指摘を、政治学者Michele Margolisも述べている。
The number of people who identify as non-religious has grown steadily in recent decades, according to Michele Margolis, associate professor of political science at the University of Pennsylvania and author of From Politics to the Pews. More than 20% of all Americans are classed as “nones”, Margolis said, and more than a third of Americans under 30.

“That means non-identification is going to continue becoming a larger share of population over time as cohort replacement continues to occur,” Margolis said. But she agreed another factor is the rightwing’s infusion of politics with theism.“As religion has been closed linked with conservative politics, we’ve had Democrats opting out of organized religion, or being less involved, and Republicans opting in,” she said.

University of Pennsylvaniaの政治学の准教授であり、From Politics to the Pewsの著者であるMichele Margolisによれば、非宗教的だと自認する人々の数は、ここ数十年で着実に増加しており、全米国人の20%以上が「非宗教」に分類され、30歳未満の米国人の1/3以上が「非宗教」に分類されている。

「これは、コホートの交代が続くにつれて、非宗教人口のより大きなシェアになり続けることを意味する。しかし、もう一つの要因は右翼による有神論政策の注入である。宗教は保守政治と密接に結びついているため、民主党支持者は組織的宗教をオプトアウトするか、あまり関与せず、共和党支持者はオプトインしている。」

[ Adam Gabbatt: "'Allergic reaction to US religious right' fueling decline of religion, experts say" (2021/04/05) on The Guardian ]
性別・年齢・学歴・収入・居住地域・世代などよりも、支持政党が最も世論調査に影響するという前世紀末あたりからの流れで、宗教に対する判断も支持政党が影響しているようである。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます