創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

関連ネタ>末日聖徒イエス・キリスト教会と進化

Battlestar Galactica and Kolob


Battlestar Galactica (1978-80, TOS)とBattlestar Galactica (2003-13, RDM)には、惑星コボル(Kobol)が登場する。TOSでは「人類の祖先の故郷で、何らかの破局的事態により、人類はコボルを離れて、12コロニーを形成」、RDMではさらに「人類が自然に進化した既知の2つの惑星の1つ」でもある。

このコボルは、末日聖徒イエス・キリスト教会の「コロブ」を元ネタとしている。
Unbeknownst to most viewers, "Battlestar Galactica" has been steeped in religion since its very inception. First pitched by uber-producer Glen A. Larson as a series of Bible stories set in space called "Adam's Ark," the reworked "Battlestar Galactica" was also influenced by another religious book: the Book of Mormon. A member of the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, Larson borrowed plot points from his faith's sacred texts.
^~ "'Battlestar Galactica' and the Book of Mormon both start from the premise that civilization is either about to be destroyed or has just been destroyed and that there's this remnant, this ragtag fleet that is preserved," explains Jana Reiss, author of "What Would Buffy Do?" "The story of the Book of Mormon is set in the time frame of the destruction of Jerusalem. The prophet Lehi has a vision of the destruction of Jerusalem and was able to get his family out in time."

There are many other similarities between the show and the Latter-day Saint scripture. While not purely a Mormon concept, the idea of the "Lost Tribes of Israel"--that ten tribes of Israel were "lost" to history after they were exiled--plays an important role in both the religion and in the show. "The idea of there being these other civilizations that have the gospel is a main tenet in Mormonism," notes Reiss. "There is this idea, in the show, that Earth will be this colony that they don't have a record of but they believe it exists."

Additionally, on the original series, the ruling colonial governmental body was known as "The Quorum of Twelve," the name given to the top leadership council of the Church of Latter-day Saints. Perhaps the most obvious parallel between Mormonism and the show is the Kolob/Kobol connection. Continues Reiss, "Kobol on 'Battlestar Galactica' is where the gods live and in Mormonism Kolob is supposed to be the greatest star in the universe and is the dwelling place of God."

ほとんどの視聴者には知られていないが、「宇宙空母ギャラクティカ」は誕生以来、宗教に浸ってきた。まず、「アダムの箱舟」と呼ばれる宇宙を舞台にした一連の聖書物語として、大物プロデューサーGlen A. Larsonによって売り込まれた。修正された「宇宙空母ギャラクティカ」は、別の宗教書であるモルモン初の影響を受けた。末日聖徒イエス・キリスト教会の信者であるGlen A. Larsonは、信仰の聖典から着想を得た。

「 『宇宙空母ギャラクティカ』とモルモン書はいずれも、文明が破壊されようとしている、または破壊されたばかりであり、その残滓は寄せ集めの艦隊が保存されているという前提から始まりる。モルモン書の物語はエルサレムの破壊のタイムフレームに設定されている。預言者Lehiはエルサレムの破壊のビジョンを持っており、彼の家族を時間内に連れ出せた。」と、「What Would Buffy Do?」の著者であるJana Riessは説明する。

番組と末日聖徒の聖典の間には他にも多くの類似点がある。純粋にモルモンの概念ではないが、「イスラエルの失われた部族」(イスラエルの10部族は追放された後、歴史から「失われた」)という考えは、宗教と番組の両方で重要な役割を果たす。「福音を持っているこれらの他の文明があるという考えは、モルモン教の主要な信条である。番組では、地球は彼らの記録にないが、存在を信じている地球がこのコロニーになるというこの考えがある。」とRiessは言う。

さらに、オリジナルシリーズでは、支配的な植民地政府機関は「十二使徒定員会」として知られており、末日聖徒教会の最高指導者評議会に付けられた名前である。おそらく、モルモン教と番組の最も明白な類似点は、コロブ/コボルのつながりである。「 『宇宙空母ギャラクティカ』のコボルは神々が住む場所であり、モルモン教ではコロブは宇宙で最も偉大な星であり、神の住む場所であると考えられている。」

[ "Born-Again 'Battlestar'" ]
ストリープロット自体も、モルモン教およびキリスト教から着想を得ているという。ただ、モルモンの教えを押し出した作品ではないので、それはそれといったところ。






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます