創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

否定論・陰謀論を信じる理由

保守とリベラルは同程度に陰謀論を信じているのか


保守とリベラルは同程度に陰謀論を信じるのか、それとも保守の方がより信じるのかを調べた研究がある。
Four large studies among U.S. adults found consistent evidence that conservatives are more likely than liberals to endorse conspiracy thinking. This effect was explained by a distrust in officials and paranoid tendencies. ... Study authors Sander van der Linden and colleagues aimed to explore this idea within the American political landscape.

“The fact that “conspiracy theories are not just for conservatives” (Moore et al., 2014) does not mean that conspiracies are endorsed at the same scale or level of intensity by liberals and conservatives nor that conspiracy theories on the left and right are equally harmful, fallacious, or driven by paranoid ideation,” van der Linden and team say.

米国の成人を対象とした4つの大規模な研究で、保守がリベラルよりも陰謀論を支持する可能性が高いという一貫した証拠を見出した。この影響は、当局者への不信と妄想的な傾向によって説明された。 ... 研究論文の著者であるSandervan der Lindenらは、アメリカの政治情勢の中でこの考えを探求することを目的としていた。

「『陰謀論は保守に限られたものではない』という事実(Moore et al。、2014)は、『陰謀論がリベラルと保守によって同規模あるいは同程度の強さで支持されている』とか、『左翼と右翼の陰謀論が同程度に有害で、誤まっていたり、パラノイド思考による』といったことを意味するものではない」とvan der Lindenと研究チームは述べた。

[ Beth Ellwood: "Conservatives’ propensity toward conspiracy thinking can be explained by a distrust in officials and paranoid thinking" (2020/11/05) ]

Linden et al (2020) は、気候変動陰謀論及び一般的な陰謀論の広がりについて全米で4つの大規模な調査を行った。
Four large, national surveys explored the prevalence of a general conspiracy mindset and specific belief in conspiracies about climate change among American adults. The surveys also included measures of distrust in officials and paranoid thinking.

All four studies found consistent and compelling evidence that conservatives were more likely than liberals to endorse a general conspiracy mentality and belief in a global warming conspiracy. This was true even in two studies that included a variety of assessments for political ideology, in addition to participants’ self-disclosed ideology. In other words, no matter how it was measured, conservatism was associated with increased belief in conspiracies.

Further, all four studies found that conservatives were more likely to show distrust in officials (e.g., scientists, government, traditional news and media) than liberals. Moreover, distrust in officials and paranoid ideation mediated the relationship between conservatism and conspiracy belief.

4つの研究すべてで、保守はリベラルよりも一般的な陰謀論及び、地球温暖化の陰謀論のいずれへの支持の可能性も高いことを示す一貫した説得力のある証拠が見いだされた。これは、被験者たちがの自己開示イデオロギーに加えて、政治的イデオロギーのさまざまな評価を含む2つの研究にも当てはまった。言い換えれば、それがどのように測定されたとしても、保守は陰謀論への信念の増加と関連していた。

さらに、4つの研究すべてで、保守はリベラルよりも当局者(科学者、政府、伝統的なニュース、メディアなど)に不信感を示す可能性が高いことがわかった。さらに、当局者への不信とパラノイド思考が保守と陰謀論信念の関連付けていた。

[ Beth Ellwood: "Conservatives’ propensity toward conspiracy thinking can be explained by a distrust in officials and paranoid thinking" (2020/11/05) ]
「科学者、政府、伝統的なニュース、メディアなどへの不信感」と陰謀論信条が関連しているという結果。そしてこれが今や保守と絡み合っている。

そして、保守とリベラルでの陰謀論信条の広まりには差があり、保守イデオロギーと相性が良くても、特にそうでなくとも保守の方が陰謀論を信じやすい傾向がみられる。
Van der Linden and colleagues found little evidence to suggest that conspiracy thinking was equally prevalent among liberals and conservatives.

“Extreme liberals were not as likely as extreme conservatives to adopt a conspiratorial mindset, although it is possible that extreme liberals would be more motivated than moderate liberals to embrace some conspiracy theories . . . Importantly, this pattern of ideological asymmetry applied to conspiratorial thinking in general as well as belief in an ideologically congenial conspiracy theory, namely, the conspiracy theory that global warming is a hoax,” the researchers share.

Van der Linden et al(2020)は、陰謀論がリベラルと保守で同程度に広まっていることを示唆する証拠をほとんど見いだせなかった。

「極端なリベラルは、極端な保守ほど陰謀的な考え方を採用する可能性はなかった。しかし、極端なリベラルは、穏健なリベラルよりも陰謀論を受け入れる意欲が高い可能性がある。... 重要なのは、このイデオロギーの非対称性のパターンは、一般的な陰謀的思考についても、イデオロギー的に保守と相性の良い陰謀論、つまり地球温暖化はデマであるという陰謀論の信念にも適用された」と研究者たちは述べt。

[ Beth Ellwood: "Conservatives’ propensity toward conspiracy thinking can be explained by a distrust in officials and paranoid thinking" (2020/11/05) ]

証拠を重視すること vs 真理は政治的なもの

「証拠によって裏付けられている主張」と「単にもっともらしく政治的に都合の良い主張」を区別できなくなる要因を調べるOhio State UniversityのコミュニケーションのR. Kelly Garret准教授による研究がある。
The study examined the link between conspiracy theories and three different three epistemic beliefs, which the researchers called “faith in intuition”, “need for evidence”, and “truth is political”. The first refers to people who trust their “gut feelings.” Need for evidence refers to the belief that you need to examine the available evidence. Truth is political refers to people who claim that knowledge is both subjective and politically determined.

The researchers found that individuals who trusted their intuition or believed truth was political were more likely to believe in conspiracy theories. People who agreed with statements such as “I can usually feel when a claim is true” or “facts are dictated by those in power” were more likely to believe that the Apollo moon landing was fake or that the U.S. government knowingly allowed the 9/11 terrorist attacks to occur.

Those who believed in the need to check for external evidence, on the other hand, were less likely to embrace conspiracy theories. They were also more likely to correctly answer questions about scientific and political facts, such as climate change and the lack of WMDs in Iraq before the U.S. invasion.

この研究では研究者が「直感への信仰」「証拠の必要性」「真実は政治的」と呼んだ3つの異なる3つの認識論的信念と「陰謀論」の関連を調べている。一つ目は、自分の「直感」を信頼する人々である。「証拠の必要性」とは、利用可能な証拠を調べる必要があるという信念を指す。「真実は政治的」とは、知識は主観的であり、政治的に決定されていると主張する人々を指す。

研究者たちは、「自分の直感を信頼」したり、「真実が政治的である」と信じたりする人々が、陰謀論を信じる可能性が高いことを見出した。「主張が真実であると私は通常感じることができる」あるいは「事実は権力者によって決定される」などのステートメントに同意する人々は、「アポロの月面着陸はフェイク」であであるとか、「米国政府が故意に9/11テロ攻撃を容認した」と信じる可能性が高かった。

一方、外部の証拠をチェックする必要があると信じる人々は、陰謀論を受け入れる可能性が低かった。彼らはまた、気候変動や米国の侵略前のイラクにおける大量破壊兵器の欠如など、科学的および政治的事実に関する質問に正しく答える可能性が高かった。

[ Eric W. Dolan: "Beliefs about the nature of knowledge are linked to inclinations for conspiracy theories, study finds" (2017/10/03) ]
これは、ポストモダンな「真理とは所詮は政治的なものだ」という思考が保守サイドにもあって、陰謀論支持を高めていることを示唆している。

そして、科学知識を多く持っても、このような陰謀論支持を抑制することにはならず、証拠を重視するか否かにかかっている。
“There’s a note of optimism in our findings that I hope people will remember,” Garrett told PsyPost. “Our research suggests that everyone benefits from attending to the evidence. So often, researchers studying misperceptions find that factors we’d hoped would promote accuracy end up promoting bias.”

“For instance, being more knowledgeable about science is associated with having more biased beliefs about climate change,” he noted. “Here, though, we find uniform benefits: liberals and conservatives alike were more accurate when they put more stock in the evidence.”

「私が人々に覚えておいてほしいと思う、我々の知見に楽観的な見方がある。我々の研究は、誰もが証拠に注意を払うことで恩恵を受けること示唆している。多くの場合、誤解を研究している研究者は、正確さを促進することを望んでいた要因がバイアスを促進することを見出している。たとえば、科学についてより知識があることは、気候変動についてより偏った信念を持つことに関連している。しかし、リベラルと保守ともに、より多くの証拠を取り込んだ方がより正しくなるという不変の利点がある。」とGarrettはPyPostに語った。

[ Eric W. Dolan: "Beliefs about the nature of knowledge are linked to inclinations for conspiracy theories, study finds" (2017/10/03) ]






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます