創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

STSとしてのインテリジェントデザイン>STSのアンチサイエンス

1990年代のSTSの気候変動否定論(3) Cronon


1990年代の社会学者たちによる気候変動否定論への関与を調べたSven Ove Hansson (2020) は、Nicholas Foxに続いて、社会学者William Crononを取り上げた。

In 1994 William Cronon, a respected environmental historian, criticized his colleague David Demeritt for speaking about global warming without hesitation, “despite the vociferous debates within climatology and atmospheric science about whether global warming is actually taking place”. Demeritt had written about what Cronon called “the so-called greenhouse effect”, and had done this “as if that constructed knowledge had some objectively persuasive authority”. Cronon found this standpoint mystifying unless Demeritt was “in fact a closet realist after all” (Cronon 1994, p.41).*4 This criticism was based on Cronon’s epistemic relativism, expressed as a conviction that “no science will ever escape its ultimately metaphorical relationship with the world it attempts to represent” (ibid, p.39). In an article written the next year, he seems to have changed his mind and described global warming as “probably real”. However, he still rejected the tools used by climate scientists. He used a report by the contrarian Patrick J. Michaels from the right-wing think-tank Cato Institute to substantiate his rejection of climate modelling, claiming that “[t]he model’s ability to predict the future is no more assured than its proven inability to predict the past” (Cronon 1995, p.47).

1994年に、尊敬される環境史家William Crononは、「地球温暖化が実際に起こっているかどうか、気候学や大気科学の分野内で活発な議論が行われている段階にもかかわらず」同じ分野のDevid Demerittが躊躇なく地球温暖化について述べていることを批判した。Demerittは、Crononの言う「いわゆる温室効果」について「構築された知識が客観的に説得力のある権威を持っているかのように」書いた。Cronon(1994, p.41)は、この立場はDemerittが「うわべだけのリアリスト」でない限り不可解だと考えた。この批判は、「科学が表現しようとする世界との最終的な比喩的な関係から逃れることは決してない」(ibid, p.39)という信念として表現される、Crononの認識論的相対主義に基づいている。翌年の論文で、彼は考えを変え、地球温暖化を「おそらく本物」と表現したようだ。しかし、彼はそれでも気候科学者が使用するツールを拒否した。彼は、右翼シンクタンクのCato Instituteの反主流論者であるPatrick J. Michaelsの報告書を使用して、「モデルの未来の予測力は、実証された過去の予測のできなさ以上のものではない」と主張して、気候モデリング否定を具体化した。

Cronon, W. (1994). Comment: Cutting loose or running aground. Journal of Historical Geography, 20(1), 38–43.
Cronon, W. (1995). Introduction: In search of nature. In W. Cronon (Ed.), Uncommon ground. Toward reinventing ature (pp. 23–68). New York: W.W. Norton.


[ Sven Ove Hansson: "Social constructionism and climate science denial", European Journal for Philosophy of Science volume 10, Article number: 37 (2020) ]
Buttelが右翼シンクタンクMarshall Instituteの1989年の気候変動レポートを参照したように、Crononは右翼シンクタンクCato Instituteの報告書を参照した。Crononにとって、主流気候科学文献よりも、納得できるものだったのだろう。


次はDouglasとWildavsky




コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます