創造論とインテリジェントデザイン論

反進化論州法動向>2001年以降の反進化論州法案集

2019年 サウスダコタ州反科学州法案HB1270
州法案South Dakota House Bill 1270, 2019 Regular Session
提案者Tony Randolph共和党州下院議員(District-35)
Drew Dennert共和党州下院議員(District-3)
Julie Frye-Mueller共和党州下院議員(District-30)
Taffy Howard共和党州下院議員(District-33)
Chris P. Johnson共和党州下院議員(District-32)
Steve Livermont共和党州下院議員(District-27)
Sam Marty共和党州下院議員(District-28B)
Sue Peterson共和党州下院議員(District-13)
Nancy Rasmussen共和党州下院議員(District-17)
Phil Jensen共和党州上院議員(District-33)
Lynne DiSanto共和党州上院議員(District-35)
提案2019/01/30
状況2019/01/30 州下院教育委員会へ送付
2019/02/20 州下院養育委員会を8:6で通過
2019/02/25 下院本会議で21:46:3で否決

いわゆる「科学理論の強いところと弱いところ」を生徒が「理解し、分析し、批評し、見直すこと」を「教師が禁じてはならない」という形式で、反進化論や気候変動否定論を何らかの形で提示することを可能にできそうな州法案である。

同様の州法案2015年のSB114と2017年のSB83と2017年のSB55はいずれも会期切れ、もしくは州上院を通過後に、州下院で廃案になっている。

州法案文

South Dakota House Bill 1270


FOR AN ACT ENTITLED, An Act to protect the teaching of certain scientific information.
BE IT ENACTED BY THE LEGISLATURE OF THE STATE OF SOUTH DAKOTA:
Section 1. That chapter 13-1 be amended by adding a NEW SECTION to read:
No teacher may be prohibited from helping students understand, analyze, critique, or review in an objective scientific manner the strengths and weaknesses of scientific information presented in courses being taught which are aligned with the content standards established pursuant to § 13-3-48.

13-3-48節に従って設定されている単元基準に沿った授業で、客観的な科学的な方法で、提示されている科学情報の長所と短所を理解し、分析し、批評し、見直すことを教師が禁じてはならない。




---

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます