創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

関連ネタ>地球中心説

太陽中心説に対するルターとカルヴァン


コペルニクス(1473-1543)とマゼラン(1480-1521)とマルチン・ルター(1483-1546)はほぼ同世代であり、ジャン・カルヴァン(1509-1564)は一世代くらい下で、ガリレオ(1564-1642)はその後に登場する。なので、ルターとカルヴァンはガリレオとローマカトリックの対立を知らないが、コペルニクスを知りうる世代である。


ルターはコペルニクスの存命中に、「卓上語録」で少しだけ、太陽中心説に言及している。
Es ward gedacht eines neuen Astrologen, der wollte beweisen, daß die Erde bewegt würde und umginge, nicht der Himmel oder das Firmament, Sonne und Mond, gleich als wenn einer auf einem Wagen oder in einem Schiff sitzt und bewegt wird, meynete, er säße still und ruhete, das Erdreich aber und die Bäume gingen und bewegten sich. Aber es gehet jetzt also: wer da will klug sein, der muß ihm etwas eigenes machen, das muß das allerbeste sein, wie er's machet! Der Narr will die ganze Kunst Astronomiä um- kehren. Aber wie die heilige Schrift anzeigt, so hieß Josua die Sonne stillstehen und nicht das Erdreich.

まるで、馬車や船で動いている人が、自分は静止していて、木々や大地が歩いたり動いたりしていると言うように、天空と太陽と月ではなく、地球が動いて周回することを証明しようとしている、新しい占星術師の話がある。しかし、それは今日の状況だ。人は自分が賢くありたいと思うと、何か特別なものを発明する必要があり、そして、それを行う方法は最高でなければならない。愚か者は天文学の全技術をひっくり返したいと思っている。 しかし、聖書が教えているように、ヨシュアは地球ではなく太陽が静止するように命じた。

[ Martin Luther: "Tischreden" IV 575 (1538–1540), via Dorothy Simpson, 1917 quoted by Fritz Braun: "Das dreistöckige Weltall der Bibel" (1955), p.45]


一方、Stimson (1917)によれば、カルヴァンもまた、太陽中心説について「愚かな迷信」だと評していた。
Calvin, the great teacher of the Protestant Revolt, apparently was little touched by this new intellectual current. He did write a semi-popular tract[185] against the so called "judicial" astrology, then widely accepted, which he, like Luther, condemns as a foolish superstition, though he values "la vraie science d'astrologie" from which men understand not merely the order and place of the stars and planets, but the causes of things.

プロテスタントの反乱の偉大な教師であるカルビンは、この新しい知的流れにほとんど触れなかったように見える。彼はいわゆる「司法」占星術に対して、セミポピュラーな冊子を書き、その後、広く受け入れられた。その中で彼は、ルターと同様に、愚かな迷信だと非難したが、 占星術の真の科学は、星や惑星の順序と場所だけでなく、物事の原因を理解するもの評価した。

[185] Calvin: Oeuvres François: Traité ou avertissement contre l'Astrologie qu'on appelle judiciaire, 110-112.

[ Dorotgy Stimson: "The Gradual Acceptance of the Copernican Theory of the Universe" (1917) ]
このカルヴァンの「Traité ou avertissement ...」という長いタイトルの冊子は28ページの長さがあり、太陽中心説を具体的に明示してはいないが、4ページ目に「愚かな迷信」という表現がある。
Je sais les beaux titres dont ils fardent une si sotte superstition. Nul ne peut nier que la science d'astrologie ne soit honorable. Ils se couvrent donc de ce manteau, ils se nomment mathématiciens, lequel mot vaut autant à dire que professeurs des arts libéraux. Tout cela n'est point nouveau ; car leurs prédécesseurs ont bien 'prétendu le semblable pour abuser le monde. Mais quand nous aurons vu à l'oeil qu'il n'y a nul fondement en toute leur sottise, ni d'astrologie, ni de science aucune, il n'y aura point occasion de nous ébahir de ces masques, sinon qu'ils en fissent peur aux petits enfants. Même toutes gens de moyen savoir n'auroient point fort affaire de mon avertissement pour être instruits de s'en garder. Ainsi , ce présent Traité sera plutôt pour les simples et non lettrés, qui pourroient aisément être séduits par faute de savoir distinguer entre la vraie astrologie et cette superstition de magiciens éti sorciers.

Voyons donc, en premier lieu, jusqu'où s'étend la vraie astrologie, qui est la counoissance de l'ordre naturel et disposition que Dieu a mise aux étoiles et planètés, pour juger de leur office , propriété et vertu , et réduiré le tout à sa fin et à son usage. Nous savons ce que dit Moise, que Dieu a ordonné lè soleil et la lune pour gouverner Tes jours et les nuits, les mois, les ans et les saisons, en quoi il Comprend tout ce qui attouche à l'agriculture et à la police.

私は彼らがとても愚かな迷信を彩る美しいタイトルを知っている。誰もが占星術の科学を尊敬に値することを否定できない。彼らはマントを羽織り、自らを数学者と称し、その言葉はリベラルアーツの教授と同様だと言いたげだ。これらはすべて目新しいことではない。彼らの先行者たちも世界を乱用するふりをしていた。占星術であれ科学であれ、その愚かさに根拠がないことを、我々がこの眼で見れば、それらの装いに驚くようなことはなく、せいぜい小さな子供を怖がらせる程度でしかない。平均的な知識のある人でさも、それらに対する警戒を求める私の警告など不要だろう。したがって、この論説は、真の占星術と、魔術師と魔法使いのこの迷信を区別する方法を知らないことで簡単に誘惑される可能性のある、単純で教育のない人向けである。

それでは、そもそも真の占星術がどこまで見えるかを見てみよう。これは、星々の役目、資産、美徳を判断し、そのすべてをその端まで帰着させ、使うために、神が星に与えた自然の秩序と性質の説明である。神が昼と夜、月と年と季節を支配するように太陽と月に命じたという、モーセの言葉を我々は知っている。そこで彼は農業と秩序に触れるすべてを理解する。

[ Jean Calvin: "Oeuvres François: Traité ou avertissement contre l'Astrologie qu'on appelle judiciaire" ]


なお、マゼランについて、ルターもカルヴァンも特に言及は見当たらない。




コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます