創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

否定論・陰謀論を信じる理由,

wikipedia: Motivated tactician


「動機付けられた戦術家」とは「情報を処理する際に、動機の種類と程度に応じて、手っ取り早く認知的に経済的な戦術と、より思慮深く徹底的な戦略の間を切り替える人」のことを指す。これについての研究文献は、2005年以前までであり、その後は目立った動きはない。


wikipedia 動機付けられた戦術家


社会心理学では、動機付けられた戦術家とは、情報を処理する際に、動機の種類と程度に応じて、手っ取り早く認知的に経済的な戦術と、より思慮深く徹底的な戦略の間を切り替える人のことを指す[1]。このような行動は、動機付けられた推論の一種である。この考え方は、人々が特定の状況では固定観念、偏見、分類を使用し、他の状況では分析的思考を使用する理由を説明するために使用されてきた[要出典]。
歴史

分類やその他の認知的ショートカットについて多くの研究を行った結果、心理学者たちは人間を認知的守銭奴であると表現し始めた。これは、精神的リソースを節約する必要があるため、人々は自分たちの世界についての考え方に影響を与える動機や衝動ではなく、刺激について考えるためのショートカットを使用するようになる、と説明している。 固定観念とヒューリスティックは、人間の思考の経済的性質の証拠として使用された。近年、Fiske & Neuberg (1990)、Higgins & Molden (2003)、Molden & Higgins (2005) などの研究により、動機付けられた思考の重要性が認識されるようになった。これは、認知と動機に焦点を当てるのではなく、認知プロセスにおける動機の重要性を研究する現代の研究によるものである[2]。現在の研究は、人々が特定の状況で認知的守銭奴になることを否定していないが、他の状況では徹底的な分析的思考が実際に発生することを考慮に入れている。

この観点を用いて、研究者らは人間を、個人の意図やモチベーションのレベルに応じて認知リソースをどれだけ使用するかを戦略的に決める「やる気のある戦術家」であると表現し始めている。世界の複雑な性質と時折素早い思考が必要になることを考慮すると、人が何事においても几帳面であることは有害であり、他の状況ではより集中力と注意力が必要となる。人間を動機のある戦術家として考えることが一般的になったのは、両方の状況を考慮に入れるためである。この概念はまた、世界に関する情報を処理する際に人々が多かれ少なかれ精神的リソースを使用する動機となるものを考慮しており、研究を続けている。研究によると、意図された結果、個人との関連性、文化、感情はすべて、人が情報を処理する方法に影響を与える可能性があることがわかっている[要出典]。
ゴール指向の動機的思考

動機付けられた思考の最も顕著な説明は、人が望む結果によって、状況や物事を処理する際に多かれ少なかれ認知リソースを使用するように動機付けられるというものである[2]。 研究者らは、好ましい結果を、方向性のある結果と方向性のない結果という 2 つの大きなカテゴリに分類した。 好ましい結果は、関与する処理レベルの動機を提供する。

方向性のある帰結によって動機付けられる人は、特定の目標を達成するという意図を持っている。これらの目標は、賢く、勇気があり、好かれているように見えることから、親しい人や好感を持てる何かや人についての前向きな考えや感情を肯定することまで多岐にわたる。方向性のない帰結によって動機付けられている人は、最も論理的で明確な決定を下したいと考えるかもしれない。人が方向性のある聞けるによって動機付けられるか、方向性のない帰結によって動機付けられるかは、状況とその人の目標によって異なる。確証バイアスは、方向性のある帰結によって動機付けられる思考処理の一例である。目標は、これまで抱いていた信念を肯定することなので、その目標を達成するために、それほど徹底的に考える必要はない。最高の教育を受けようと意欲を持ち、大学に関する情報を調べたり、学校を訪問したりする人は、方向性のない帰結によって動機付けられている。帰結に影響される動機の証拠は、利己的なバイアスに関する研究によって示されている。Miller(1976)によれば;
Independent of expectancies from prior success or failure, the more personally important a success is in any given situation, the stronger is the tendency to claim responsibility for this success but to deny responsibility for failure.

「以前の成功や失敗からの予測とは無関係に、どんな状況においても成功が個人的に重要であればあるほど、その成功に対する責任は主張するが、失敗に対する責任は否定する傾向が強くなる。
戦略に基づく動機

帰結に基づく動機付けは、動機付けされた思考への最も顕著なアプローチだが、人は情報処理の好みの戦略によって動機付けられる可能性があるという証拠がある[2]。ただし、このアイデアは代替理論ではなく、実際には帰結に基づくアプローチを補完する。このアプローチの支持者は、人は通常、得たい結果が得られる特定の情報処理方法を好むと考えている。これは、意図された帰結が主な動機であることに関係している。「情報処理の戦略」とは、人がバイアス、カテゴリー、または分析的思考を使用して意思決定を行うかどうかを意味する。その方法が状況に最適であるか、より徹底的であるかに関係なく、その人にとっては、意図した帰結が得られる可能性よりも重要ではない。人々は、自分が好む戦略がまさに「正しいと感じる」と感じている。ヒューリスティックや方法が「正しい」と感じられるのは、その戦略が望ましい目標を達成する (つまり、自己効力感についての肯定的な信念を肯定する) からである[2]。
その他の動機とアプローチ

西側諸国以外では、動機付けられた戦術的思考に関する研究は限定的である。専門家が言及した理論の 1 つは、その人の文化がその人の動機に大きな役割を果たす可能性があるというものである[3]。米国のような国家は個人主義的であると考えられているが、アジアの多くの国々は集団主義的であると考えられている。個人主義者は自己の重要性を強調し、個人の報酬と肯定によって動機付けられるが、集団主義者は世界がよりグループまたは文化に基づいていると見なす。両者の考え方の違いは、情報処理における動機に影響を与える可能性がある。たとえば、集団主義者は自己肯定によって動機づけられるのではなく、より集団を肯定する目標によって動機づけられるだろう[3]。

Another theory is that emotions can affect the way a person processes information. Forgas (2000) has stated that current mood can determine the information processing as well as thoroughness of thought. He also mentioned that achieving a desired emotion can influence the level to which information is processed.

もうひとつの理論は、感情が人の情報処理方法に影響を与える可能性があるというものである。Forgas (2000) は、現在の気分が情報処理と思考の徹底的さを決定する可能性があると述べている。彼はまた、望ましい感情を達成することは、情報が処理されるレベルに影響を与える可能性があるとも述べている。
Notes
  1. Fiske 2004
  2. Molden and Higgins 2005
  3. Baumeister 1998
References
  • Baumeister, R. F. (1998). "The self". In D. Gilbert; S. Fiske; G. Lindzey (eds.). The handbook of social psychology. Vol. 1 (4th ed.). New York: Guilford. pp. 680–740. ISBN 978-0195213768.
  • Fiske, S. T; Neuberg, S. L. (1990). "A continuum of impression formation, from category based to individuating processes: Influences of information and motivation on attention and interpretation". In M. P. Zanna (ed.). Advances in Experimental Social Psychology. Vol. 23. New York: Academic Press. pp. 1–74. ISBN 978-0120152230.
  • Fiske, S. T. (2004). Social Beings: A Core Motives Approach to Social Psychology. NYC: Wiley. p. 124. ISBN 978-0471654223.
  • Forgas, J. P., ed. (2000). Handbook of Affect and Social Cognition. Mahwah, NJ: Erlbaum. ISBN 978-1410606181.
  • Higgins, E. T.; Molden, D. C. (2003). "How strategies for making judgments and decisions affect cognition: Motivated cognition revisited". In G. V. Bodenhausen; A. J. Lambert (eds.). Foundations of social cognition: A festschrift in honor of Robert S. Wyer, Jr. Mahwah, NJ: Erlbaum. pp. 1–236. ISBN 978-0415654906.
  • Miller, D. T. (1976). "Ego involvement and attributions for success and failure". Journal of Personality and Social Psychology. 34 (5): 901–906. doi:10.1037/0022-3514.34.5.901.
  • Molden, D. C.; Higgins, E. T. (2005). "Motivated Thinking". In K. Holyoak; B. Morrison (eds.). The Cambridge Handbook of Thinking and Reasoning. New York: Guilford. pp. 295–320. ISBN 978-0521531016.





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サブメニュー

kumicit Transact


管理人/副管理人のみ編集できます