創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

関連ネタ>地球中心説

地球中心説と反ユダヤ主義


地球中心論者Robert Sungenisは、そもそもカトリック系反ユダヤ主義者として知られる人物である。地球中心説宣伝映画The Principleを制作するまで、創造論・地球平板説・地球中心説などの世界で知られていたわけではない。
CATHOLIC APOLOGETICS INTERNATIONAL, State Line, Pa.

Catholic Apologetics International (CAI) was founded in 1993 by Robert Sungenis, a man who would develop into one of the most rabid and open anti-Semites in the entire radical traditionalist movement. Sungenis, who was born into a Catholic family but became a Protestant before returning to the Catholic Church in 1992, was taken seriously in mainstream Catholic circles for many years, even producing two religious series for EWTN, a Catholic television station. That ended in 2002, when Sungenis published a 33,000-word, anti-Semitic attack on a joint statement by the National Council of Synagogues and the Bishops' Committee for Ecumenical and Interreligious Affairs that criticized the Catholic Church's history of attempting to convert Jews. The article repeated a series of ancient anti-Semitic canards, relied on anti-Semites like Father Denis Fahey as authorities, and even praised Fahey and Father Charles Coughlin (the viciously anti-Semitic "radio priest" of the 1930s) as "dedicated Catholic priests who lived impeccable lives and defended Holy Mother Church from every sort of Satanic deception." As a result, EWTN pulled Sungenis' TV series and removed all mention of him from its Web site; in a similar way, Envoy magazine also removed Sungenis from its website. Since then, Sungenis has gone even further into anti-Semitic conspiracy-mongering, frequently reminding people that the 1911 edition of the Catholic Encyclopedia "predicts the anti-Christ will come from Jewry." His CAI Web site has several articles attacking Jewish "power," including one by the Rev. Ted Pike, head of the National Prayer Network, that blames Jews for establishing a "New World Order" and refers to the alleged "Jewish origins of bolshevism, Jewish dominance of Hollywood and the media, [and] Jewish control of Congress." Sungenis is also a columnist for The Remnant, where, in a piece entitled "The New World Order and the Zionist Connection," he detailed a massive conspiracy aimed at Satan ruling the earth. "Among the major forces in the ascent of the New World Order," he explained, "are the Jews, Judaism and the land of Israel." Sungenis is also familiar with the world of non-Catholic anti-Semitism, as shown by his citations of Michael Collins Piper, a "journalist" who has worked for years for Willis Carto, a leading anti-Semite and Holocaust denier.

Catholic Apologetics International (CAI) は1983年に、Robert Sungenisによって設立された。Sungenisは伝統的カトリック運動の中でも、最も猛烈かつ公然たる反ユダヤ主義者の一人に成長するだろう。Sungenicはカトリックの家族に生まれたが、プロテスタントになり、1992年にカトリック教会に復帰し、主流カトリック界からは長年にわたり真剣に受け止められ、カトリックテレビ局EWTNで2つの宗教シリーズ番組を制作した。それらは、「ユダヤ人を改宗させようというカトリック教会の歴史」を批判する、National Council of SynagoguesとBishops' Committee for EcumenicalとInterreligious Affairsとの共同声明に対して、Sungenisが33,000語の反ユダヤ攻撃を出版した2002年で終了した。その記事は、一連の古代の反ユダヤ主義デマを繰り返し、Denis Fahey神父のような反ユダヤ主義者を権威として頼り、Faheyや(1930年代の悪質な反ユダヤ主義の「ラジオ司祭」である)チャールズ・コフリン神父(1930年代の悪質な反ユダヤ主義の「ラジオ司祭」)Charles Coughlin神父を「非の打ち所のない生活を送り、あらゆる種類の悪魔の欺きから聖母教会を擁護した献身的なカトリック司祭たち」と称賛していた。その結果、EWTNはSungenisのTVシリーズを削除し、Webサイトから彼に関するすべての言及を削除した。同様に、Envoy誌もSungenisをWebサイトから削除した。それ以来、Sungenisはさらに反ユダヤ主義の陰謀論にのめりこみ、1911年版のカトリック百科事典の「反キリストはユダヤ人から来ると予測する」という記述を人々にしばしば思い出させた。彼のCAI Webサイトには、ユダヤ人の「権力」を攻撃するいくつかの記事がある。その中には、National Prayer NetworkのTed Pike牧師による「ユダヤ人によるボルシェビズム起源や、ユダヤ人によるハリウッドメディア支配や、ユダヤ人による議会支配」に言及した、ユダヤ人による「新世界秩序」確立を非難する記事もある。SungenisはThe Remnantのコラムニストでもあり、"The New World Order and the Zionist Connection"という表題で、地球支配を狙うサタンの大規模陰謀について詳述している。「新世界秩序の上昇における主要な勢力には、ユダヤ人、ユダヤ教、そしてイスラエルの地がある」と彼は説明した。また、Sungenisは、主要な反ユダヤ主義者でホロコースト否定論者であるWillis Cartoのために長年働いてきた「ジャーナリスト」であるMichael Collins Piperについて言及するなど、カトリック以外の反ユダヤ主義の世界にも精通している。

[ Southern Poverty Law Center: "12 ANTI-SEMITIC RADICAL TRADITIONALIST CATHOLIC GROUPS", 2006 Winter Issue, January 16, 2007 ]

2007年には、Georgia州議会下院議員Ben Bridges(共和党)から、受け取った反進化論州法を作ろうというメモをTexas州議会下院議員Warren Chisum(共和党)が、Texas州議会下院の149名に送った。このメモの出所は、反ユダヤ主義と地球中心説を掲げるウェブサイトだった。

このWebサイトは既に存在しなくなっているが、Archiveを見る限り、地動説も進化論もすべてカバラ陰謀だという主張を掲げていた。

このような反ユダヤ主義とのつながりは、地球平板説でも見られる。"若い地球の創造論者"が、そのような地球平板論者を批判しているもある。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます