創造論とインテリジェントデザイン論

インテリジェントデザイン概説>自然選択をめぐって, STSとしてのインテリジェントデザイン

自然選択をめぐって


「小進化はあっても、大進化はない」という古典的な創造論の主張に従い、インテリジェントデザインの父たる法学者Phillip Johnsonは、「自然選択と突然変異による進化」を否定する。
一方、若い地球の創造論は、今では、自然選択による種形成は創造論だと言う。これは、ノアの箱舟に搭載した動物たちから、現在の多様な生物群を創りだすための都合による。
若い地球の創造論が「聖書の記述を科学的に説明する」というSF考証な方向に歩んでいるのに対して、インテリジェントデザイン運動は政治運動であり、STSである。このため、ノアの洪水の辻褄わせなどよりも、別なところに関心があるようだ。たとえば、「自然選択という考え方」そのものが社会に有害だと論じる。
そのような立場からすれば...

そもそもキリスト教と自然選択は対立している

創世記の記述が否定されることよりも、自然選択そのものを理由に進化論に反対する創造論者たちもいる。これは神の存在証明のひとつである「デザインからの論」を自然選択が否定することによる。


自然選択をデザインとみなさないための定義

「現実化・除外・仕様」というデザイン推論でデザインだと結論されるもの"リアルデザイン"だけではない。であるなら、デザイン推論で言えることは「わからない」だけであると、Wesley R. Elsberryは指摘する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます