創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

否定論・陰謀論を信じる理由

政治的利益を主張する際に宗教を掲げること


政治的利益を主張する際に宗教を掲げることは、宗教の誤用ではなく(LD Smith)、それもまた宗教の利用である。そして、生活のあらゆる面で宗教が絡まないことなどない(Lincoln 2012)。
Using religion to support one’s political interests is generally viewed as a negative thing that represents the hijacking or twisting of religion. Such a view is echoed in the words of preacher and activist Rev. William Barber, who said Donald Trump’s alliance with evangelical Christians was a “misuse of religion.”

From a scholarly perspective, though, all forms of religion affect society in some way – even if those outcomes are deemed undesirable or unethical by certain groups. Examining how religion operates in society can help us understand why the conversation over masks has recently turned religious.

In his landmark analysis of the social impact of religion, scholar Bruce Lincoln argued that there is no realm of life that cannot somehow be made religious. This is not because there are topics that are specific or unique to religion, but because of what happens to the authority of a claim when religious language is used. In other words, when people use religious speech, their authority is often perceived to be heightened.

自分の政治的利益をサポートするために宗教を使用することは、一般に、宗教の乗っ取りまたはねじれを表す否定的なものと見なされる。そのような見方は、ドナルド・トランプの福音派キリスト教徒との同盟は「宗教の誤用」であると述べた説教者で活動家William Barber師の言葉に反映されている。

しかし、学術的な観点からは、特定のグループによってそれらの結果が望ましくない、または非倫理的であると見なされたとしても、あらゆる形態の宗教が何らかの形で社会に影響を及ぼす。宗教が社会でどのように機能しているかを調べることは、マスクをめぐる会話が最近宗教的になった理由を理解するのに役立つ。

宗教の社会的影響に関する学者Bruce Lincolnの画期的な分析の中で、何らかの形で宗教化されることがないような生活の領域など存在しないと主張した。これは、宗教に固有あるいは宗教だけにあるトピックがあるためではなく、宗教的な言葉が使用されたときに主張の権威に何が起こるかによるものである。言い換えれば、人々が宗教的なスピーチを使用するとき、自らの権威はしばしば高められていると認識する。

[ Leslie Dorrough Smith: "Why masks are a religious issue" (2020/09/04-09) on The Conversation ]

宗教を理由に政治的利益を主張すことは、その主張の正しさも倫理性も不誠実さも根拠づけるものではない。
Taking this approach to religion doesn’t mean that all religious claims are factually true or ethical. It also doesn’t mean that the people who use religious language are insincere or even wrong. Rather, the function of religious speech is to amplify the authority of an idea through appeals to seemingly unquestionable authorities, like deities and “ultimate truths.” If a statement does this, Lincoln concludes, then it is religious.

このアプローチを宗教に取り入れることは、すべての宗教的主張が事実上真実または倫理的であることを意味するわけではない。また、宗教的な言葉を使う人々が不誠実である、あるいは間違っているという意味でもない。むしろ、宗教的スピーチの機能は、神々や「究極の真実」のような一見疑う余地のない権威への訴えを通して、アイデアの権威を増幅することである。声明がこれを行う場合、それは宗教的であるとBruce Lincolnは結論する。

[ Leslie Dorrough Smith: "Why masks are a religious issue" (2020/09/04-09) on The Conversation ]

ただし、宗教を掲げて政治的利益を主張しても、必ずしもその主張が認められるわけではない。それを分かつのはLD Smithによれば、そもそもの主張の人気である。
And public health issues have long been a concern of American religious groups. For example, when it comes to childhood vaccinations, arguing for exemption on philosophical or moral grounds will work in only 15 states. But arguing a religious objection will be accepted in at least 44 of 50 states. The difference is that, in the United States, religious claims are often granted a special type of authority.
...
This does not mean, however, that if religion is involved, then anything goes. As recently as 2014, a faith-healing couple was sentenced to jail time after the preventable deaths of two of their children. The couple claimed that seeking medical care was against their religion.

These examples provide some clarity on when religious rhetoric is successful and when it is not. Groups, beliefs or practices that are already popular or commonplace often appear to get a boost of authority when religious language is used to describe them. If the claim is unpopular or the group is not considered mainstream, then religious language may have little impact.

公衆衛生問題は長きにわたり、米国の宗教団体の関心事だった。たとえば、小児期の予防接種に関しては、哲学的または道徳的な理由で免除を主張することは、15の州でのみ認められる。しかし、宗教的異議を主張することは、50州のうち少なくとも44州で受け入れられるだろう。違いは、米国では、宗教的主張には特別な種類の権限が与えられることが多いということである。
...
しかし、これは、宗教が関係している場合、何かが起こるという意味ではない。つい最近、2014年に、信仰療法の夫婦が、2人の子供を抑止可能な要因で死なせて、懲役刑を言い渡された。夫婦は、医療を求めることは自らの信仰に反していると主張した。

これらの例は、宗教的なレトリックが成功する場合と失敗する場合があることを明確に示している。すでに人気のある、またはありふれた集団や信念や慣習は、宗教的な言葉を使用してそれらを説明すると、権威を後押しするように見えることがよくある。主張が人気がないか、集団が主流と見なされていない場合、宗教的な言葉はほとんど影響を与えないことがある。

[ Leslie Dorrough Smith: "Why masks are a religious issue" (2020/09/04-09) on The Conversation ]
2020-21年のCOVID-19パンデミックでは、反マスクは人気があったので、信仰の問題となったという。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます