創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

宗教とインテリジェントデザイン>カトリック

2006年8月のChristoph Schonborn枢機卿の発言


インテリジェントデザインよりだとされるChristoph Schonborn枢機卿は2006年8月23日に、ダーウィンの進化の理論は、残された科学的疑問点とともに学校で教えられるに足るものだと発言した。
RIMINI, Italy (CNS) -- Austrian Cardinal Christoph Schonborn of Vienna said he thought Darwin's theories on evolution deserve to be studied in schools, along with the scientific question marks that remain.

オーストラリアのChristoph Schonborn枢機卿は、ダーウィンの進化の理論は、残された科学的疑問点とともに学校で教えられるに足るものだと発言した。

It is right to teach "the science of Darwin, not ideological Darwinism," Cardinal Schonborn said Aug. 23. He spoke at a meeting in Rimini sponsored by the Catholic lay movement Communion and Liberation, and his remarks were reported by Italian newspapers.

Schonborn枢機卿は8月23日に、「"観念論的なダーウィニズムではなく、ダーウィンの科学"が教えられることは正しい」と発言した。彼は、カトリックの一般人の運動"Communion and Liberation"の後援するRiminiでの会議で講演し、彼の意見はイタリアの新聞に報じられた。

In 2005, Cardinal Schonborn helped fuel the debate over evolution and intelligent design when he wrote in The New York Times that science offers "overwhelming evidence for design in biology." He later said some scientists had turned Darwin's teachings into an ideological "dogma" that admitted no possibility of a divine design in the created world.

2005年にSchonborn枢機卿はNew York Timesに"科学は生物学におけるデザインの圧倒的証拠を提示する"と書いて、進化論対インテリジェントデザインの論争に燃料を投下した。彼は後になって、ある科学者たちはダーウィンが教えたことを、創造された世界に神のデザインの可能性を認めない観念的な"教義"に変えてしまったと発言した。

In Rimini, the cardinal said he did not regret writing The New York Times article, but said that in retrospect he might have been more nuanced. "Perhaps it was too much crafted with a hatchet," he said.

Riminiにおいて「New York Timesに記事を書いたことは後悔していない。しかし、微妙な違いがあったかもしれない。おそらく、あまりに作られすぎたのだ」Schonborn枢機卿はと言った。

Cardinal Schonborn said there should be no doubt that the church does not support creationism, the idea that the biblical account of the creation of the world in six days should be taken literally. "The church teaches that the first page of the Book of Genesis is not a page of science," he said.

Schonborn枢機卿は「世界が6日間で創造されたという聖書の記述を文字通り解釈すべきだという創造論を、教会が支持しないことに疑いはない。創世記の最初のページは科学のページではないと、教会は教えている。」と言った。

But when teaching evolutionary theory, he said, schools should underline the points still awaiting clarification, the "missing links" in the theory which were recognized by Darwin himself, he said.

「しかし、進化論を教えるときに、ダーウィン自身が認識していた、未だ明らかにされていない理論のミッシングリンクについて下線を引かなければならない」と彼は言った。

Cardinal Schonborn said Darwinian theory and the faith can coexist, and he proposed a metaphorical image: Darwin's scientific ladder of rising evolutionary development on one hand, and on the other the biblical Jacob's ladder, from which angels descended from heaven to earth.

Schonborn枢機卿は「ダーウィンの理論と信仰は共存できる」と言った。そして彼は、進化的発展によって登るダーウィンの科学的階梯と、天使が天空から地上へと降りる聖書のヤコブの階梯という比喩的イメージを提案した。

The cardinal said the images offer "two directions, two movements, which only when observed together allow for anything close to a complete perspective." At the center of these two movements is the figure of Jesus Christ, he said.

枢機卿は「このイメージが、両者がともに観察されたときに、完全な展望に迫ることができる2つの方向、2つの動きを提唱する。この2つの動きの中心が、イエスキリストである」と言った。

Cardinal Schonborn said it was important to realize that Darwin's theories continue to have an impact in economic as well as biological fields. For example, he cited a link between ideological Darwinism and some capitalist theories that consider high unemployment simply a byproduct of a necessary economic natural selection.

Schonborn枢機卿は「ダーウィン理論が生物学とともに、経済学にも影響を与え続けていることを認識することが重要だ」と言った。例として、彼は観念論的ダーウィニズムと、高い失業率は経済的自然淘汰の必然的副産物であると考える、ある種の資本主義理論との関連を挙げた。

In bioethics, he said, the church's differences with ideological Darwinism become important.

「生命倫理では、教会と観念論的ダーウィニズムの違いは重要になる」と彼は言った。

"Despite sometimes heavy criticism, the church continues to firmly believe that there is in nature a language of the Creator, and therefore a binding ethical order in creation, which remains a fundamental reference point in bioethical matters," he said.

「時々重い批判にもかかわらず、教会は創造主、したがって、結合倫理命令の言語が事実上宇宙にあるとしっかりと思ってい続けます。そして、それは生命倫理問題の基本的な参照点のままです」と、彼が言いました。

The cardinal was one of several scholars invited to join Pope Benedict XVI at his summer villa in early September for a private two-day symposium on "Creation and Evolution." The encounter is an annual one in which the pope meets with his former doctoral students from his teaching years in Germany.

枢機卿は、「創造とEvolutionの上で個人的な2日のシンポジウムのために9月の初めに彼の夏の別荘でベネディクトXVI法王に加わろうと誘われる数人の学者のうちの1人でした。」、遭遇はローマ法王が彼がドイツで年を教えることから彼の元博士号を有する学生に会う一年のものです。

[ Austrian cardinal says Darwinism should be studied as sciencey (2006/08/24) on Catholic News Service ]





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます