創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

創造論ネタ

創造論者はCOVID-19について何を言うのか


最も有力な創造論ミニストリAnswers in Genesisは、COVID-19について奥の記事を書いている

2020年5月16日時点で、世界全体で、感染者4,516,360名、死者306,051という多大な犠牲を出し、それもロックダウンを行って経済にダメージを与えて、ようやく抑え込まれた数字である。この事態について、創造論者たちは「神の不在を意味するものではないこと」「悪の身を為すようなものを神は創造しないこと」を主張しようとするようである。

たとえば、感染症を含む病気そのものの位置づけとして...
How Disease and Death Entered Creation (創造に病気と死がどのように入ったのか)

In the roughly 6,000 years since that time, death and suffering have plagued our world, often literally. One of the ways this has happened is through the effects of viral illnesses and other infectious diseases. Things have indeed gone horribly wrong. As we live out our lives in this sin-cursed world, we know that every one of us is already living under the sentence of death from the moment our lives begin. While we continue living and loving, caring for each other, discovering the secrets of science, creating things that improve the world, and enjoying the many blessings, activities, and relationships open to us, we all know that our days are limited. One day we will die. Death is the ultimate enemy, and it will surely snatch us away from those we love (1 Corinthians 15:26). Death will leave behind a gaping hole in the lives of those who love each of us.

Death entered the world because of mankind’s sin. God, in his perfect justice, could not just change the rules once man rebelled. Yet God in his mercy did create hope beyond death (Romans 5:19). God, in his grace, did provide a way to restore the broken relationships between sinful man and holy God, a way to demonstrate his love for every person. Jesus Christ, the Son of God, became human to bear the curse of death on a bloody cross. He then defeated death by rising from the dead. As we will soon sing in our Easter celebrations—even if we do so in live-streamed church services or small home gatherings— “Up from the grave he arose!” Anyone who trusts in the sacrifice Jesus Christ made on the cross can have confidence that after death, they too will live eternally forever in heaven.

The sting of death is sin, and the power of sin is the law. But thanks be to God, who gives us the victory through our Lord Jesus Christ (1 Corinthians 15:56–57).

その時からおおよそ6000年の間、死と苦痛は文字通り我々の世界を苦しめてきた。苦しみのひとつの方法は、イルス性疾患やその他の感染症の影響によるものである。事態は確かにものすごく悪い方向に進んだ。この罪の呪われた世界で人生を生きるとき、我々一人一人が、人生が始まった瞬間からすでに死刑の宣告のもとで生きていることを知っている。我々は生き、愛し、互いを思いやり、科学の秘密を発見し、世界を改善するものを生み出し、我々に開かれた多くの祝福と活動、と関係を楽しみ続けている間も、我々の日々が限られていることを誰もが知っている。いずれ我々は死ぬだろう。最後の敵として、死が無力にされる。我々は愛する人々から確実に奪われる(コリントの信徒への手紙一15章26節)。死は、我々一人一人を愛する人々の生活に大きな穴を残す。

人類の罪のために死が世界に入った。神は完全な正義において、人が逆らった掟を変えることはできなかった。それでも、神は憐れみの中で、死を超えて希望を創造した(ローマ5:19)。神は恵みの中で、罪深い人と聖なる神との間の壊れた関係を回復する方法、すべての人への愛を示す方法を提供した。神の御子イエス・キリストは、血の十字架で死の呪いを負う人間となった。そして死から蘇ることで死を打ち破った。それがたとえ、ライブストリーミングの教会の礼拝だったり、小さな家の集まりだったりしても、我々はまもなく「墓から彼は今一度立ち上がった」というイースターの祝祭を歌う。イエス・キリストが十字架で行われた贖いを信じる人なら誰でも、死後も永遠に天国で生きることを確信できる。

死の棘は罪であり、罪の力は律法であり。しかし、我々の主イエス・キリストによって我々に勝利を与える神に、感謝しよう(コリントの信徒への手紙一15章56-57節)。

[ Dr. Elizabeth Mitchell: "COVID-19 and God" (2020/03/23) on AnswersInGenesis ]

一方で、偶然や無意味な被造物はありえないとの立場から、ウィルスに「意味」を見出そうとする。
What does the Bible say about viruses, and where do they come from in God’s creation? Although viruses are not mentioned in the Bible, the microbial world in which viruses are active is mentioned. For instance, microbes like yeast and bacteria are used in many fermented food products, and fermented drinks and bread are mentioned as well. Both yeast and bacteria have viruses, which may actually foster these fermentation processes. Recently, fermentation genes were discovered in a virus.5 And good viruses that help eliminate bad bacteria in fermentation products are also being explored6.

Leaven is mentioned in Bible illustrations demonstrating spiritual principles. And the growth of the kingdom of heaven is related to how leaven works, a positive example (Luke 13:20–21). This is probably a reference to yeast that we use in the making of bread. Again, in our world, we find many microbes being involved in beneficial activities, even viruses.

聖書はウィルスについて何と言っているのか、そしてウィルスは神の創造のどこから来たのか?聖書はウィルスについて書いていないが、ウィルスが活動している微生物の世界には言及している。例えば、酵母やバクテリアのような微生物は多くの発酵食品に使用されており、発酵飲料や発酵パンについて、言及している。酵母と細菌の両方にウイルスがあり、実際にこれらの発酵プロセスを促進する可能性がある。最近、ウィルスに発酵遺伝子が発見された。そして、発酵産物中の悪玉菌を排除するのに役立つ良いウィルスも探究されている。

パン種は、精神的な原則を示す聖書の描写で言及されている。そして、天国の成長は、好ましい例であるパン種の働きに関連している(ルカによる福音書13章20-21節)。これはおそらく、パンの製造に使用する酵母への参照である。繰り返しになるが、我々の世界では、ウィルスでさえ、多くの微生物が有益な活動に関与していることがわかる。

...
We can truly say then that most viruses are supporting life on earth. We serve an amazing Creator who has established a life-supporting microbial-based biomatrix that supports life on earth.9 So, it should not be surprising that our Creator uses the smallest but most abundant creature on earth, the lowly bacteriophage virus, to support life.

I believe even the coronavirus was created for beneficial purposes on earth, and creation scientists can help solve the puzzle of disease-causing viruses by looking for their original good purpose. That will help us know more about how this virus operates in nature. May we pray that the Lord helps all researchers to find a cure for COVID-19, and may we reach out to our neighbors with the hope of Christ!

そのため、ほとんどのウィルスは地球上の生命を支えていると言えるだろう。地球上の生命を支える微生物ベースの生物基質を確立した驚くべき創造主に我々は奉仕している。したがって、我々の創造主が、生命を支えるために、地球上で最も小さいが最も豊富な生物である低バクテリオファージウイルスを使用していることは、驚くべきことではない。

私は、コロナウィルスでさえ地球上で有益な目的のために創造されたと信じており、そして創造科学者は、本来の目的を探すことによって、病気を引き起こすウィルスの謎を解決する手助けができる。これにより、このウィルスが自然界でどのように機能するかを詳しく知ることができる。すべての研究者がCOVID-19の治療法を見つけるのを主が助けてくださることを祈り、キリストの希望をもって隣人に手を差し伸べることができるように!

[ Dr. Joe Francis: "COVID-19, Coronavirus, and Creation Virology" (2020/03/21) on AnswersInGenesis ]
SARS-CoV-2についても、何らかの意味があるはずだと語っている。もちろん、現時点で「意味」を見出すことは難しいようで、具体的なアイデアは提示されていない。






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます