創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド > 創造論者の主張

Claim CB035.2:
Reducing gases likely were not present in the early, prebiotic earth's atmosphere.
地球初期の生命の存在しない大気圏には還元性気体は存在していなかった。
Response:
  1. この主張は誤りである。現在の証拠は初期地球の大気圏が少し還元性だったことを示している[Kasting 1993]。水素の大気圏外への流出がこれまで考えられていたよりも少ない[Tian et al. 2005]ために、水素が多かったと考えられる。コンドライトから推定される水素の大気圏外への流出の推定も、還元性の大気だったことを示している[Thomas 2005]。
  2. 地球の大気圏全体が中世だったとしても、活火山近傍など局所的には大気は還元性だったと思われる[Delano 2001; Kasting 1993]。
References:
  1. Delano, J. W. 2001. Redox history of the Earth's interior since ~3900 Ma: Implications for prebiotic molecules. Origins of Life and Evolution of the Biosphere 31: 311-341.
  2. Kasting, J. F. 1993. Earth's early atmosphere. Science 259: 920-926.
  3. Thomas, Dave. 2005. New trouble for Wells's "Icon of Anti-Evolution #1".
  4. Tian, F., O. B. Toon, A. A. Pavlov and H. De Sterck. 2005. A hydrogen-rich early Earth atmosphere. Science 308: 1014-1017. See also: Chyba, C. F. 2005. Rethinking Earth's early atmosphere. Science 308: 962-963.
Further Reading:
Ellington, Andrew D. and Matthew Levy. 2003. Gas, discharge, and the Discovery Institute. Reports of the National Center for Science Education 23(3-4): 39-40.


オリジナルページ

これはIndex to Creationist Claims, edited by Mark Isaakの和訳です。



コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます