創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド>否定論・陰謀論を信じる理由

事実や統計より個人的経験談を信じること


我々はたとえ、正しく事実を認識できるとしても、そこから推論によって結論に到達しようとする段階で、その推論が動機によって歪められていて、真っ当な結論には到達しないことがよくある。さらに、事実の認識それ自体も動機によって、歪められることがよくある。

Kubin et al(2021)
によれば、我々は、そもそも事実についても、データや統計や科学的議論などよりも、N=1の個人的経験の話の方を信用する傾向がある。
In a field study, pedestrians were introduced to a confederate (a person who appeared to be another pedestrian but was actually a member of the research team) who disagreed with the participant’s stance on gun policy. The confederate based their disagreement either on facts (their familiarity with government reports) or on personal experiences (their mom had been hospitalized after being hit by a stray bullet or had protected herself from an attack with a gun). Participants responded more respectfully and demonstrated a greater willingness to engage with the confederate who based their disagreement on personal experiences rather than on facts and knowledge.

Similar findings replicated in other contexts. For example, the authors coded >300k comments to YouTube videos about abortion, some that presented facts, and some that involved people describing their personal experiences, and they found that comments were more positive toward the personal experience videos than the fact-based videos.

And in another study, participants read real New York Times op-eds that disagreed with their personal stance on gun rights using factual arguments (e.g., the number of assault rifles in circulation) or personal experience (e.g., survival of a school shooting). Participants evaluated authors as more rational and more worthy of respect and were more willing to interact with them when they wrote about personal experiences than when they wrote about facts.

These studies also found that experiences about personal harms were the most impactful and that people were more likely to doubt the validity of facts relative to personal experiences. For example, participants read an argument by a person who opposed their personal views on illegal immigration. In one condition, the opponent supported their position with a story about his father being assaulted after deportation or being assaulted by illegal immigrants. In another, the opponent supported their position with facts about increasing rates of deportees being assaulted or assaults by illegal immigrants. In a third condition, the opponent was a scientist whose research discovered the aforementioned facts. Participants expressed the least doubt about the validity of personal experiences.

Overall, these results suggest that, at least in some contexts, arguing political positions with personal experiences garners more respect, trust, and engagement with one’s perspective than arguing with facts, statistics, and scientific data. Across studies, these findings were similarly true for both liberals and conservatives.

フィールド調査では、被験者は、銃規制政策に関す被験者の立場に反対するサクラ(別の歩行者のように見せかけた、実際には研究チームのメンバー)に紹介された。サクラは、事実(政府の報告に精通している)あるいはは個人的経験(母親が流れ弾に当たって入院した、あるいは、銃を使って攻撃から身を守った)のいずれかに基づいて意見の相違を示した。参加者はより敬意を持って対応し、事実や知識ではなく個人的経験に基づいて意見の相違を示したサクラと関わり合う意欲が高まったことを示した。

同様の調査結果が他の状況でも再現された。たとえば、Kubin et alは、妊娠中絶に関するYouTube動画への30万件を超えるコメント、事実を提示するコメント、個人的な体験を説明する人々を含むコメントを符号化した。コメントは、事実に基づく動画よりも個人的体験動画に対して肯定的であることがわかった。

また、別の研究では、被験者は、事実に基づく議論(例:流通しているアサルトライフルの数)あるいは、個人的経験(例:学校での銃撃での生存)を使用して、銃所有の権利に関する個人的な立場に同意しない実際のニューヨークタイムズの論説を読みされた。被験者は、事実について書かれた場合より、個人的経験について書かれた場合の方が、著者をより合理的で尊敬に値するものとして評価し、著者とより積極的に関わろうとした。

これらの研究はまた、個人的な危害についての経験が最も影響力があり、人々は個人的経験と比較して、事実の妥当性を疑う可能性が高いことを見出した。たとえば、被験者は不法移民に関する個人的見解に反対する議論を読まされた。

ある条件では、反対する論者は「父親が国外追放となり暴行された」あるいは「父親が不法移民に暴行されたりした」という話で立場を主張した。別の例では、反対論者は「不法移民による暴行が増加している」あるいは「不法移民に対する暴行の割合が増加している」という事実で立場を主張した。 3番目の条件では、反対論者手は科学者であり、その研究によって事実を見出した。被験者は、個人的経験の妥当性について最も疑いを表明しなかった。

全体として、これらの結果は、少なくともいくつかの文脈では、個人的な経験で政治的立場を主張することは、事実、統計、科学的データで議論するよりも、自分の視点でより尊敬、信頼、関与を獲得することを示唆している。研究全体で、これらの調査結果はリベラルと保守の両方に同様に当てはまった。

[ Cory Clark Ph.D.: "Authoritative Anecdotes and Feeble Facts"(2021/03/31) on PsychologyToday ]



Kunbin et al 2021

なお、Kubin et al(2021)のAbstractは以下のとおり:
Emily Kubin et al.:"Personal experiences bridge moral and political divides better than facts", PNAS 2021 Vol. 118 No. 6 e2008389118

Both liberals and conservatives believe that using facts in political discussions helps to foster mutual respect, but 15 studies—across multiple methodologies and issues—show that these beliefs are mistaken. Political opponents respect moral beliefs more when they are supported by personal experiences, not facts. The respect-inducing power of personal experiences is revealed by survey studies across various political topics, a field study of conversations about guns, an analysis of YouTube comments from abortion opinion videos, and an archival analysis of 137 interview transcripts from Fox News and CNN. The personal experiences most likely to encourage respect from opponents are issue-relevant and involve harm. Mediation analyses reveal that these harm-related personal experiences increase respect by increasing perceptions of rationality: everyone can appreciate that avoiding harm is rational, even in people who hold different beliefs about guns, taxes, immigration, and the environment. Studies show that people believe in the truth of both facts and personal experiences in nonmoral disagreement; however, in moral disagreements, subjective experiences seem truer (i.e., are doubted less) than objective facts. These results provide a concrete demonstration of how to bridge moral divides while also revealing how our intuitions can lead us astray. Stretching back to the Enlightenment, philosophers and scientists have privileged objective facts over experiences in the pursuit of truth. However, furnishing perceptions of truth within moral disagreements is better accomplished by sharing subjective experiences, not by providing facts.

リベラルも保守も、政治的議論で事実を使用することは相互尊重を促進するのに役立つと信じているが、複数の方法論と問題にわたる15の研究は、これらの信念が誤っていることを示している。政治的反対者は、事実ではなく個人的経験によって支持されている場合、道徳的信念をより尊重する。個人的経験の尊重を誘発する力は、さまざまな政治的トピックにわたる調査研究、銃についての会話のフィールド調査、中絶意見ビデオからのYouTubeコメントの分析、およびFoxNewsとCNNからの137のインタビュー記録のアーカイブ分析によって明らかにされる。相手からの尊重を促す可能性が最も高い個人的経験は、問題に関連し、危害が伴うものである。媒介分析で、これらの危害に関連する個人的経験が合理性の認識を高めることによって尊重を高めることを明らかにする。銃、税、移民、および環境について異なる信念を持っている人々でさえ、危害を回避することが合理的であることを誰もが理解できる。研究によれば、人々は非道徳的な不一致において事実と個人的経験の両方の真実を信じている。しかし、道徳的な意見の不一致では、主観的経験は客観的事実よりも真実であるように見えまる(つまり、疑われにくくなる)。これらの結果は、道徳的格差を埋める方法の具体的なデモンストレーションを提供すると同時に、我々の直感がどのように我々を迷わせることができるかを明らかにする。啓蒙主義にまでさかのぼると、哲学者と科学者は、真実の追求における経験よりも客観的事実を優先してきた。しかし、道徳的な不一致の中で真実の認識を提示することは、事実を提示することによってではなく、主観的経験を共有することによってよりよく達成される。







コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます