創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

Who's Who

古い地球の創造論を検証可能に見せかけるHugh Ross


古い地球の創造論の老舗Reasons To Believe(RTB)の主宰者Dr. Hugh Rossが、仰々しくも"A Testable Model Approach to End The Creation /Evolution Wars"(創造論・進化論戦争を終わらせる検証可能モデルアプローチ)と銘打って出版した"Creation as Science"という本。ここで、Dr. Hugh Rossは宇宙と地球と生命の時系列を提示した。その時系列は以下の通り[Hugh Ross: Creation as Science, pp.69-70]:
  1. God, who exists outside space and time, caused the universe of matter, energy, space, and time to come into existence.
    時間と空間の外側に存在する神は、物質とエネルギーと空間と時間の宇宙を存在せしめた。
  2. God guided the expansion and cooling of the universe toward the formation of a suitable planetary home for humanity.
    神は、人類の居住に適した惑星を形成するように、宇宙の膨張と冷却を導いた。
  3. God successively transformed Earth and the solar system through six major creative stages in preparation for human habitation. Throughout these creation periods God successively layered increasingly advanced plant and animal life to maximize support for humanity's global expansion and civilization.
    神は、人類の居住圏を準備するための、6つの創造段階を経て、地球と太陽系を継続して変容させた。この創造期間において、神は人類の拡大と文明を最大限に支援するために次第に発達した植物と動物を階層化した。
  4. God created Adam, the first human, and place him in Eden. God taught Adam to care for this magnificent garden, then crated Eve to be his mate and helper.
    神は最初の人間アダムを創り、エデンに置いた。神はアダムにこの素晴らしい庭園の世話をすることを教えた。そしてその仲間にして手助けするものとしてイブを創った。
  5. God allowed Lucifer, once the most beautiful and powerful of his angelic creatures and then the perpetrator of rebellion against God in the supernatural realm, to enter Eden. There, God permitted Lucifer to entice Adam and Eve toward autonomy and self-exaltation.
    かつて最高の美と力を持っていた天使であり、ひとたび超自然界において神に背いたルシファーがエデンに立ち入ることを許した。そして、神はルシファーがアダムとイブを誘惑することを許した。
  6. Adam and Eve defied God's authority and thereby introduced sin (and the evil it produces) into the earthly environment.
    アダムとイブは神の権威に逆らい、地球環境に罪と、そして罪が生み出す悪を、導きいれた。
  7. God banished Adam and Eve from Eden, removed their access to physical immortality (the tree of life), ad later shortened the life span of their descendants. These actions restrained the expression of evil and made way for redemption.
    神はアダムとイブを追放し、肉体的不死たる生命の木に触れられないようにし、さらに彼らとその子孫の寿命を短縮した。これらにより悪の表出を抑制し、贖いへの道を開いた。
  8. God chose to communicate to humans -- thorough Abaraham and his progeny -- specific instruction and preparation for His plan to redeem humanity from their hopeless plight. This plan and God's promise to fulfill it gave humankind hope.
    人類を絶望から救う計画に対するための指示と準備のために、神はアブラハムとその後継者を通じて、人間と会話することを選んだ。この計画とそれを果たすという神の約束は、人類に希望を与えた。
  9. God came to Earth as a human (Jesus Christ), resisted temptation to sin, and paid sin's death penalty on humanity's behalf. Motivated by love, Jesus endured death on a cross so that anyone, through faith, may receive justification before God, fellowship with Him, and the capacity to grow in godliness. This provision includes the promise of eternal life with God.
    神は人たるイエス・キリストとして地上に来て、罪を犯したいという誘惑に耐えて、人類の贖いのために死の罰を受けた。愛に動機付けられて、誰もが信仰を通して神の前の義認と、神との交わりと、敬虔で向上する能力とを授けられるように、イエスは十字架の上で死を耐えた。この約束は、主との永遠の生の約束を含む。
  10. Jesus Christ conquered death, proved His resurrection by appearing physically to hundreds of eyewitnesses, and then ascended into the transcendent realm (heaven) where He prepares the new creation for all who accept His provision.
    イエス・キリストは死を克服して、幾百人もの目撃者の前に肉体として現れることで、主の復活を証明した。そして、主との約束を受け容れるすべての人々に新たな創造を準備する超越領域(天国)へと昇った。
  11. Jesus Christ commissioned His followers to spread the good news about His offer -- with gentleness, respect, and a clear conscience -- to every person on the planet.
    イエス・キリストは、主に従う者たちに、優しさと敬意と明瞭な良心を以って、主の提案についての良き知らせを、地上のすべての人々へと広めるように頼んだ。
  12. Jesus Christ will remove from His presence all who refuse His gift and reject God's authority.
    イエス・キリストは、主の贈り物と神の権威を拒否するすべての者から、主の影響力を取り去る。
  13. Jesus will escort His people into the new creation, where they will live forever face-to-face with Him. Once there, His people will fulfill new leadership roles in His service.
    イエスは主の人々の新たな創造に付き添う。そこで人々は主と向き合って、永遠の生を得る。いとたびその地に至れば、主の人々は、主の仕事において新たな指導的役割を成し遂げる。

4番目以降を、"科学的に"どころか、歴史学的にも、証明できそうにない。実際、Dr. Hugh Rossもこの後のページで、4番目以降の項目を証明・検証などしない。Dr. Hugh Rossが検証対象とするのは、3番目までだ。

とはいえ、3番目までの主張もまた"科学的"に検証することは無理だ。自然法則で機械仕掛けの宇宙を記述する機械論で、自然法則を超越する存在を記述できるわけもない。そこをDr. Hugh Rossと仲間たちは何とかしようとする。

まず、Dr. Hugh Rossと仲間たちは、検証のキーとなる問い(Key Questions as Practical Tests )という項目で以下の9つを挙げた[Hugh Ross: Creation as Science, pp.180]:
  1. How quickly and extensively does new research yield further evidence for (or against) the model?
    そのモデルに対する更なる証拠(あるいは反する証拠)が、新たな研究によって、どれだけ速やかかつ広範囲に得られるか?
  2. Are the adjustments to the model in response to new research findings becoming progressively smaller (or greater)?
    新たな研究結果に応じたモデルの調整は、次第に小さく(あるいは大きく)なっているか?
  3. From how many disciplines and subdisciplines does evidence for the model arise?
    このモデルを証明する証拠が、どれくらいの学問分野から出てきているか?
  4. How many independent means of measurement in a particular discipline produce evidence for the model?
    そのモデルに対する証拠が特定の学問分野における独立した測定手段で、どれくらい得られているか?
  5. Are the various measurements of evidence for the model providing increasingly consistent (or inconsistent) results as the measuring accuracy improves?
    そのモデルに対する様々な証拠の測定が、その精度を増すにつれて、モデルとの整合性(あるいは不整合)が高まっているか?
  6. Is the model becoming more detailed and comprehensive in its explanatory power as evidence accumulates?
    証拠が集まるにつれて、そのモデルの説明力は、より詳細かつ包括的になってきているか?
  7. Does the accumulating evidence for the model yield more research questions/problems for researchers to explore?
    そのモデルの証拠が集まるにつれて、さらに探求すべき問題が生じるか?
  8. Does accumulating evidence eliminate some competing models and/or compel alteration of other models into forms more closely resembling the model under investigation?
    証拠が集まるにつれて、競合モデルを排除できるようなり、他のモデルを、自モデルに近い形に変更せざるをえなくしているか?
  9. As research progresses, to what degree are the model's predictions (both short- and long-range) successful?
    研究が進むにつれて、どの程度、短期的および長期的なモデルの予測は成功しているか?

これらは、大枠では特に問題のあるポイントではない。トリックも仕掛けられているようには見えない。

そして、Dr. Hugh Rossは"Testing Through Predictions"(予測を通した検証)を説明する:
The key to successful application of the nine test questions is the development of well-crafted predictions of what scientists should (in the scientific sense of the word) discover in future research. For predictions to be of any use in bringing resolutions to creation/evolution issues and debates, they must be detailed, distinctive, and comprehensive. The predictions ought not be so vague that the proponent of particular model runs no risk of being wrong.

9つの検証問題をうまく適用するためのカギは、科学者が将来の研究で、科学的な意味で発見するはずの何かの適切な予測をつくることだ。創造論・進化論の論争に決着をつけるためには、予測は詳細で、違いが明確で、包括的でなければならない。予測は、そのモデルの支持者が間違う怖れのないあいまいなものであってはならない

[Hugh Ross: Creation as Science, pp.180-181]
必ずしも、明瞭な予測を立てて検証が行えるわけではない。が、方針としては変ではない。

Dr. Hugh Rossと仲間たちの仕掛けは、この後にある:
Given limiation of this book, only the three most familiar Western models will be compared and contrasted with RTB's creation mode 本の紙面制約のため、3つのおなじみの西洋のモデルをRTBの創造論モデルと比較対照する):

Naturalistic evolution(自然主義的進化論)
Young-earth creationism models(若い地球の創造論)
Theistic evolution models(有神論的進化論)

[Hugh Ross: Creation as Science, p.184]
3つ挙げられたモデルのうち、「宇宙も地球も6000歳で、生物は現在の姿で創造され、全地球な洪水であるノアの洪水が起きた」と主張する"若い地球の創造論"は、Dr. Hugh Rossによって再定義されたり、捻じ曲げられたりはしていない。形式的にはモデルとして成り立っている。しかし、自然主義的進化論すなわち普通の進化論の定義は、普通なものではない。Dr. Hugh Rossと仲間たちは次のように定義する:
the word "evolutionist" has generally been applied to someone who asserts that all the changes observed in the recored of nature (including te origin and history of the universe, Earth, and all life) can be attributed to strictly natural cause.

進化論者という言葉は、一般に「宇宙と地球と全生命の起源を含む、自然界の記録で観察されるすべての変化は厳密の自然の原因のせいであるはずだ」という主張をする人々に対して使われる。

[Hugh Ross: Creation as Science, p.21]
この定義は、まったく進化生物学を逸脱している。というのは、この定義は、「経験的に証明不可能かつ反証不可能な超自然を取り扱い対象外とする」方法論的自然主義ではなく、「超自然は存在しない」という形而上学的自然主義(機械論的唯物論)だからだ。すなわち、この定義は、科学の原則ではなく、哲学の主張である。

従って、Dr. Hugh Rossは普通の進化論ではなく、形而上学的自然主義という哲学を対抗モデルの例として挙げていることになる。

実際の比較対照もまた、形而上学的自然主義に対して行われている。たとえば、ビッグバンについて:
The RTB creation model predicts that disputes over the validity of the big bang will diminish as astronomers learn more about the origin and structure of the universe. The model anticipates that new evidences for a big bang creation event will emerge. That is, astronomers should find additional confirmation that the universe traces back to a beginning in finite time, that the universe began in an infinitely or near infinitely hot, dense state, that the universe has been continuously expanding since its beginning, and that the universe has been continuously cooling. What's more, new discoveries by astronomers will increasingly establish that the physics of the big bang creation event accounts for many, though not all, the design features of the universe that make life, human life in particular, possible.

RTB創造モデルは、天文学者がより宇宙の起源と構造について学んで、ビッグバンの有効性に関する議論が減少すると予測する。モデルは、ビッグバン創造イベントの新しい証拠が見つかることを予測する。つまり、天文学者は宇宙が有限時間内に始まったことを示すさらなる確証を得るはずだ。宇宙は無限もしくは無限に近い高温で濃密な状態で始まり、連続的に膨張し、冷えていく。さらに、天文学者による新たな発見は、ビッグバン創造イベントの物理が、すべてではないにせよ、生命と特に人間を存在せしめる宇宙のデザイン特性を説明することを確認する。

Nontheistic naturalist models of the universe predict that new astronomical discoveries will increasingly establish that the universe does not have an actual beginning but that the universe in some respect will prove to be eternal and self-caused. Such models also predict that new astronomical discoveries will increasingly shake apart the current astronomical consensus that the physics of the big bang event must be exquisitely fine-tuned for life to be possible in the universe.

宇宙の非神論的自然主義者モデルは、新しい天文学的発見がますます、宇宙が実際の始めを持たないが、ある意味で宇宙は永遠であり、自己原因であることが明らかになると予測する。さらに、そのような発見が、ビッグバンイベントの物理が、宇宙に生命が存在可能となるように徹底的にファインチューニングされているという天文学のコンセンサスがゆらがせることになると予測する。

[Hugh Ross: Creation as Science, pp.185-186]
RTB創造論モデルの予測は、科学理論の立てる仮説演繹な予測とはとても呼べないしろもの。というより、RTB創造論モデル自体が、科学の版図外にあると言っていい。というのはRTB創造論モデルの「超越的な神の介入があった」という主張は科学の対象外だからだ。

そして、Dr. Hugh Rossが"Nontheistic Evolution Model"と呼ぶ、実際には形而上学的自然主義という哲学は、将来の科学的発見について、Dr. Hugh Rossが言うような予測を立てるかもしれない。しかし、それは科学とは何の関係もない形而上学の問題である。

自然科学ではなく形而上学に巧妙に戦場をすりかえることに成功したかに見えるDr. Hugh Rossと仲間たち。しかし、このような形而上学の有効性を検証することが可能な予測は、科学の範疇では証明も反証もできない。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます